日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 80. その人は昔

1967年7月 東京映画 製作  東宝 配給 公開    監督 松山善三

北海道えりも百人浜の二人が東京にあこがれ上京するが、都会に翻弄されてしまう 珍しい全編ミュージカル仕立ての青春映画です。

鉄道シーンは最初に、川岸で ヨウコ(内藤洋子)とカズオ(舟木一夫)が鉄橋を渡る C11+無蓋車3両+PC 2両の列車を見て上京を決意します。
80-1.jpg

早朝 二人は追いすがる母親を振り切り、とある小さな駅から苫小牧行のサボを付けたC11 牽引混合列車に飛び乗ります。
80-0.jpg

途中 列車は日高本線静内駅に二つ目型C11 182 を先頭に停車します。
80-3.jpg
ホームの西谷の駅そば店でパンと牛乳を買おうとして失敗してしまいます。
80-22.jpg

この店は拙著 13.新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬で高倉健が南利明に騙され、停車中にそばを食べていて列車に置いて行かれた店としても登場しています。

その後C11 183 牽引列車が力強く上り勾配を走るシーンもあります。日高本線では 1957年に混合列車が廃止され、以来旅客列車はDC化されています。
80-5.jpg

えりも地方からの上京を強調するイメージ付けに、当時貨物列車の先頭で活躍していた C11にオハ62等PCを特別に連結させロケしたと思われます。

東京で二人は喫茶店のウエイトレスと印刷工として暮らし、地下鉄四ツ谷駅ホームで歌詞に合わせてデートの待ち合わせをするシーンが中盤にあります。
80-4.jpg

丸ノ内線では茗荷谷 後楽園と並ぶ地上駅です。赤坂見附より到着した先頭車は 1957年から登場の500形 717号です。(増備数があまりに多く802まで有り)

ラストシーンで、悲しい結末になってしまった ヨウコとの思い出を探しに百人浜へ行ったカズオが東京へ戻る場面にも鉄道シーンがあります。
上京時と同じ編成の列車のデッキで海の方を見ていたカズオの耳に全速で走る馬の足音が聞こえてきます。まさか!とその方を見ると・・・
80-8.jpg

海岸近くを走る C11牽引の混合列車に沿って後方から白馬に跨るヨウコ(の様に見える)が迫って来ます。カズオは慌てて最後部のデッキへと移動します。
白馬は全力で走りますが線路沿いの道は真っ直ぐではなく、なかなか追い付けません。カズオの眼には幻とは思えず、何時までもデッキから身を乗り出しているのでした。
80-6.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

その人は昔

舟木一夫の凄いところは、御三家(橋幸夫、舟木、西郷輝彦)のうち、当時の邦画5社(東宝、東映、松竹、日活、大映)にすべて主演として出演しているところにある。

橋や西郷は4社のみで東宝には出演していない。
あの美空ひばりでさえ、日活には出演していない(その代わり「新東宝」に出演だが)。
舟木は5社制覇をしているばかりでなく、ATG映画まで出演しているのだから。

それだけ舟木は絵になる俳優だったのだろう。

この映画はフォトジェニックな瑞々しい画面とミュージカル風の主題歌と挿入歌が素晴らしい。

鉄道シーンでは、鉄橋を渡る列車シーン(最初の写真)はおもちゃ(模型)の汽車かのように見え、遊園地の「機関車トーマス」が北海道を走っているのと思ったくらい、

東京での二人の生活では、いつも周りから電車(や自動車)の騒音が聞こえてきたり、しばしば快走する電車を目にすることになる。

6枚目の写真の電車、鮮やかな赤に白いストライプ(黒いダイヤ模様入り)は本当に地下鉄だったのですか。
実にカラフルでビジュアルな車体ですね。

車体一面、抜けるような黄と目の覚めるような緑の電車が出てきましたが、あれは山手線でしょうか、どこかの私鉄でしょうか。

ラストは迫力に満ちた鉄道シーンで、危険きわまりない撮影はどうやって行ったのだろうか、1回だけで済んだのだろうか(それとも何回かに分けて?)。

馬で駆ける内藤洋子はスタントマンだとしても、全速力で走る列車の開けっ放しのデッキにしがみついているのは確かに舟木一夫だ。

スターにこんな危険なことをさせていいの。

現在では「バスが完全に停止してから、お立ちください」と案内されるが、この頃では動いている列車にホームから飛び乗ったり、あるいはホームへ飛び降りたりすることは、車掌も特に注意しなかったようだし、乗客もへいちゃら、物ともしなかったようだ。

この映画でも舟木は勿論のこと、洋子ちゃんもさらりとjumping on(off)している。
現在の安全基準から云えば、とんでもない話しだ。

日本映画の良心と呼ばれた松山善三は、いずれも心に灯がともる作品を手掛けてきた監督だが、幸福の絶頂にあるヒロインをいきなり不条理にも殺してしまう、「名もなく貧しく美しく」然り、悲劇「ロミオとジュリエット」のような、この作品然りである。 

何故だろう?

赤松 幸吉 | URL | 2018-07-18(Wed)11:33 [編集]


Re: その人は昔

赤松様 アツイ コメントありがとうございます。

確かに舟木一夫は、各映画会社に義理立てしているかの様に出演していましたね。

6枚目の画像は、帝都高速度交通営団(現 東京地下鉄)丸ノ内線 四ツ谷駅に到着する500形です。
丸ノ内線に三か所ある地上走行区間の一つなので、普通の私鉄の様に見えますね。

車体一面が黄色や緑の電車の場面は記憶にありませんが、総武線・山手線の電車と思われます。

ラストで舟木一夫がヨウコの幻を見て走行中のデッキから身を乗り出して手を伸ばす場面は、この映画のハイライトシーンですね。 揺れる日高本線の列車であの様な撮影は、現在では不可能でCGでしょうね。

テツエイダ | URL | 2018-07-18(Wed)21:13 [編集]