日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

234. 黒線地帯

1960年1月 新東宝 製作 公開   監督 石井輝男

週刊誌にネタを売り込むフリーの雑誌記者 町田広二(天知茂)が追っていた麻薬・売春組織のワナにハマるが、ヌードダンサー 摩耶(三原葉子)の協力で組織を暴く 新東宝ラインシリーズ第二弾のサスペンス・アクション映画です

横浜の人形店から人形に仕込んだ麻薬を運ぶ摩耶を尾行する町田は、新宿の洗濯屋に辿り着きます。洗濯屋の泰造(守山竜次)にブツを渡した摩耶を、町田は強引に自分のワーゲンに乗せるのです。
摩耶が騒いだので ワーゲンを発進させますが 急勾配の大谷石壁に仮設ホームを取り付けた様なこの場所は、西武新宿線 西武新宿駅 1番線ホーム下の様です。( 当時は新宿駅ビル乗り入れまでの仮駅状態でした )
234-1.jpg

一連の動きを町田のライバル 東洋タイムスの鳥井五郎(細川俊夫)も見張っていたので、会社の車でワーゲンを尾行します。どうやら車は横浜税関方面へと向かう様です。
そして鳥井が車を先へと回り込ませて停車させた場所は、新港埠頭の6番岸壁付近の様です。横浜臨港線の横浜港駅の荷扱線らしき場所で、現存する赤レンガ倉庫の一部も映っています。
234-2.jpg

麻薬・売春組織のワナにハマって殺人容疑者として追われている町田は、鳥井に証拠の点で限りなく黒だと言われます。鳥井には 48時間の猶予を与えるが、過ぎれば警察へ通告すると宣言されるのでした。
組織に密告されて一緒に逃走する途中で、ケガを手当てしてもらった摩耶は恩を感じて町田に組織の話しをします。山下町のクラブの裏口に踏み込んだ町田は、組織のボス 橘祐吉(大友純)を締め上げ 吐かせます。

ところが拳銃を持った殺し屋のジョー(宗方祐二)が現れ、逆転ピンチです。しかしジョーが撃ったのは橘で、組織を乗っ取るつもりの様です。その時女子高生の美沙子(三ツ矢歌子)が電灯を壊して大混乱になります。
逃げるジョーを追い掛ける町田ですが、ジョーは通りかかった横浜臨港線の蒸機が牽く貨物列車の無蓋車に飛び乗ります。その車上から拳銃を町田に向けて撃ちますが当たらず、逆に町田が投げた石が当たります!?

すかさず列車に飛び乗る町田 無蓋車上で格闘戦が始まります。
234-12.jpg
前に後ろに移動しながらの殴り合いですが、車内後部にはクッション替りでしょうか ムシロが立ててあります。
234-11.jpg
何故か汽笛が繰り返し鳴るカットが入りますが、特徴ある斜め汽笛で 大型蒸機のC62形やD52形を思い起こします。でも牽いているのは、横浜区のC56 160 機関車の様です。
234-10.jpg

臨港線独特の併用軌道を走り、
234-13.jpg
クライマックスの新港橋梁上から組み合ったまま二人は水中へ転落してしまいます。
234-6.jpg
スタントマンが一人で人形を背負って飛び込んだのかも知れませんが、見事なアクションシーンです。





PS.

   走る蒸機牽引列車の上での格闘と言うと、カテゴリー大夕張鉄道の( 13.新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬 ) を思い出します。場所柄 と機関車運用の都合で、夕刻の撮影となったのでしょうが迫力ありますね。

 本作で登場していると思われる C56 160 蒸機は、1965年に松本へ転属となり飯山線を走った後 上諏訪区へ転属後に幸運にも梅小路での動態保存機に選ばれて現在も元気にしています。

 横浜臨港線の蒸機を担当した横浜機関区は 1967年2月18日のお別れ会をもって、蒸機の使用を終了してDD13形内燃機等に替っています。
その後も貨物衰退が続き( 139.俺は待ってるぜ ) で前述した様に国鉄の横浜機関区は、1986年11月1日付で高島信号所以南の横浜臨港線と共に廃止されました。 


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

黒線地帯

黒線地帯」はライン・シリーズの中の白眉とされているばかりでなく、
石井輝男の新東宝時代の最高峰と見なされている。
ストーリーはテンポよく、場面から場面へと観客を追い立てるかように
駆け抜けていく、このスピード感がたまらない。

当時の時代風俗、都会の光景、庶民の実態が見事に活写されて
いる上に、ラストのにはおまけの活劇シーンまで用意されているのだ。

わずか80分でも見せ場が満載、現在の映画は2時間近くが
普通になっているが、才能のない監督ほど長い作品を撮りたがる。


映画を志す若者はこの作品の演出法(モンタージュ)を研究してみるとよい


同じ列車での格闘シーンでも、北海道・大夕張鉄道での
「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」はたっぷりと距離も時間もあっただろうが、
それほど長いとは思えない横浜臨港線でこれだけのexciting & thrilling
& dangerous な撮影を行えたのは奇蹟に近い

横浜臨港線は一体何キロほどあったのですか。

日本映画では普通無蓋車でのアクションが中心だが、
アメリカ映画の「北国の帝王」「大陸横断超特急」などでは
本物の列車の屋根の上で格闘シーンが撮られている。
しかし「黒線地帯」はこれらの米映画に「見た感じ」では
決して引けを取っていない

日本では(疾走する列車の)屋根の上での撮影には
当時法的規制があったのか、またそれがやれる
スタントマンがいなかったか、だろう

赤松 幸吉 | URL | 2017-05-26(Fri)10:29 [編集]


Re: 黒線地帯

赤松様 長文のコメントありがとうございます。

ロケが行われた横浜港方面は、高島~横浜港4.3km.とあまり長くはありませんでした。

列車上での格闘シーンは、東横浜~横浜港を夕刻に往復して撮影した様です。

外国映画に屋根上での対決場面が多いのは同感です。日本映画でも当ブログ(カテゴリー尾小屋鉄道 150. キィーハンター荒野の列車大襲撃作戦)ではTVドラマですが、走行中の屋根上で迫力あるアクションシーンを見せてくれています。

テツエイダ | URL | 2017-05-26(Fri)10:55 [編集]