fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

407.湖畔の人

1961年11月  ニュー東映 製作 公開   監督 佐伯清

12歳の時に 父親が情婦と駆落ちした 家庭に育った 深井三七子(佐久間良子)が 父の件で 婚約を破棄され、どん底の心境から 湖畔の様な やすらぎと落ち着ける相手を求め 流浪する姿を描いた 青春映画です。

序盤 ふしだらな父親の件で 親族に反対された 円山正吉(北山達也)は 三七子に婚約解消を宣告し、憔悴した三七子は 上司の緒方課長(鶴田浩二)に 励まされ 好意を持ち始めました。

翌日 スッキリした三七子が 通勤途上で 帝都高速度交通営団 銀座線に 渋谷駅から乗った様子を、
407-1.jpg
車内で見ている 同僚の矢代孝雄(江原真二郎)の姿が 映りますが 出社すると 緒方が交通事故に遭って 入院していました。

矢代は三七子に 好意を伝えますが 叶わず、一方で 三七子の同僚 谷沢洋子(新井茂子)は 矢代が好きで 三七子は応援します。また緒方を バー鏡のマダム 宏子(久保菜穂子)が 狙っていて、三七子に 宣戦布告します。

その後 2号さんになって 深井家を支えている 三七子の姉 比佐子(故里やよい)が 本妻と揉めている さなかに、大阪に住む 出奔したままの父親が 危篤との電報が 届けられますが 三七子は断固拒絶します。

行く筈だった 姉の比佐子が行けなくなり、迷う三七子に チャンスと 矢代が強引に同行します。大阪行きの 夜行急行電車らしきに、後から同席した矢代は
407-2.jpg
ビュッフェに三七子を誘いました。
407-4.jpg

大阪に着くや
407-5.jpg
タクシーで大阪城と 運河に近い下町風の 住居を訪ねると、既に父親は 前夜遅くに 亡くなっていました。背後を 4連の私鉄電車らしきが 通って行きます。
407-6.jpg

矢代に背中を押され 亡き父親に 再会できた三七子は、妹関係になる 小さなアイコにも会うと、父を許す気持ちに 変わってゆくのでした。

遅れて葬儀に加わった 比佐子と共に 遺骨を抱いた三七子は、
407-7.jpg
大阪駅から帰る電車の前で
407-8.jpg
達子(利根はる恵)とアイコから 見送りを受けています。
407-9.jpg

終始同行した矢代は 既に車内にいて、電車が動き出すと 皆で手を振り合うのでした。
407-10.jpg

407-11.jpg
やがて夕刻 電車は東京駅 7番ホームに到着しました。
407-12.jpg

その後 緒方は病室で 前に「三七子とは 結婚する可能性は無い」と宣言したことを 撤回すると話すと、退院して 山奥の温泉に 静養の旅に出かけました。

宏子から 裏磐梯の温泉に向かった 緒方の行き先を聞いた三七子は、東北本線の 急行列車らしき 電機の次位に暖房車+9連の 客車を連ねた列車で 郡山へ向かいます。
407-14.jpg

407-15.jpg
続いて 磐越西線に乗り換えた様で
407-16.jpg
裏磐梯温泉への下車駅 猪苗代へ向かうべく、
407-17.jpg
蒸機が牽く列車は 中山宿辺りの 上り勾配を走っているのでしょうか。
407-18.jpg

こうして 遥々緒方の所へ 飛び込んで行った 三七子でしたが、決心がつかないのか 緒方の態度は素っ気なく 布団も別部屋にされてしまいました。

翌朝 三七子は宿から 一人で散歩に出かけ、湖の畔で ハイヒールを脱ぐと・・・・と悪い結末を予感させる BGMが流れますが・・・





PS.
  最初の画像は 渋谷の東横百貨店西館(旧玉電ビル)から出発した 銀座線電車を、1956年完成の 東急文化会館の屋上から 撮影しているのでしょうか。

  2・3枚目の画像は セット撮影ですが、当時の夜行急行電車では 23時頃までビュッフェの営業をしていた様です。
  行程を想像すると 東京 21:20 ―(115レ急行第2なにわ)― 7:50 大阪 と思われ 一等車を挟んで4・7号車は、二等車とビュッフェ合造の サハシ153が2輌も連結されていました。

5枚目の画像に映る 私鉄電車らしきは 分かりませんね。京成電鉄車輌の様な 色合ですが 4枚目の画像の後で、阪急百貨店をバックに タクシーに乗るシーンがあるので 大阪ロケは実在したと思います。N.NIc33100様によると、南海電車だそうです。

  6枚目からの 大阪駅での見送りシーンは、大阪駅で行われたか 怪しいですね。更に11枚目の画像に映るのは(東海号)の様に見えます。東海号は準急で、東京~大垣で 運行されていました?!

  明るいうちに 東京駅に到着していることから 普通なら 大阪 8:30 ―(102レ急行六甲)― 16:00 東京 ですが、無理に東海号で東京に帰るには 大阪 7:30―(402レ準急第1伊吹)― 9:30 岐阜 9:59 ―(306レ準急東海3号)― 15:53 東京 

  12枚目の画像は 東北本線の急行列車 らしき姿ですが、電機の次位にある 暖房車はマヌ34でしょうか? 13・15枚目の画像は セット+スクリーン・プロセス なのでしょうが、本線の新しい客車から 郡山で旧型客車へ 乗り換えた様子を 表現している様です。
  73おやぢ様から 東北本線では暖房車は使われなかったので、中央本線多摩川橋梁での撮影だそうです。

  裏磐梯温泉への下車駅 猪苗代へ行くなら、上野 7:50 ―(2105レ準急ひばら1号)― 12:54 猪苗代と 直通列車があります。しかし遥々訪ねた感を 出すには、上野 8:38 ―(123レ普通列車)― 14:11 郡山 14:24 ―(225レ D50牽引?)― 15:40 猪苗代で 本編の映像に 合致しています。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

湖畔の人

「6枚目からの~、大阪駅で行われたか 怪しいです」の記事を読み、
「ニュー東映」なら低予算で制作されているはずで、
「大阪駅」でないならどこかにミスがあるのでは? 
とチェックしてみました。

10枚目の駅表示《Ō SAKA》に注目。
小生が調べた限り(昔のものも含めて)、すべてが《Ōsaka》と表記されている。
(ただし、《ŌSAKA》という表記も1つだけ見つけました)

原則は最初の文字だけが大文字で後は小文字、《Ō SAKA》のように
一字のスペース表記は絶対にありませんでした。

例えば、他の駅名「大宮」でも《Ōmiya》であって、《ŌMIYA》《Ō miya》など大文字ばかりやスペースがあるものは見つかりませんでした。

つまり、大阪駅でロケしているかどうかは別として(佐久間良子が大阪駅に
登場となると大混雑になると思いますが)、この駅名パネルはスタッフが
作ったものでしょう。

「おーさか」のつもりで長音記号を付けた上にスペースまでもうけています。
これは不自然です。

赤松 幸吉 | URL | 2024-02-19(Mon)17:16 [編集]


私鉄電車らしき

南海のようですね、前面に短いスカート状の部分があるので。

N.Nlc33100 | URL | 2024-02-19(Mon)18:52 [編集]


Re: 湖畔の人

赤松様 コメントありがとうございます。

赤松様ならではの 視点での考察 さすがですね。 確かに Ō SAKA との表記は 見たことがありませんね。

当時の急行用 153系電車は 準急にも多数使われていたので、目立たない小さな駅で ロケが行われた 可能性が高いですね。

テツエイダ | URL | 2024-02-19(Mon)23:37 [編集]


Re: 私鉄電車らしき

N.Nlc33100 様 コメントありがとうございます。

前面の短いスカート状の部分が、当時の南海電車には付いていたのですか。

いかんせん画像が不鮮明で、これ以上の考察は難しいですね。

テツエイダ | URL | 2024-02-19(Mon)23:41 [編集]


東北本線は中央本線です

テツエイダ様

東北本線の急行列車ですが、機関車が貨物用のEF13(たぶん)であることにより、中央本線の多摩川橋梁と思われます。ちなみに東北本線は基本的に暖房車の使用はありません。
さては低予算につき東京近郊でお茶を濁したとも考えられますが、東北本線の鉄橋はトラスなどの構造物を伴うところが多く、ストレートに抜ける構図として多摩川を選んだのなら、これはひとつの見識かもしれません。
磐越西線との設定は、機関車がD50(たぶん)であることにより本物のようです。低予算なら御殿場線ですませてしまいますが、裏磐梯のロケがあるので行きがけの駄賃だったようです。

73おやぢ | URL | 2024-02-21(Wed)11:29 [編集]


Re: 東北本線は中央本線です

73おやぢ様 コメントありがとうございます。

どおりで東北本線に、暖房車の運用実績が無かった訳ですね。

中央本線の多摩川橋梁なら納得です。幼少期 新宿で煙を吐く、不思議な貨車を見かけましたよ。

テツエイダ | URL | 2024-02-21(Wed)23:53 [編集]


Re: Re: 東北本線は中央本線です

私も中央線多摩川橋梁ぽいな、と感じましたが昔の橋梁は規格化されていたので
どの線か、という断定が出来ずコメントしませんでした。
9輌編成って今や信じられないような長編成だったんですね。
マヌ34は客車牽引がEG搭載EF64に置き換わった1971年の夏
甲府機関区や竜王駅の側線に身延線の二種休車となった
ED17と共にずらっと押し込まれていたのが記憶に残っております。

N.Nlc33100 | URL | 2024-02-22(Thu)13:05 [編集]


Re: Re: Re: 東北本線は中央本線です

N.Nlc33100 様 コメントありがとうございます。

EG搭載のEL・DLが普及すると、最後は使い道が無くて哀れでしたね。

厳冬期の北海道 追分駅で到着したC57牽引岩見沢行列車に乗り込んだ時、しみじみ蒸気暖房の暖かさを感じた記憶を思い出しました。

テツエイダ | URL | 2024-02-22(Thu)14:32 [編集]