fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

255.婦系図より 湯島に散る花

1959年10月 新東宝 製作 公開  カラー作品   監督 土居通芳

恩人 酒井俊蔵(佐々木孝丸)への義理と、お蔦(高倉みゆき)への愛情の間で苦悩する苦学士 早瀬主税(天地茂)の姿を描いた悲恋映画です。
1907年に発表された泉鏡花の長編小説 [婦系図] を原作として、1934年公開の松竹作品から各社で6本製作された映画の内の5本目です。

早瀬の陸軍士官学校講師就任祝いの宴席で酒井から芸者 蔦吉(お蔦)を紹介された早瀬は、その夜から恋仲となって芸者を引退した お蔦と秘かに同棲し始めます。
ところが酒井の娘 妙子(北沢典子)との婚姻を狙うライバル河野英吉(江見俊太郎)の仲介願いを断ったことから、河野の奸計によって お蔦と同棲している件を酒井に知られて 別れる羽目になります。

湯島でお蔦に別れを告げた失意の早瀬は、酒井が託した「世界史の翻訳編纂」を故郷で行うべく九州へ向かうことにします。
東京駅ホームの待合室が映り
255-1.jpg
「8番線の列車は(午後)9時40分発 二・三等急行 下関行です」と構内放送が流れる中、三等車内には背広姿の早瀬が既に乗り込んでいます。

そこへ妙子が現れ「私 九州まで早瀬さんに付いて行きます お父様も御承知なの」と言うので、
255-2.jpg
「僕はお嬢さんを好きでしたが、運命は僕とお蔦を結んでしまいました 別れたとはいえ今更どうにもなりません」と断り 帰宅する様 妙子を諭す早瀬です。
その時 お蔦が手土産を持ってホームへ現れ早瀬を探しますが、発見したのは急行列車内で話し込む早瀬と妙子の姿です。
255-3.jpg

早瀬の説得を承知した妙子は、発車ベルが鳴り始めたのでホームへ降りて見送ります。
255-4.jpg
ベルが鳴り終わると早瀬はホームの左右に目をやり、お蔦が来ていないか捜している様子です。汽笛が鳴り響き、機関車の動輪が動き出します。
255-5.jpg
汽車の動きに合わせて歩きながら「さようなら お元気で」と伝える妙子ですが、その背後には必死にハンケチを振って存在を伝え様とする お蔦の姿がありました。
255-6.jpg 

255-7.jpg
その姿を見付けた早瀬は、「あっお蔦」と呟き 頷くのみです。
255-8.jpg
そして悲し気なBGMと共に、汽車はゆっくりと お蔦の視界から遠ざかって行くのでした。
255-9.jpg
一年程過ぎたある日 お蔦は「世界史の翻訳 全巻完成 !! 功労者早瀬文学士上京す 在野の名士集め祝賀会開催」と記載された新聞を読み、俄然 早瀬への思いが募り 一目会いたくなるのが人情・・・となります。
先ず「東京~東京~」とナレーションが流れる日中 C58形蒸機が登場します。
255-10.jpg
そして下関からの急行列車の到着時刻に合わせたのか、暗くなってから東京駅のホームには早瀬を待つ お蔦の姿があります。しかし到着した列車の中を見ても、ホームを捜しても見当たりません。
255-10-2.jpg

午後八時、九時、十時と過ぎてゆき ホームを行き交う人も次第に少なくなっていきます。列車が到着する度に、必死に早瀬を捜すお蔦ですが会うことが出来ません。
255-11.jpg
時計の針が十一時を指す頃 何時しか雪が降りだし、停車している列車の屋根にも積り始めています。冷え切ったベンチに寂しく座る お蔦にも雪が降りかかっている様です。
255-12.jpg
かくして悲しい結末へと転がって行くのでした。






PS.
   原作は明治末期の話ですが、本作の時代設定は登場人物の服装や街並みが10年以上先の様に思えます。(上野不忍池の畔で、ひと時の逢瀬を楽しんでいる場面は除く)

   そこで早瀬が乗った列車ですが 東京駅から出発しているので、明治期ではなく東京駅が開業した 1914年(大正3年)12月以後です。(東京駅は予算を掛けて作り込んだセットで、エキストラも多数動員しています)

   早瀬の記事が一面に載った東都大学新聞も日付は不鮮明で具体的な時期が分からないままでしてが、終盤 危篤のお蔦を見た酒井が早瀬に打った電報に(2.1.22)と日付があるので 昭和 2年(1927年)と思われます。
   そこから考えると早瀬が九州へ向かったのは、1925年末か翌年初め頃と推定します。そして電報の宛名の「タカナベ」から、早瀬の故郷は宮崎県高鍋と思われます。

   1926年発行の時間表(1925年10月改訂版)によると、早瀬が乗ったのは東京 20:10(当時は太字で 8:10)発 三等急行下関行5レと思われます(後続の急行下関行は一・二等専用) この列車は終着駅 下関に翌日の 21:38の到着です。(所要25時間28分)
   続いて 21:58発の関門連絡船に乗り換え、門司に 22:13に到着して宿に泊まります。翌朝 6:40 発 吉松行 241レに乗れば高鍋には 17:15頃の到着となり、大変な長旅です。


鉄道シーンは殆どセット撮影ですが、9枚目の画像は両国駅を去り行く蒸機牽引列車と思われます。カラー作品は当時 夜間撮影は苦手で、仕方なく夕方出発する列車のカットを入れたのでしょう。
   また10枚目の C58形蒸機の登場シーンは、同じく両国駅へC58牽引の列車が到着した時 先頭部分を映したものと思われます。

   
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

湯島に散る花

映画で「お蔦」を演じたのは田中絹代、山田五十鈴、高倉みゆき、山本富士子、万里昌代で、その艶やかさと気品から言って山本富士子がbestだと思う。

さて、駅での別れのシーンだが、私見だが最も秀逸なのはマキノ正博の「婦系図」(1942年)。

お蔦(山田五十鈴)が主税を人混みの中で探し回る足取りをまるで阪妻の活劇チャンバラもどきにドラマチックに撮っていたし、駅のセットもまた大がかりで臨場感溢れる明治末期の新橋駅を再現していた。

この「湯島に散る花」は余り記憶に残っていないが、お蔦が雪の舞うベンチに腰掛けているスチール写真(最後から一枚目と二枚目)を見直すと、まるでフランス映画のように悲しくもロマンチックなシーンであり、もう一度この映画が見たくなった。

「愛染かつら」と同様に、別れの駅は「東京」だったり「新橋」だったりするのですね。

プラット・フォームにはマキノ版では「しんばし」と大映・衣笠版では「志んばし」と表示されていますが、「湯島に散る花」では「とうきょう」となっている。

明治・大正時代は中央駅としてのランクは「東京」ではなく「新橋」だったのですかね。


以下掲載不要です

監督:土居【道】芳 → 【通】芳

酒井:佐々木【秀】丸 → 【孝】丸

赤松 幸吉 | URL | 2018-04-01(Sun)15:12 [編集]


Re: 湯島に散る花

 赤松様 続けてのコメントありがとうございます。

小生 残念ながら「婦系図」は本作しか観ていないので、マキノ正博監督の「婦系図」(1942年)は観たいですね。

東京駅の開業(1914年)以前は東海道本線の起点は新橋(旧汐留貨物駅の位置)だったので、時代設定が原作通りならば新橋だったのでしょう。 明治末期における東京の中央駅は?となれば、旧新橋駅だったと思います。

(以下掲載不要です)の部分だけを編集できないので、すみませんがそのまま公開してしまいました。ご指摘箇所は訂正させて頂きます。

テツエイダ | URL | 2018-04-02(Mon)22:33 [編集]