日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

236.朝を呼ぶ口笛

1959年3月 松竹 製作 公開   監督 生駒千里

高校進学資金の為 新聞配達のバイトをしている吉井稔(加藤弘)は母親の手術費用の為 進学を諦めようとするが、職場仲間の協力と励ましで 再び夢に向かって進み始める 青春映画です

中盤 吉井の職場仲間で大学の夜間部に通う 須藤隆司(田村高廣)は、交際している京成バス車掌の前川静子(瞳麗子)・その兄 前川一郎(山内明)と上野で待ち合わせます。
先に来ている前川兄妹が見ている先には、中央通りを上野公園電停から上野駅南口電停へ向かう1系統(品川~上野駅南口)24系統(須田町~福神橋)30系統(須田町~寺島町二丁目)何れかの6000形車両らしきが見えます。
236-1.png

続いて 浅草方面をバックに3人が話す場面では、上野駅高架ホームに到着した列車の機回しでしょうかEF58形電機が浅草の仁丹広告塔と共に映っています。
236-2.png
須藤は二人に就職試験を受けた本命会社から不採用の通知が来た事を告げ、「静子さんを幸せにする自信が無くなったので秋田の鉱山会社に一人で行く」と話すや注文品を待たずに食堂から飛び出して行くのでした。

次に踏切の警報器が映り 3両編成の京成電車がゆっくりと通過して行きますが、
236-3-1.png
まだ踏切上に車体が有る内に 遮断棒は上がっていきます。
236-3-2.png
そして元気のない須藤が渡って未舗装の道路を歩いて行きます。
236-3-4.png
電車が進んだ右方向には小さな駅舎の京成押上線 荒川駅が隣接しています。この駅は高架化工事中の1994年に現在の八広駅へと改名されています。
236-3-5.png

左方向には荒川を渡る低い橋梁があり、1991年にはタンカーが橋桁に衝突して運休となった事故がありました。翌年から橋の架け替え・高架化工事が始まり、1999年9月に現在地に移転しています。
荒川駅は 1963年4月に公開された「下町の太陽・監督 山田洋次」で登場して有名ですが、1978年12月 同じ松竹から公開された「俺は上野のプレスリー・監督 大嶺俊順」でも主役の友人の勤め先として登場しています。

その後 土手下にある新聞販売店に帰った須藤は、進学を諦め 就職の為 店を辞めようとしている吉井を見るや土手上に連れ出して 進学するように説得します。
二人の背後では 京成本線の3連電車が、京成綾瀬川橋梁を渡って京成関屋へと向かっています。
236-4.png
続いて大きな荒川を渡る京成荒川橋梁は、1931年3月完成以来 86年間京成電車を支えています。
236-5.png

周辺の土地は地盤沈下が激しく 堤防の嵩上げ工事をするも、両側の線路接点部分が水害の弱点となっています。そして橋の老朽化もあって、現在 架け替え工事が準備段階まで進んで進行中です。
吉井・須藤が働く新聞店は荒川駅近くにあるのですが 二人が座っているこの場所は、葛飾区小谷野町 現在の堀切4丁目1番地付近の荒川・綾瀬川間にある土手の上で 1.8㎞程離れています。しかし風景重視のロケ地故に、詮索は控えさせて頂きます。
この映画で 吉井のことを何かにつけて励まし・応援する女学生 刈谷美和子役を映画初出演の吉永小百合が演じています。日活映画専属契約で大活躍した彼女も、初出演は松竹映画なのでした。








PageTop

235.俺は銀座の騎兵隊

1960年6月 日活 製作 公開   監督 野口博志

銀座のチンピラグループが住むバス住宅が置いてある場所を船着き場として船上売春を目論む暴力団が、チンピラグループを追い出そうとするのを阻む千鳥三郎(和田浩治)の活躍を描く青春アクション映画です。

冒頭 都電の車内で主婦から財布を掏った川田良則(杉山俊夫)は刑事の倉田堂造(高原駿雄)に見つかり、都電12系統(新宿駅~両国駅)九段上電停で停車した折に仲間と逃走します。
235-1.jpg
靖国通りで停車したのは都電 8000形の 8124 で、背後の壁は靖国神社です。1957年製造なので 当時はまだ新しい車両ですが、低コスト簡易製造車両なので不評だった様です。
235-2.jpg

靖国神社境内へ逃げ込んだ川田とリチャード(神田瓢介)は倉田刑事が追って来たので、居合わせた千鳥に盗んだ財布を預けて 銀座のリピートというバーに持って来るよう頼みます。
銀座へ向かう場面で、銀座松坂屋の屋上から撮影したと思われる銀座四丁目交差点が映ります。次に晴海通り 銀座四丁目交差点から数寄屋橋方向を、新旧塗装の都電8・9・11系統の電車と共に映したカットがあります。
雪印の広告が乗る三愛・ナショナルのヒトデ型広告・不二越ビル屋上の地球儀形森永チョコレート広告等々、当時の東京の中心を象徴するビルとネオンサイン付きの巨大な広告塔が並んでいます。
235-3.jpg

ところが店で会えなかったので、ボーイながらクラブ歌手を目指している様子の守山正一(守屋浩)に「デパートの屋上で待ってる」と伝言を依頼しました。
続いて銀座松坂屋前の中央通りを走る、都電40系統(銀座七丁目~神明町車庫)の 1100形らしき車両が映ります。
235-5.jpg
銀座松坂屋は 1924年開業の老舗で、2013年6月末に閉店して建て替え 2017年4月 GINZA SIX として開店しています。

中盤 暴力団が香港マフィアから預かった麻薬取引の暗号が写ったフィルムを運ぶ水原ユミ子(清水まゆみ)が、地下鉄 丸ノ内線車内で川田に掏り取られる場面があります。
足を洗って靴磨きに専念していた川田が 酔った勢いでフィルムの入った封筒を掏り、倉田刑事に見つかり 逃げる途中で千鳥のポケットに差し込んで難を逃れ様としたのです。

発車寸前に掏られたことに気付いたユミ子は、千鳥のポケットに封筒が入っているのを見て 閉まったドアガラスを叩いて千鳥に知らせます。しかし封筒に気付いた千鳥も、去り行く電車内のユミ子と見つめ合うしかありません。
235-6.jpg
当時 帝都高速度交通営団 丸ノ内線は前年の 1959年3月に全線開業(当時は池袋~新宿が丸ノ内線)したばかりで、映っているのは 300形か 400形車両と思われます。

その後 フィルムをネタに定住できる家と交換しようと目論む千鳥は、銀座で靴磨きをしながら暴力団で使い走りをするユミ子と接触しようとします。
この場面転換の時 銀座七丁目交差点らしきを渡って中央通りを新橋方面へ向かう、都電22系統(南千住~新橋)の 8000形 8101電車が映ります。
235-7.jpg

事件が解決した後 死んだ父親が騎兵隊にいたことを誇りに思う千鳥に、倉田刑事はプレゼントとして一日馬を貸してくれました。その馬に仲良くなったユミ子を乗せて、警察公認だとばかりに仲間と晴海通りの真ん中を歩くのがラストシーンです。
都電9系統(渋谷駅前~浜町中ノ橋)数寄屋橋電停から始まり、
235-8.jpg
警察官が交通整理をする数寄屋橋交差点を渡って
235-9.jpg
不二家数寄屋橋店のあるビルを左手に服部時計台方面へと悠然と進んで行くのでした。
235-10.jpg




PageTop

234. 黒線地帯

1960年1月 新東宝 製作 公開   監督 石井輝男

週刊誌にネタを売り込むフリーの雑誌記者 町田広二(天知茂)が追っていた麻薬・売春組織のワナにハマるが、ヌードダンサー 摩耶(三原葉子)の協力で組織を暴く 新東宝ラインシリーズ第二弾のサスペンス・アクション映画です

横浜の人形店から人形に仕込んだ麻薬を運ぶ摩耶を尾行する町田は、新宿の洗濯屋に辿り着きます。洗濯屋の泰造(守山竜次)にブツを渡した摩耶を、町田は強引に自分のワーゲンに乗せるのです。
摩耶が騒いだので ワーゲンを発進させますが 急勾配の大谷石壁に仮設ホームを取り付けた様なこの場所は、西武新宿線 西武新宿駅 1番線ホーム下の様です。( 当時は新宿駅ビル乗り入れまでの仮駅状態でした )
234-1.jpg

一連の動きを町田のライバル 東洋タイムスの鳥井五郎(細川俊夫)も見張っていたので、会社の車でワーゲンを尾行します。どうやら車は横浜税関方面へと向かう様です。
そして鳥井が車を先へと回り込ませて停車させた場所は、新港埠頭の6番岸壁付近の様です。横浜臨港線の横浜港駅の荷扱線らしき場所で、現存する赤レンガ倉庫の一部も映っています。
234-2.jpg

麻薬・売春組織のワナにハマって殺人容疑者として追われている町田は、鳥井に証拠の点で限りなく黒だと言われます。鳥井には 48時間の猶予を与えるが、過ぎれば警察へ通告すると宣言されるのでした。
組織に密告されて一緒に逃走する途中で、ケガを手当てしてもらった摩耶は恩を感じて町田に組織の話しをします。山下町のクラブの裏口に踏み込んだ町田は、組織のボス 橘祐吉(大友純)を締め上げ 吐かせます。

ところが拳銃を持った殺し屋のジョー(宗方祐二)が現れ、逆転ピンチです。しかしジョーが撃ったのは橘で、組織を乗っ取るつもりの様です。その時女子高生の美沙子(三ツ矢歌子)が電灯を壊して大混乱になります。
逃げるジョーを追い掛ける町田ですが、ジョーは通りかかった横浜臨港線の蒸機が牽く貨物列車の無蓋車に飛び乗ります。その車上から拳銃を町田に向けて撃ちますが当たらず、逆に町田が投げた石が当たります!?

すかさず列車に飛び乗る町田 無蓋車上で格闘戦が始まります。
234-12.jpg
前に後ろに移動しながらの殴り合いですが、車内後部にはクッション替りでしょうか ムシロが立ててあります。
234-11.jpg
何故か汽笛が繰り返し鳴るカットが入りますが、特徴ある斜め汽笛で 大型蒸機のC62形やD52形を思い起こします。でも牽いているのは、横浜区のC56 160 機関車の様です。
234-10.jpg

臨港線独特の併用軌道を走り、
234-13.jpg
クライマックスの新港橋梁上から組み合ったまま二人は水中へ転落してしまいます。
234-6.jpg
スタントマンが一人で人形を背負って飛び込んだのかも知れませんが、見事なアクションシーンです。





PS.

   走る蒸機牽引列車の上での格闘と言うと、カテゴリー大夕張鉄道の( 13.新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬 ) を思い出します。場所柄 と機関車運用の都合で、夕刻の撮影となったのでしょうが迫力ありますね。

 本作で登場していると思われる C56 160 蒸機は、1965年に松本へ転属となり飯山線を走った後 上諏訪区へ転属後に幸運にも梅小路での動態保存機に選ばれて現在も元気にしています。

 横浜臨港線の蒸機を担当した横浜機関区は 1967年2月18日のお別れ会をもって、蒸機の使用を終了してDD13形内燃機等に替っています。
その後も貨物衰退が続き( 139.俺は待ってるぜ ) で前述した様に国鉄の横浜機関区は、1986年11月1日付で高島信号所以南の横浜臨港線と共に廃止されました。 


PageTop