日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

238.女のみづうみ

1966年8月 松竹 配給 公開  現代映画社製作   監督 吉田喜重

結婚8年目を迎えた水木宮子(岡田茉莉子)が出入りのリフォーム デザイナーと密会の折 撮らせたヌード写真ネガを、夜道で男にバッグごと奪われ 脅迫されるサスペンス調映画です。


男から「明後日 上野発 4:28の急行に一人で乗り 切符は片山津まで買え。来なければご主人にフィルムを送り付ける」と電話が有り、宮子は覚悟を決めて 男の指示通り出掛けます。
上野駅広小路口で密会相手の北野(早川保)に会い、片山津へ行くことを告げます。宮子は止める北野を振り切って、着席券の案内看板が目立つ 中央改札口へ向かって歩いて行きます。

宮子が改札口を通り抜ける時、職員が頭上に吊るされた列車案内板を取り換えています。外した案内板には 9:18と記載があり、ロケが行われたのは 9:20頃と思われます。
238-2.jpg
そして 14番線ホームへと歩いて行きます。東北・上信越方面への新幹線が全く無いこの時代、構内はとにかく人人人で ごった返しています。
238-3.jpg

入線している列車の次に入る列車を待つ人か、込み合っている 14番線を進んで宮子は乗車します。デッキから入った車内は 指定席一等車の様で、通路に立っている人もいる中 女子の隣に座ります。
238-4.jpg
一方北野は迷った末に入場し、14番線へと急ぎます。ホームを前方へ急ぎ足で進みながら車内の宮子を探して行くと、漸く窓際に座っているのを発見するも 一瞬目を合わせただけで視線を外す宮子なのでした。
238-5.jpg

その後 暗くなった車窓を見つめる宮子の姿が映った後、列車は とある駅に停車して下車します。構内放送から「北方線 脱線事故の為 片山津方面の方は当駅の待合室でお待ちください」と聞こえて来ます。
宮子が暗いホームのベンチに座っていると
238-6.jpg
男が近寄り「お困りでしょう」「いいえ」「どちらまで」「片山津です」と短い会話があります。どうやら脅迫してきた男が現れた様です。
238-7.jpg

しかし後続列車で北野が追いついたので、男はその場を諦め 宮子は北野と一緒に再開した列車で片山津を目指します。翌朝 EF 80形電機らしきが映った後
238-8.jpg
小さ目の駅舎から出てくる二人です。
ここまで観てくると 上野から宮子が乗ったのは、10:00発の 601レ急行 白山 福井行と思われます。脱線事故があった北方線とは北陸本線と思われ、高岡か金沢辺りで運転見合わせとなったのでしょう。
片山津温泉は有名ですが片山津という駅は無く、最寄りの駅は動橋(いぶりはし)です。宮子と北野が下車するロケが行われた この駅は北陸本線 金津駅の様ですが、謎の男が二人の後を付けています。
238-9.jpg

それから片山津温泉で宮子・北野・男 桜井銀平(露口茂)のやり取りがあり 再び 北野を振り切って桜井の所へ向う時、ロケ前年9月に廃線となった北陸鉄道片山津線の廃線跡沿いの道を歩いて行きます。
レールを剥がされ、砂利と柵柱だけ残され 車の置き場となった姿が哀れです。もう一年前にロケが行われて、北鉄の電車で二人が片山津温泉を目指す場面があったら良かったのですが・・・
238-16.jpg

宮子は桜井を東尋坊の崖から突き落として 写真も焼き払い 解決したと思ってホテルへ戻ると、北野から電話で全てを聞いた夫 水木雄造(芦田伸介)が夜行列車で来ていました。
男は死んだと聞かされた水木は、帰ろうと告げます。ED 70形電機の走行シーンの後
238-10.jpg
何処か不明の駅のホームで待つ水木・宮子の前に
238-17.jpg
直江津行のサボを吊り下げた旧型客車列車が到着します。

無言で向かい合わせに座る二人の横の窓越しに、戸袋が丸形窓になっている特徴のある車両が一瞬映ります。ひょっとしたら京福電鉄のデハ 106形でしょうか?
238-19.jpg
京福電鉄 永平寺線・丸岡線で走っていた車両なので、ホームの様子などから永平寺線と北陸本線が接続する金津駅と思われます。

列車が駅から離れて加速した頃 突然前方のデッキから桜井が現れ、宮子の前を無言で通過して最後部デッキへ歩くのを宮子は追って行きます。
238-12.jpg
水木は桜井の顔を知らないので、トイレにでも行くのだろうと気にしません。最後部デッキで桜井は「奥さんの計画は失敗しましたね」と言いますが
238-15.jpg
その後の展開は?という所で唐突にエンドマークです。








水木と宮子が金津駅から乗ったとすると 下りの北陸本線を日中走る普通 直江津行は、手元にある 1967年5月改訂時刻表では 11:05発の233レが唯一の列車です。
そしてこの列車に乗ると 金沢に 12:29到着し、13:00金沢始発の 1002D特別急行はくたか号に接続して 上野に 21:00到着するので筋が通っています。

東京に住む人間にとって北陸へ行くのに信越本線経由という思い込みがあるのか、架空列車や駅を登場させても実質 行きは急行白山を使っている様です。
何事も無ければ 10:00発で当時は福井行の急行白山が動橋に着くのが 20:33頃なのです。温泉に行くには遅すぎる時刻です。
一方 東海道新幹線が開通している当時は 東京発 11:35の(こだま115号)に乗れば 14:48 米原着で 15:03発(急行第二立山)に乗り換えて 17:10動橋着と所要時間を比べても大差があります。

鉄道シーンが全編の一割以上ある本作は国鉄の全面協力でロケが行われた様ですが、脱線事故の構内放送(アフレコ?)などよく了承したもだと思います。

当ブログを発表以来 コメントを頂いた中で 石川在住の いずみ様 からの情報により、当初 大聖寺か?と記した駅が 金津駅と判明したので本文を訂正させて頂きました。




関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

女のみづうみ

吉田喜重の女三部作(「炎と女」「情炎」)の一つで、これが一番ストーリー性があるようだ。

いい機会なので、もう一度見直してみた。
吉田作品は難解だとよく言われるが、そのフランス映画のような映像美はピカイチで、他の追随を許さない。

1シーン、1シーンがpoetic 、photogenic で目の覚めるように美しい。
鏡やガラス越しの画面が多く、すべてが虚像と言いたいのだろう。

夜のプラットフォーム駅は、岡田が自宅への電話で「今、小松駅にいるの」と言っているので、小松駅でしょう(実際のロケ駅は別かも知れませんが)。

クレジットに協力「北陸鉄道」「石川交通」(「国鉄」はなし)とあるので、車両内撮影はすべて「北陸鉄道」ではないでしょうか。

また、「片山津」という実際の駅がないのに、男が脅迫電話で「切符は片山津まで買え」と言うのも変ですね。

赤松 幸吉 | URL | 2017-08-11(Fri)10:26 [編集]


Re: 女のみづうみ

赤松様 コメントありがとうございます。

「今、小松駅にいるの」の部分は聞き逃していました 流石ですね。当時 小松駅から国鉄に対して直角方向に北陸鉄道 小松線が出ていたのですが、電車で運行していたので車内シーンは国鉄の協力と思います。

本編でも書いたように 北陸鉄道小松線では車両の検査時などに、連絡線を臨時に設置して施設の有る他線へ運んでいたそうです。
それで特徴あるサハ 1601が小松駅の側線に留置されていたと推理した訳です。

しかしながら小松駅だとすると片山津温泉最寄りの動橋までは2駅 距離 10.7㎞ですから、男が言った「車で30分程行った所に感じのいい温泉が有る」という言葉が当てはまるのです。なにも開通まで長時間待つのも、地元の人からすればあり得ないと言われそうですね。

テツエイダ | URL | 2017-08-11(Fri)21:05 [編集]


初めまして

初めまして。
いつも楽しく拝見しております。
北陸の鉄道に詳しいお方に
貴ブログをお見せしましたら、
丸窓電車は、京福の丸岡駅では
無いか?との事でした。

社紋もそうだそうです。
ご参考まで、書き込みさせていただきました。

いずみ | URL | 2017-08-12(Sat)15:06 [編集]


Re: 初めまして

 いずみ様 コメントありがとうございます。
初めまして 当ブログをいつも閲覧していただき、ありがとうございます。

なるほど!社紋からして、京福電鉄の様ですね。とするとデハ106形辺りが相当するので、丸岡線の丸岡駅が国鉄との連絡駅として考えられて お答えされた様ですね。
ぼんやりとした菱形の社紋から京福電鉄ではと推察するあたり、更に消えた京福の丸岡駅への連想、さすが 北陸の鉄道に詳しいお方です。

映像をもう一度スローで観ると 丸窓電車の姿がホームの待合室に掛かった後、一瞬 後半に AZL と読める駅名板が映っています。
クイズの様ですが、この地方にある駅なのか不明でした。でも L は U の左半分しか映っていないのでは?と推理すると、永平寺線の金津駅が接続している国鉄 金津駅も推察できます。

映像では駅名板をあえて白ぼかしに加工して隠した様なのに、何故か AZL 部分は読める様にしてあるのは後世へのメッセージでしょうか? 小生には 当時の両駅ホームの様子が分からないので、できれば北陸の鉄道に詳しいお方の御意見をお願い致します。
                                               

テツエイダ | URL | 2017-08-14(Mon)12:11 [編集]


金津だと思います!

丁寧なご返答をくださり、どうもありがとうございました。
本日、ご本人にお会いして「金津ではないですか?」と聞いてまいりましたら、しばらく考えられた後「そうか金津でも京福と接続していたか」とおっしゃっていました。
「AZUと見えているようなら、間違いないでしょうね。敬服いたしました!」と、京福にかけて笑っておられました。(*^^*)

私なりにも調べてみましたが、ホームの屋根の長さなど、駅の規模からしても、丸岡駅より金津駅の方が濃厚だと思いました。

さらに、調べるとED70のシーンの跨線橋の窓の並びが、昭和43年6月に京福電鉄側から撮られた写真の背景にある、跨線橋の窓の並びと同じだったので、金津駅だと確信いたしました。

ただ、金津駅の旧駅舎の写真が手持ちの資料では見つからず、可能性は低いですが二カ所でロケをしていたら…との疑念も残ります。

私は石川県民なので、石川ロケで鉄道が出てくる映画のDVDを集めていますが、まだまだ知らない映画だらけで、いつも勉強させていただいております。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

いずみ | URL | 2017-08-16(Wed)22:38 [編集]


やはり

何度も申し訳ありません。
さらに、調べておりましたら
昭和37年の金津駅の写真が
出てきました。

http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/08/m-exhbt/200802AM/200802.html

窓の並びと、出口のひさしの雰囲気から、やはり金津駅のようですね!

何だか、少しスッキリした気持ちです。

右かもっと写っていて、丹頂型の電話ボックスと、人陰のポストが、もう少しハッキリ見えていたら確実なんですが、そこまでは贅沢でしょうか(笑)

いずみ | URL | 2017-08-16(Wed)22:56 [編集]


調査 ありがとうございます。

いずみ様 小生のリクエストに応えていただき、ありがとうございます。 
更に金津駅舎資料まで探していただき、8枚目画像の二人が出てきた駅は金津駅に同意致します。

11枚目画像の宮子と夫が立つホームの背後に映っているのは、北陸鉄道 永平寺線 金津駅となりますね。隣のホームが6番線と表示されている謎も国鉄 三国線が残っていた金津駅なら頷けます。
東尋坊でのロケと絡めて金津駅で撮影が行われたのでしょうか。

いずみ様とのロケ地をめぐる楽しいやり取り、ありがとうございました。 これこそ当ブログを書いている上で、一番の喜びです。
石川ロケで鉄道が出てくる映画と言えば 有名な「ゼロの焦点 1961年」がありますが、50本に一本取り上げる有名作シリーズの次回 250回記念作として登場させますので ご期待ください。

今回 ロケ地が金津駅と判明したことから、本文の訂正をさせていただきます。

テツエイダ | URL | 2017-08-17(Thu)11:35 [編集]


楽しみです!

こちらこそ、ありがとうございました!

自分のように、地元のみならず
全国のロケ地を特定される
テツエイダさんに、頭が下がる思いです。

ゼロの焦点、楽しみにしております。(*^^*)

余談ですが、禎子が聞き込みをして
金沢の街をまわるシーンに、
用水沿いに「ほねつぎ」の看板が
出てきますが、そこは親戚の家です。

見つけた時、嬉しくなって母親に
連絡したら、「それは伯父さんの家ではなく、隣の助産院でロケしたんや」と言っておりました。
と言うか、出ていたのを知っていたなら
教えて欲しかったです(笑)

ちなみに、同じ場所が、
貴ブログで知った映画
「あらかじめ失われた恋人たちよ」にも
出てきましたが、その頃には
助産院の看板は無く、
ほねつぎだけは相変わらずありました。

建物は建て変わりましたが、
母の伯父は90を過ぎてなお
接骨院を続けております。

長々と失礼いたしました。
次回の更新も、たのしみにしております(*^^*)

いずみ | URL | 2017-08-17(Thu)12:07 [編集]