日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 44.愛染かつら

 1954年4月 大映 配給 公開     監督 木村恵吾

 すれ違い恋愛映画の本家で戦前の 1938年から松竹(監督 野村浩将)で三部作製作され、戦後大映で 1948年に続いて 1954年に再度製作されたのがこの映画です。
更にその後 1962年にも松竹(監督 中村登)で二部作製作された人気作品でした。本作は鶴田浩二が松竹を辞め、フリー時代に単巻契約で出演した映画です。その後の東映所属での印象が強い鶴田浩二なので意外と知られていない本作です。

 最初の松竹作品では新橋駅ですれ違いシーンがありましたが、本作では東京駅で医師 津村浩二(鶴田浩二)が待ちますが看護婦 高石かつ枝(京マチ子)は事情があって遅れてしまいます。
 津村は窓口で京都まで二等の急行券を二枚買い、改札口でかつ枝を待ちます。15番線の発車案内パタパタは普通二三等 22:40 大阪行と出ました。そして乗車予定の23:05発大阪行急行(月光か)の改札案内放送が流れます。津村は振り返りながら改札を入ります。

 15番線ホームに上がってもかつ枝の姿はありません。44-1.jpg
そして発車ベルが鳴り始めた頃漸くかつ枝が乗るタクシーが到着します。かつ枝は入場券を買い改札からホームへ急ぎますが、和装故に足早とはいきません。
 遂に列車が動き出したので津村は後ろを振り返りながらデッキへ飛び乗ります。次第に加速してゆく列車 その時漸くかつ枝がホームへ上がる。思わず列車に駆け寄ろうとするかつ枝を「危ない!」と制して駅員が抱えます。

 京都から夜行列車で上京する場面では、津村が二等寝台車に乗り込み列車給仕に案内され8番下段に落ち着きます。
44-2.jpg
プルマン式寝台で給仕にチップを渡し、浴衣を手に取ることから形式は不明ながら二等寝台車のセットか日中借りての撮影と思われます。
 その後の走行シーンはフィルターをかけての擬似夜景ですが、山科の上りカーブでの撮影の様にも見えます。

 かつ枝が熱海にいる娘 敏子(小畑よし子)に会いに来るシーンでは、80系3枚窓先頭車が伊豆山トンネルらしきから出てくる場面から始まります。
44-3.jpg
そしてホームへ入る場面では 80系2枚窓車に準急伊豆のヘッドマークが付いています。
 二等車から降りてくる かつ枝に敏子が飛びつきます。この様子をホームの端から津村が見ていると、背後をEL牽引の列車が通過して行きます。
 高速での通過故に不鮮明ですが列車の後半に帯付車が連続していることからも、当時熱海駅を唯一通過していた特別急行つばめ号 時間帯からして上り東京行つばめ号と思われます。特別急行はと号は上下共熱海に停車していました。
 
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

愛染かつら

この「愛染かつら」(鶴田・京の大映版)は余り知られていない作品です(私も見てみたいのですが、DVD化はされていないようです)。
できるなら、松竹の「愛染かつら」「続・愛染かつら」(中村登監督 岡田茉莉子・吉田輝男)のすれ違いシーンをまとめていただけないでしょうか。2作とも松竹メロドラマの傑作で、実にスマートな出来となっています。
東京駅でのすれ違い、「続」の北海道(蒸気機関車が登場)でのすれ違いなど、これらの列車は何なのか是非知りたいです。
すれ違いドラマ(ヒロインは必ず恋人の乗る列車が発車してから駅に到着します。何故なのだ!)は鉄道と駅が重要な役割を果たしています。まさにテツエイダ様の独壇場ではないでしょうか。

赤松幸吉 | URL | 2013-08-28(Wed)18:54 [編集]


Re: 愛染かつら

 赤松様  残念ながら、1962年松竹公開の「愛染かつら 正・続」は見ていません。機会があれば、是非見てブログに書いてみたいものです。

 1938年公開の初代「愛染かつら」の総集編は見ましたが、新橋駅でのすれ違いシーンが僅かで客車の一部しか映っていないので対象外とした記憶があります。

テツエイダ | URL | 2013-08-29(Thu)21:14 [編集]