fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

354.恋は異なもの味なもの

1958年4月 東京映画 製作 東宝 配給公開   監督 瑞穂春海

寄席小屋を営む 仙介(日守新一)は モダンな娘 光子(雪村いづみ)と 鰻屋の主人 繁三(森繫久彌)の甥 新太郎(藤木悠)を 結婚させようとしますが、すれ違いとなる 下町人情調の 喜劇映画です。

冒頭 華やかな東京の中心部に対して ガタゴト走る1系統と
354-1.jpg
30系統の都電と
354-5.jpg
寄席小屋寿亭を、斜陽な存在として光子が紹介しています。

続いて 寿亭で お茶子として働く咲子(津島恵子)を フランスへ留学中の兄 幸介の許嫁で、やがては 義理の姉となる存在と 紹介します。

ある日 咲子は 母親の墓参りの帰りに、上野の科学博物館近くで 新太郎とバッタリ会います。

上野駅が見下ろせるベンチに 新太郎は座りますが 着物姿の咲子は座らず、
354-6.jpg
仙台への転勤を聞いた咲子は 両大師橋へ向かって走る汽車を見て
354-7.jpg
「あの汽車が仙台へ行くのね」と呟きます。

光子と新太郎を 結び付けようと 繁三が張り切ると、二人共 満更でもない様子で 話を進めるのでした。

ところが フランス帰りの水島陽子(木村俊恵)から「フランス女性と結婚した」との 幸介からの伝言を聞いた光子は 咲子に伝え、咲子の本心が 新太郎に向いている事を 聞き出します。

光子は新太郎に 咲子の気持ちを伝え、二人の仲を 取り持つ事にしました。

いよいよ二人が 仙台へ旅立つ日 上野駅では「まもなく 17:20発 常磐線周りの 急行青森行が発車します」と構内放送が流れ、
354-8.jpg
C61形蒸機に牽かれた 列車が動き出しました。
354-9.jpg

並ロの車内に 並んで座る二人の内 咲子が「みっちゃん 見送りに来てくれなかったわね」と言うと、新太郎は「みっちゃんのことだから 何処かで 我々の幸せを祈ってくれているよ」と応えます。
354-10.jpg

一方光子は 両大師橋の上から 二人の乗った列車を見ていました。汽車の爆煙が 光子に迫り来たので、
354-11.jpg

354-12.jpg
橋の反対側に走ると 煙を避けながら 去り行く列車を見送るのでした。
354-13.jpg

354-14.jpg

上野駅西側の 線路沿いの坂道を 元気なく歩いている光子に、354-15.jpg
公園口から 見送りして出て来たらしい繫三が 後ろから「おーい みっちゃんも 見送りに来たのか」と声を掛けます。

光子は 曖昧な顔で否定するでもなく、しゃがんで 靴の紐を直すのでした。繫三が「そうか 本当はみっちゃん 新太郎のことを・・・」と呟くと、背後を 京浜東北線北行電車が通ります。
354-16.jpg









PS.
  1・2枚目の画像で 都電1・30系統の電車が 映っていますが、同じ線路を走っているので 中央通りの須田町~上野駅前の何処かでしょうか。

  (306.女中ッ子)でもロケが行われた 上野駅が見下ろせる線路端で、明確な列車は映っていませんが 本作でもロケが行われました。

  ロケ当時は 東北本線の大宮から先が 未だ非電化なので、東北本線・常磐線の長距離列車の大半が 蒸機牽引列車でした。本作公開月に 宇都宮迄電化されて、上野へ乗り入れる蒸機が グッと減ります。

  17:20発の 急行青森行との放送ですが これは架空列車で、常磐線では 16:05発 203レ急行北上と 19:15発 205レ急行十和田の 真ん中辺りの設定で 脚本が書かれています。

  しかし 転勤地の仙台着が 203レを使っても 22:08なので、架空列車の到着は 23:23頃と計画が不自然です。9:50発 201レ急行みちのく青森行の仙台着が 15:47なので、常磐線周りなら 現実的には 201レを使うと思われます。

  C61形蒸機に牽かれた列車は 当時の地平11番線から発車していますが、上野駅の配線状況から 当時の常磐線周りの 急行青森行5本(201レ・203レ・205レ・207レ北斗・209レおいらせ)の全てが 高架6~8番線からの発車でした。

  映っている列車が 急行だとすると C6119号機が 当時白河区所属であったことからも 11番線から 13:30発 103レ急行松島 仙台行と思われ、仙台に 20:18到着と 転勤利用には現実的ですね。11枚目の画像からも東北本線への、長距離 長編成の急行列車と思われます。

当時の常磐線は 日暮里~平(現 いわき)が複線化され 勾配も最大10‰と 蒸機には好条件で、上野~青森の直通急行は 5本全てが上野~仙台を常磐線周りで運転していたので 架空放送の様な内容となったのでしょう。
  
  東北本線の方は 複線化が東京~宇都宮だけと 常磐線の半分以下で 勾配も25‰区間があるので 補機が必要となり、青森・秋田行と標示している 101レ急行青葉も 仙台へ着いた7輌中2輌だけを 201レ急行みちのくへ併結して青森へ向かったのが実態です。

  こうした事情から 本作公開の半年後に誕生した 東北地方初の1レ特別急行はつかり号(上野~青森)も、上野~仙台の区間は常磐線(日暮里~岩沼)を1968年9月末まで走っていたのでした。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます。C6119号機、最後は秋田機関区から宮崎機関区へ転属。日豊本線で見ています。懐かしいです。上野駅公園口への坂道、未だ面影はありますね。藤木悠さん、お若い!後年「Gメン75」で活躍されましたね。津島恵子さん、お綺麗です。
森繁さんは・・当時からすでに森繁サンですね(笑)

つだ・なおき | URL | 2022-01-23(Sun)09:08 [編集]


恋は異なもの味なもの

「恋は異なもの味なもの」のルーズなタイトルからすれば、他愛で薄っぺらな筋立てかと思いがちだが、これが見終わった後にほのぼのとした余情が残る下町人情映画なのである。

せっかく「デキ」のいい喜劇なのに、もっとセンシブルで情趣あふれる題名だったらと、悔やまれる。
東京の下町にはまるで町内に風呂屋か床屋があるように、小さな寄席小屋があたっりしたのですね。

この映画の特典は、スクリーン・デビュー三作目、花も恥じらう23歳ごろの木村俊恵(知る人ぞ知る「仁義なき戦い」の山守組姐さん)が見られます。

黒いコートを着て、飛行機から降りてくるフランス帰りの女性が木村俊恵さんで、彼女の現在入手可能なもっとも古い動画だと思われます。
出演シーンはわずか20秒から25秒ですが、笑顔に微かに映るエクボに「仁義なき戦い」の面影があります。

この木村俊恵さんはわずか39歳で死んでしまいました。
えぇ、なんで? こんないい女優なのに。

両大師橋は「日活」の青春映画などで何度も登場したと記憶している、懐かしい場所。
当時は蒸気機関車があれほど凄まじい噴煙を上げて都内を走行していたのは信じられない。

両大師橋でラストシーンを撮影をしているので、カメラに収まるように「思い切り噴煙を上げてくれ」と事前に依頼していたのではないかと勘繰るほどの大煤煙が舞っている(写真8、9枚目)。

赤松幸吉 | URL | 2022-01-23(Sun)16:34 [編集]


Re: タイトルなし

つだ・なおき様 コメントありがとうございます。

C6119号機を日豊本線でご覧になったそうですが、非電化の大淀川橋梁を渡る姿でしたら素晴らしかったでしょうね。

上野駅公園口からの坂道を下った右手に聚楽があったのですが、この辺りは大きく変わってしまいましたね。

道の左側からは日通らしきのボンネットトラックが 小荷物を搬出している様な様子が映っていることから、人手の少ない早朝にロケが行われた様ですね。

テツエイダ | URL | 2022-01-23(Sun)18:27 [編集]


Re: 恋は異なもの味なもの

赤松様 コメントありがとうございます。

木村俊恵さんが(仁義なき戦い)の山守組姐さんの役で、出演されているのでしたか 知りませんでした。
短いセリフでしたが、気品ある雰囲気が感じられる 木村さんにピッタリの役どころですね。

両大師橋は 幅広い大きな橋なので あの様な煙ですが、巾狭い人道橋では正しく煙に巻かれて苦しい思いをしましたよ。

上野駅を発車して 力行で加速してゆく過程なので、盛大に煙を噴き上げても 普通ですが 少々多い様にも見えますね。

テツエイダ | URL | 2022-01-23(Sun)19:01 [編集]


10年くらい前にネットでクレイジーキャッツの大冒険のロケ地を探している時に、どなたのブログで日本映画のロケ地で両太師橋を紹介していて、両太師橋の上から煙にまかれて見送るシーンの動画があって、両太師橋から東の方にカメラが移った時に見える都内風景がまた見たくて、5、6年前から探してました。

題名がわからず、日本映画両太師橋、両太師橋から見送るシーン、日本映画ロケ地両太師橋などなど。
思いついた時に検索して探してましたが、
ヒットするのは必ず東京物語、愛のつむじ風。

7年くらい前に山田五郎さんもキンキンが司会の時のテレ東のアド街でそのシーンが凄いと話ていて、映画の題名言わなかったんだよな〜。

それが今日やっと題名がわかりました!

今年の1月にアップしてたんですね!

ありがとうございます!

あきらないで良かった!

だけど題名でそのシーンの動画を探して見ましたがヒットしない。。。

ブログに上げた人が消しちゃったんでしょうね。
まぁ。題名がわかっただけでも良しとしよう。

これは絶対に消さないで下さいねー。

ゲスト | URL | 2022-04-14(Thu)02:01 [編集]


Re: タイトルなし

 コメントありがとうございます。

この橋でロケが行われた代表作としては、1950年公開された東宝製作の(また逢う日まで)でしょう。

当ブログでは未だ取り上げていませんが、久我美子と岡田英次が戦時下に橋の上で「生きているって素晴らしいことだ」と話す場面が記憶に残っています。 DVDがレンタル・販売共にありますので、ご覧ください。

当ブログでは(241.どっこい生きてる)で、貧困故に妻子を 親戚宅へ預けるべく 橋の上から見送る場面があります。

小生 長年に渡って 両太子橋を両大子橋と 間違えて表記していた点を、教えて頂き ありがとうございました。
順二訂正致します。(何分 両太子橋が映った映画が多いもので・・・)

テツエイダ | URL | 2022-04-14(Thu)17:27 [編集]


両大師橋

 このブログでも度々出てくる両大師橋ですね。用字に異見があるため調べてみました。
 すぐにこちらのページが見つかりましたが、実に詳しく調べてあります。
https://warpal.sakura.ne.jp/yamanote/20uguisu/3daishi/ryou-brg.htm
由来もはっきりしていますし、訂正の必要も無いと考えます。

大森山谷 | URL | 2022-06-17(Fri)21:59 [編集]


Re: 両大師橋

大森山谷 様  コメントありがとうございます。

両大師橋の由来から変遷まで、実に詳しく書かれていますね 納得です ありがとうございました。

それにしても当ブログでは、8回も登場している橋ですね。

テツエイダ | URL | 2022-06-18(Sat)23:13 [編集]