日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

249. 乳母車

1956年11月 日活 製作 公開   監督 田坂具隆

赤ちゃんまでいる父の愛人に会った桑原ゆみ子(芦川いづみ)が、崩壊した家庭の修復と赤ちゃんの幸せを願い 愛人の弟と共に奔走する姿を描いた映画です。

友人から愛人の存在を聞いた ゆみ子は 母 桑原たま子(山根寿子)に問うと、住み家まで全て知りながらも静観の様子。そこで ゆみ子は 東急電鉄 大井町線 九品仏駅を降りて、母から聞いた愛人 相沢とも子(新珠三千代)宅を訪ねる場面があります。
1960年に改築される前の九品仏駅舎から ゆみ子が降りてきて、
249-1.jpg
踏切で待つ前を 3000系電車が通り過ぎて行きます。
249-2.jpg
僅か2連で、先頭は 3450形の 3491らしき車両です。現在同様 上下線の間に駅舎が有り、外へは踏切を必ず渡る構造です。

次に とも子の娘 まり子(森教子)への帽子を手土産に九品仏へ行った時、玄関に父 桑原次郎(宇野重吉)の靴を見付けて 慌てて駅に引き返します。
駅前の踏切で とも子の弟 宗雄(石原裕次郎)に会ったので、「父が来ているので今行くのははダメ」と 姉の家に行こうとしている宗雄に告げて止めます。
249-3.jpg

娘のゆみ子まで愛人 とも子の肩を持つ様に感じた たま子は、夜遅く帰宅した桑原を袖にして実家へ帰ってしまいます。更に遅く帰宅した ゆみ子は、鎌倉駅まで母親を追い駆けて 何とか家庭崩壊を押し止め様とするのでした。
鎌倉駅の改札口を走り抜けて
249-4.jpg
急ぎ階段を駆け上がると、ホームで電車を待つ母 たま子に追い付きました。たま子を引き戻そうとする ゆみ子ですが、
249-5.jpg
硬い決心をした たま子を説得することはできません。
そこへ横須賀線 70系電車が到着し、
249-6.jpg
2等車に乗った母を茫然と見送る ゆみ子です。
249-7.jpg
セットらしき 2等車内では、呆然とした様子の たま子です。
249-8.jpg
改札口へ戻ると遅れて父 次郎が駆けつけ一緒に外へ出ると、終電だったのか構内が消灯されてゆきます。
249-9.jpg

桑原との別れを切り出そうとした とも子は、急に仕事帰りの桑原に寄ってもらいます。夜 九品仏駅の改札口で、とも子は桑原を待っていました。
249-10.jpg
その後 花屋でバイトする宗雄の背後を、旧塗装の都電 1200形らしきが通過して行く場面もあります。
249-11.jpg
桑原家崩壊の責任を感じた とも子は、桑原と別れて弟の下宿先へ引っ越します。ゆみ子と宗雄は協力して まり子の幸せを第一に応援しようと、関係者全員を とも子の移転先へ集めて 善後策を話し合います。
その帰り道 ゆみ子は母 たま子とタクシーに乗って、母の働くバーへ向かいます。タクシーはネオン煌めく銀座界隈の晴海通りを、月島方面に向かう都電11系統(新宿駅前~月島通八丁目)の電車を追い越して走ります。
249-12.jpg







PS.

鎌倉駅で ゆみ子は母親が乗った上りの終電車を見送り、改札口を父親と一緒に出ると駅構内は消灯となりました。 鎌倉駅から当時の上り終電は、23:38発の横浜行です。
ところが下り電車はこの後 23:40・0:10発の久里浜行があり、終電は 0:42発 逗子行でした。つまり 上りの終電から一時間以上後まで下り電車があるので、消灯はBGMと共に映画の中での演出でしょう。

それにしても 女性 登場人物の名が、皆( ひらがな表記+子)なので文章にすると分かり難いですね。


PageTop

248.七つの宝石

1950年8月 松竹 製作 公開   監督 佐々木啓祐

元伯爵 東小路輝が殺害され それぞれに漢字一文字が入った七つの宝石が奪われます。しかしその行方が二転三転し、悪玉と善玉が競って 東小路家に伝わる秘宝にたどり着く過程を描く サスペンス映画です。

戦後復興期の京都を舞台に、街頭ロケが多い作品です。大規模な空襲はなかった京都だけに、古い街並みの中 ポール集電の市電が作中のあちこちで走っています。
強盗団の一人 ヤク中の五郎(大坂志郎)が強奪した七つの宝石を横領し その内6つを売りさばいたので、黒メガネのボスを筆頭にした一団が 宝石を捜して 再度強引に奪い取って集めるのでした。

その途上 地下区間を走る京阪神急行電鉄 100形の 102を先頭とする列車が映ります。
248-1.jpg
その車内で一味の男の目が光り、立ち話をしている和装の女性から
248-3.jpg
宝石付きの帯留を掏り取ります。
248-4.jpg
続いて地下駅に 115を先頭とする列車が到着し、
248-6.jpg
大勢の客が降りてきました。この電車の乗客には品川(佐田啓二)もいて、地上への階段の途中で一味の一人を見つけて追跡します。
248-7.jpg

上がって来た階段の上部には、大阪・神戸・寶塚 方面と記された案内板があります。男に続いて品川は改札口を抜け、
248-9.jpg
京都市電の後部側で大通りを渡って追い駆けます。
248-10.jpg
改札口に「地下鉄のりば」と表示されているこの駅は、京阪神急行電鉄 京都本線 西院駅と思われます。1931年3月末に京都線 西院手前から大宮まで関西初の地下鉄として開通したので、地下鉄のりばと表示したのでしょう。
西院駅とすると京都市電の方は、西大路線 西大路四条電停手前で停止している 200形で 不鮮明だが 276の様です。昭和初期製の4輪単車で、この当時は皆ポール集電の様です。

黒メガネのボスが出入りしていた店でダンサーをしている艶子(日高澄子)の協力で、品川は宝石を取り戻します。しかし品川のミスから艶子はボスに襲われますが、なんとか逃げてバスに乗ります。
その車内で艶子は、五郎が渡した 宝石付の指輪を身につけた女を発見します。女は京都市電も走る 本町停留所で降りたので、艶子は後を追って降車して追い駆けるのでした。
248-20.jpg

このバス停(架空名)の背後は京都第一赤十字病院の様で、市電は九条線 起点の東福寺電停の様です。女が振り返ったシーンで、右手の大きな橋は 1937年完成の九条跨線橋と思われます。
248-21.jpg
京都市電 九条線は先の西大路線と共に京都市電 最終期まで残って、1978年9月末に他線と共に廃止されました。


PageTop

247. 御身

1962年10月 大映 製作 公開   監督 島耕二

商事会社に勤める矢沢章子(叶順子)は弟が掏られた50万円を工面する為 3か月契約で長谷川電機社長に身を売りますが、予想外な展開の連続に戸惑い 変わってゆく心理を描いた 恋愛映画です。

冒頭 章子の弟 矢沢利夫(六本木真)が渋谷付近の交番に被害を届ける場面で、背後を都電 6000形らしきが通過して行きます。247-20.jpg
青山通りを走る9系統(渋谷~浜町中ノ橋)らしき雰囲気です。
章子は知り合いのバーマダム 浅野公子(丹阿弥谷津子)の店を訪ねて相談し、丁度来店した長谷川虎男(宇津井健)に公子が出資を持ち掛けます。
長谷川は 3か月契約で 50万円を了承し、章子は 50万円の小切手を受け取ることが出来ました。すると長谷川は早速 章子を店から連れ出し、タクシーに乗って東京駅へ向かうので緊張する章子です。

しかし見送りだけを依頼されたのでホッとすると、その顔を長谷川に指摘されてしまいます。二人は東京駅のホームへ上がると、
247-1.jpg
「14番線は22時発急行月光号大阪行です」と構内放送が流れる中 3号車端デッキから乗車します。
そして4号車へ入ると、開放二段式一等寝台車の様です。白い上着の乗客掛の横を通って長谷川が奥へ進むと、
247-2.jpg
下段席から「遅いわね」と声が掛かります。長谷川は向いの席に座って、章子から鞄を受け取りました。
247-3.jpg

瞬間に女は振り返って章子を見ると、「どなた!」と一言。章子は「失礼します」と言って逃げる様に去り、長谷川は追いかけます。247-4.jpg
売店の前を越して反対側ホームに停車する列車のデッキ前で、「あの女は 2号で、他にもう一人女がいる」と告げられます。
247-5.jpg
そして無理やりタクシー代を渡され、列車に戻る長谷川を見送るのでした。章子が階段方向へ進むと、車内の女はカーテンを開けて章子の様子を見ています。関西へ同行する長谷川の 2号、バー「芝」のママ 香山波江(仁木多鶴子)です。
247-7.jpg

その後 章子は恋人 和気年久(三田村元)と別れようとしますが、相手は納得しません。 一方 長谷川は男女の契約をしたのに、てんで相手にしません。そんな折 弟の利夫が上司に罵られたことから、会社を辞めてしまいます。
そこで章子は長谷川行きつけのバーで、弟の再就職を頼もうと出かけます。長谷川は現れますが この後人に会ってから 22:00の月光で関西へ出張に行くと言って直ぐ席を立つので、弟の件を話すことが出来ません。
247-8.jpg

22:00 急行 月光の案内板が映り、章子が一等寝台 3号車内へ入って来ました。
247-9.jpg
長谷川を探し出すと、驚く長谷川をよそに向かいの席に座ります。連れがいないことを確認すると、
247-10.jpg
「私も大阪へ同行させてほしい」と言うので、更に驚く長谷川です。
やがて発車すると次のカットでは何故か 151系特急車両の走行シーンがあり、停車している 20系列車の横を通過して行きます。
247-23.jpg
時間帯から 18:00発 2005M 特急おおとり 名古屋行と思われ、18:30発 3レ 特急あさかぜ号が同じ東京駅15番線への入線待ちでしょうか。

二人で和やかに話す内 EF58形電機に牽かれた列車は、横浜駅へ到着します。何故か(みずほ)らしきヘッドマーク付の列車です。247-14.jpg
ここで急に気が変わった章子は、弟のことを言い訳に降りてしまいます。
247-15.jpg
ホームにいた乗客掛が乗り込み、折戸を閉めると同時に列車は動き出します。デッキに立つ長谷川を、名残惜しそうに見送る章子なのでした。
247-16.jpg






 PS.

22時発の急行月光号は実在の列車ですが、作中では明らかに 20系ブルートレイン車両を模したセットの様です。ナロネ21を模して細部まで拘って作り込まれた、大映のセット製作技術の高さが現れた作品ですね。
しかも横浜駅での場面で最後は列車が動き出すのですから、何人掛かりで押したのでしょうか。惜しむらくは、東京駅のセットと階段の壁柄が同じです。でも当時は九州行特急専用の20系車両を、何故急行月光号として選んで作ったのでしょう?

22時発の列車ですから、当然最初から寝台はセットされています。ところが長谷川の寝台だけは、会話場面の都合なのか座席仕様のままです。更に長谷川一人で乗車していた場面でも同様なのは・・・
通路に足は出ますが 一等寝台ですから、寝台状態でも頭上高に余裕をもって座れます。喫煙室を使えば、更に実用的です。そもそも関西へ向かうのですから、ブルートレインでは最後の(はやぶさ)でも大阪着 午前 2:13と早過ぎて急行月光としたのか?
ならば一等座席車が無い月光ではなく 21:00発 25レ 急行瀬戸 宇野行を想定すれば スロ53 一等座席車が有り、大阪着も 7:26と実用的であり セットも作り慣れていたと思われるのですが・・・

それにしても東京駅ホーム場面のセットは、売店から反対側ホームの列車まで作り込まれていて凄いセットです。波板屋根を映さなければ、( 55.堂々たる人生 )での日活が作った東京駅ホームセットと双璧でしょう。




PageTop