fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

325.喜劇 各駅停車

1965年9月 東京映画 製作  東宝 配給 公開  カラー作品   監督 井上和男

ナポレオンに憧れる国鉄の 老機関士 寺山源吉(森繁久彌)は 退職勧告に耳を貸さず 煙たがられていましたが、自ら引退を決意するまでの過程を 機関士生活を通して描いた 人情喜劇映画です。

冒頭 高崎第一機関区の 給炭用ガントリークレーン横を D51形蒸機が走り、
700-1.jpg
傍らの事務所内では 菊岡助役(山茶花究)の退職勧告を 寺山は断固拒否しています。
続いて C1246蒸機が 客車列車を牽いて走り、キャブでは 寺山が機関助士の竹尾(石井伊吉)に「ボヤボヤするな」などと叱っています。
325-1.jpg

次に点検途中の 機関士 杉二郎(名古屋章)と組んでいる助士の丸山咲平(三木のり平)は、桐生駅へ入って来た 客レのデッキから手を振る女性に見とれています。
700-2.jpg

700-3.jpg

700-4.jpg
その様子を見ていた杉と竹尾は、呆れています。やがてこの高崎行の列車は、デッキから手を振る女性と共に去り行くのでした。
700-5.jpg

その後 交番編成が替わり、丸山は寺山と 組まされてしまいます。菊岡助役は 乗務して退職を説得してくれと願いますが、丸山は交換条件として 今の貨物列車乗務を続けさせてくれと要求します。
700-7.jpg
いよいよ寺山と初乗務の日 貨物列車は順調に進みますが、
700-8.jpg
丸山は前日に タコの食いすぎで腹痛を起こした影響で 大間々駅では早くもトイレに駆け込む始末です。
700-9.jpg

その後も腹痛が酷くなる丸山は 上神梅に続いて 水沼でトイレに駆け込みますが、
700-11.jpg
発車に間に合わず 丁度非番でホームにいた高橋(佐原健二)が 助士を引き受けてくれました。
漸くトイレから出て来た丸山は 動き出している列車に驚き駆け寄ると、700-13.jpg
最後部の無蓋車に 飛び付いて乗り込みます。すると貨車前方部には、高橋の新妻が座り込んでいたのでビックリです。
丸山は機関車迄 貨車を伝って移動し、
700-15.jpg
キャブの天窓から戻るのでした。そして列車は無事 終点の足尾本山駅に到着し、
700-16.jpg


700-17.jpg
高橋は無蓋車から新妻を降ろしてあげています。
700-18.jpg
一方その頃 機関区では 寺山の後任にと転属して来た大田(南利明)が、いつまでも本乗務出来ない不満を 菊岡助役に訴えていました。
700-19.jpg

台風が襲来した夜 高橋が乗務する C5016蒸機牽引列車が 脱線転覆し 寺山は救援列車を C11353蒸機で運転して現場へ向かいます。
700-21.jpg 
機関車と先頭の客車が転覆していて、高橋は機関車の下から救出されますが 亡くなっていました。
700-22.jpg

それからある日 寺山は乗務中 蜂に刺されて 顔が腫れあがり、助役から休むように言われます。明け番後 寺山は目が気になっていたので、病院で検査を受けてから 急いで出勤します。
ところが機関区では 大田が寺山に代わって 勤務することになっていて、大田は始業点検をしています。そこへ到着した寺山は、周囲が止めるのも聞かずに
700-23.jpg

700-24.jpg
大田を殴り降ろして 発進してしまいます。

長く組んで乗務する内 寺山を尊敬する様になった丸山は、寺山の行動を応援するのでした。
700-25.jpg
寺山も仕事熱心で責任感が強い丸山のことを いつしか認めています。
この強引とも思える乗務を最後に 引退することを 折り返しの休憩時に 丸山に伝えた寺山は、万感の思いで帰りの仕業をこなして
700-27.jpg
転車台から機関庫へカマを納めると
700-29.jpg

700-31.jpg
長々と汽笛を鳴らして カマに別れを告げました。
そして菊岡助役や 取り巻く乗務員に、本日をもって職を辞することを告げて 一同を驚かせるのでした。
700-32.jpg









PS.
  本作では高崎第一機関区所属の C12形蒸機が足尾線を走る姿を映していますが、ロケ当時 足尾線担当は桐生機関区でした。冒頭客レを牽く2枚目の画像では、運転する寺山の下部の 所属区札がこのシーンだけ(桐)となっています。

高崎第一機関区は 基幹機関区だけに 大規模の給炭用ガントリークレーンや 最後から3枚目の様な 雄大な扇形機関庫等、協力する国鉄としては 平台から石炭を手積みする等 規模が小さい桐生機関区よりは 立派な機関区で撮影したもらいたかったのでしょう。
  なおロケの3年後には 桐生機関区は廃止されて、所属するC12形蒸機は 高崎第一機関区へ転属の上 足尾線無煙化の1970年9月末まで走りました。

  また冒頭で足尾線から 桐生で両毛線に乗り入れて 高崎まで走る客車列車が映っていますが、足尾線では 1960年に完全DC化されていますので ロケ用に編成の上 走行させたと思われます。

  腹痛の丸山に代わって 助士を引き受けた高橋は 振動が激しく過酷な 無蓋車に妻を乗せますが、作中では機関車の次位に 車掌用席が有る ワフ22000形緩急貨車が連結されているのに 利用しなかったのは不自然ですね。

  転覆事故場面の C5016蒸機は、当時相模線管理所で 第一種休車でした。ロケ協力として 相模線にて 旧型客車と共に横転させて、迫力ある事故シーンを撮影したそうです。でもC50の炭水車は 何処へ消えたのでしょうか。

  最初に寺山と組んでいる竹尾役の石井伊吉とは本名で、三年後に毒蝮三太夫と改名する男の若き時代の姿です。



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

喜劇 各駅停車

「喜劇 ××××」とタイトルに「喜劇」と冠がついているものには、本当に面白い(funny & comical)映画があったためしはない。
この映画も笑えるシーンは三木のり平が タコの食いすぎで駅ごとにトイレに行くシーンだけ(まさに各駅停車なのだ)だが、全体として松山善三の脚本で優れたドラマになっている。

今ではめったにお目にかかれない蒸気機関車での撮影が大半を占めるので、鉄道ファンには万金の値打ちがあるものではないか。

機関車と先頭の客車の転覆シーンはセットかと思ったら、国鉄の協力で本物の車両を共に横転させて撮ったものと知って、実に驚いた。

映画とはいえ、多くの死傷者を出した転覆シーンに一度使用した車両を再び起こしレールに戻して、後日に乗客を積んで運行した???

車両も線路も、そんな不吉なロケによくぞ貸し出したものだ。

当時の国鉄はそれほど大らかで、「ゲン」にこだわりがなかったのだろうか。

また、当時の機関士などが酒を飲んで乗務につくことも時折あったらしい。
そのような飲酒運転(森繁ものり平も)を匂わすシーンもこの映画にあった。

この映画で驚いたこと:
当時は国鉄には(慣例はあっても)定年がなかったこと。

この映画で笑ったこと:
デイトで女の子がのり平に「約束の時間にピッタリね」と言う。
のり平「そりゃ、国鉄マンですから」と答える。

成程、一種の職業病みたいなもので、国鉄マンは二十四時間時計ばかり見ていて、非番でも時間が気になって仕方がないのだろう。

赤松 幸吉 | URL | 2020-12-06(Sun)19:12 [編集]


Re: 喜劇 各駅停車

 赤松様 コメントありがとうございます。

信越本線の実在機関士がモデルだったそうですが、松山善三氏の脚本で人情味あふれる物語となっていますね。

機関車転覆シーンは廃車候補の第一次休車中のC50形蒸機を使ったので、そのまま廃車となった様です。

相模線の本線上ではなく駅の側線でロケが行われたにしても、国鉄の大変な協力があったから出来たロケでしょう。

テツエイダ | URL | 2020-12-06(Sun)22:34 [編集]


この映画、だいぶん以前にテレビで見ましたが、事故のシーンは見た記憶が無いのです。カットされたんでしょうか・・事故シーンの撮影の事は、本で読みました。事故復旧訓練も兼ねて行ったようで、操重車(クレーン車)も動員した大掛かりな撮影だったようです。

つだ・なおき | URL | 2020-12-07(Mon)22:17 [編集]


Re: タイトルなし

 つだ・なおき様 コメントありがとうございます。

そうです 小生も初めて観たのは、45年前頃の日曜日午後だった記憶があります。

そして事故シーンは、やはり記憶にありませんね。放送時間枠の関係で、カットされていた様です。

作品中の尺としては僅かな長さに、国鉄の熱意を感じる場面ですね。

テツエイダ | URL | 2020-12-07(Mon)22:28 [編集]


鉄道員としての誇りが感じられました

テツエイダ 様

 ED76であります。

 「森繁久彌」氏は、小生には「屋根の上のバイオリン弾き」での「人生を生き抜いた年老いたユダヤ人」役が印象強い名優のお一人です(小生の両親は「駅前○○」シリーズの映画をデートでよく観たとか・・)。
 よく「森繁病(喜劇役者がシリアスな演技で注目されて、喜劇からシリアスな芝居に転じたがる考えを揶揄した言い方)」とか言われていましたが、個人的には幅広い演技ができる俳優という印象があります。特にこの「喜劇 各駅停車」は、「森光子」氏や「岡田茉莉子」氏、そして嫌味なエリート機関士(?)役の「南利明」氏(「ハヤシもあるでよ」の名セリフ)などに脇を固められた、代表作の一つに挙げても遜色ない作品であると思っています。

 テツエイダ様が挙げられていた「高崎第一機関区」で「寺山機関士(森繁氏)」が、最後の乗務を終えて蒸気弁を思い切り引いて・・・というシーンが印象的ですが、小生はその前段である「円山機関助手(三木のり平氏)」と「寺山機関士」が、最後の乗務を坦々とこなしている姿に感動を覚えてなりません。
 突然に乗務を降りることを伝えられ、動揺しつつも「安全に定時で」黙々と貨物レを運転する「寺山機関士」と「円山機関助手」の姿・・・。まさしく鉄道員としての矜持とプロ意識。そして、2人を見守るがごとくの美しい「渡良瀬川の渓谷」。小生、不覚にも熱いものが流れてしまいました。平凡な取組の蓄積が、不断の安全につながるのだという無言のメッセージのように感じられたのです。一瞬でしたが、台風で後輩の機関士(佐原健二氏)が死んでしまい、乗務員の命と併せて鉄道の安全を絶対に守ってやるという自負が感じられた転覆事故のシーンとの対比が、小生の心をとらえたのでしょうか・・・。

 失恋してトンネルで飛び込み自殺しようとした「円山」を泣きながら殴りつけた「寺山」。そして、号泣しながら「寺山」に抱き着く「円山」の姿。正直、後半は愚妻に引かれてしまうぐらい、ティッシュを握りしめながらの鑑賞でありました。

 P.S
  ちなみに「旧国鉄足尾線」は、乗り鉄作家「宮脇俊三」氏が、「間藤」駅で全国の国鉄完乗を達成された線区です(小生も、あと完乗まで、250km程度なのですが、なかなか・・・)。

ED76 | URL | 2021-10-18(Mon)17:20 [編集]


Re: 鉄道員としての誇りが感じられました

ED76 様 コメントありがとうございます

本作は喜劇と銘打っていますが、シリアスな一面もあって印象深い作品ですね。

また現役時代の生き生きとした足尾本山駅が映っている点でも、価値ある作品であると思います。


PS.
  小生も全国の鉄道完乗まで93.5%の段階で一時停止状態です。

テツエイダ | URL | 2021-10-18(Mon)22:00 [編集]