日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 4、太陽が大好き

 1966年5月 日活 製作 公開    監督 若杉光夫

  閉山となった鉱山町を舞台に、貧しいながらも明るい未来を夢見て生きる 竹山栄子(太田雅子⇒その後の梶芽衣子)を中心とした青春映画。

 鉄道シーンとしては随所にローカル軽便私鉄 沼尻鉄道の車両が出てくる。冒頭からDC121らしきDLが無蓋貨車セタを挟んでオープンデッキのボハ6+7らしきを引き、そのデッキには栄子が気持ちよさそうに乗っている。
4-11.jpg

4-1-22.jpg

4-22.jpg


 谷本さち子(芦川いづみ)が車内で昔の男にからまれるシーンではロングシートの両側に客がいて、軽便鉄道特有の狭さがよく分かる。
4-2-11.jpg

 その後さち子は会津樋ノ口らしき駅で、男を振り切る様に降りていく。その時の停車時間のなんと短いこと!
4-33.jpg

 夜の川桁駅でのシーンでは、DLが客車1両を引いて出発して行き、その後ガソ101気動車がセタを引いて到着する。
4-44.jpg

 実在の沼尻鉄道も硫黄鉱山の閉山と共に衰退し、この映画の二年後には休止 翌年廃止となってしまった。
 モノクロ映画ではあるが、晩年の沼尻鉄道をこれ程長く映した映画は他に無いと思われる。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する