日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

214.にっぽん泥棒物語

1965年5月 東映 製作 公開   監督 山本薩夫

泥棒が裏稼業の林田義助(三國連太郎)は土蔵破りに失敗して 逃走の途中で、列車転覆事件の犯人に遭遇したことから真実を語ることで被る不利益と平安な生活とで悩むコメディタッチの社会派映画です。

林田は保釈中に拘置所内で知り合った馬場庫吉(江原真二郎)と土蔵破りを図ります。馬場と待ち合わせの杉山駅(架空駅)を出ると、
214-1.jpg
駅前では国鉄の人員整理反対署名活動で賑やかです。
駅構内では、8620形らしき蒸機が入換作業中の様です。
214-2.jpg
二人で高台から目当ての呉服店を偵察していると、右方向の築堤をD51形らしき蒸機が貨物列車を牽いて豪快に黒煙を吹き上げながら走り抜けて行きます。
214-3.jpg
山本監督が前作「松川事件」と同様 佐倉付近でロケを行ったとすれば、総武本線 佐倉~物井の旧線が候補の1つに想像できます。

深夜に大竹呉服店の土蔵破りに失敗した林田と馬場は、線路沿いに逃走する途中で9人の大男とすれ違ったのです。その夜明け 半鐘が連打される音で気付いた林田は、列車転覆事故を知ります。
林田は村人達と走って事故現場へ駆け付けると、停車している列車の最後部では車掌か警官がヤジウマ達を進行 左側へと誘導しています。
214-5.jpg
そして最前部へ行くと、C51133 のプレートを付けた蒸機がひっくり返って未だ蒸気を上げています。実際の事故映像の短いカットと煙室扉部分のセットを組み合わせて臨場感を盛り上げています。
214-4.jpg

その後 高橋はな(佐久間良子)と結婚して幸せになり 列車転覆事件から10年以上経ったある日、杉山事件弁護団が訪ねて来て 馬場が事件当夜に逮捕された3人とは違う9人の男と会った証言をすると聞いて東京へと向かいます。
上野駅から迎えの車に乗った前を都電8000形らしきが走っています。
214-6.jpg
保釈中に起こした土蔵破りが発覚して収監され 平穏な生活が壊れるのを恐れる林田は、警察の思惑通り3人に会ったと言い通すのでした。

東京に集まった面々が帰る時上野駅地平13番線で、昔 拘置所で出会った杉山事件の犯人 木村信(鈴木瑞穂)と再会します。木村は息子(金子吉延)同伴で来ており、冤罪犯親子の境遇に涙し 考えを変える林田でした。
13番線には 9:30発 703M 急行佐渡 新潟行が停まっています。14番線停車中の旧客は、9:40発 601ㇾ急行白山 金沢行と思われます。ホーム端にはこの時代、準急・急行券売り場があります。
214-7.jpg
最後の画像で 13番線端の木村親子の背後の、15番線にEF57形電機らしきが到着しています。宇都宮 7:40発の普通 524ㇾで、10:04に到着した普通列車と思われます。
214-8.jpg
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

にっぽん泥棒物語

「松川事件」が直球なら、これは変化球で勝負。

登場人物全員が「ずうずう弁」で喋るので、聞き取れないセリフが多かったが、何となく何を言おうとしているかは理解でき、ストーリーを追うには困らなかった。

このブログの性格上、鉄道関係以外の写真も記述もないが、この映画の秀逸な部分は後半のコミカルな裁判シーンにあると思う。
あらためて、三國連太郎は実にうまい役者だとつくづく思います。

「飢餓海峡」と双璧をなす犯罪者の名演技です。

江原真二郎もいい役者ですね。若年寄的なところがいい。
東映期待の青春スターでスタートしましたが、明朗な青春ものでは芽が出ずに、彼の持ち前は屈折した若者を演じたところにありました。

劇中の「黒い九人の男」のシルエットは恐かった。顔が分からず、黒い大男が9人、線路脇に立っている、戦慄すべきシーンです。


戦後の三つの不可解な事件(松川事件、下山事件、三鷹事件)が、いずれも国鉄と関連しているのは更に不可解です。

松川事件の無罪判決について国民は「当然で、よかった」と喜ぶ側と「そうしたら、一体真犯人は誰だ」という疑念を持つ側に二極化されたような雰囲気でした。それが当時の日本社会の縮図でした。

赤松 幸吉 | URL | 2016-08-13(Sat)19:35 [編集]


Re: にっぽん泥棒物語

赤松様 熱の入った長文のコメントありがとうございます。

確かにこの映画 一番の見所は、最後の法廷場面で 印象深い終わり方ですね。

小生としては上野駅地平ホームで、木村親子と対面した場面が記憶に残ります。

テツエイダ | URL | 2016-08-14(Sun)19:00 [編集]