日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

213. 松川事件

1961年1月 松川事件劇映画製作委員会製作 公開   監督 山本薩夫

1949年8月17日未明 東北本線 松川~金谷川で青森発 上野行 412ㇾがレールが外される列車妨害で脱線転覆させられた事件の、捜査 公判過程を高裁判決まで ドキュメンタリータッチで描いた映画です。

福島警察の本間刑事(井上昭文)が福島駅舎前で
213-1.jpg
煙草に火を点ける場面から本作は始まります。当ブログの(8.赤い夕陽の渡り鳥)でも登場した、明治期建築の名駅舎です。
213-2.jpg
1949年9月のシーンですが 1960年3月の東北本線 福島電化後にロケが行われたので、架線下に蒸機の姿があり 汽笛を盛んに鳴らしています。

警察は元国鉄保線職員で国労組合員だった赤間勝美(小沢弘治)に目を附け、組合幹部への憎しみや恐怖心を煽り立て 長期の取り調べ 拷問に依って当局の筋書き通りの供述書を作らされるに至るのでした。
この供述書の確認過程で、赤間は伊達駅長らの不正追及に組合員30名と共に伊達駅へ押し掛け 逮捕されます。
213-3.jpg
追及の時 赤間は不本意に参加した様で、途中で蒸機が停まる伊達駅ホームに抜け出しすシーンがあります。
213-4.jpg
また供述書では事件の謀議が組合事務所で行われた時、松川~金谷川のカーブ地点が最適との意見が出て 日中C57形蒸機牽引の客ㇾがカーブの先から走り寄る場面で現場付近の様子を再現しています。
213-5.jpg
そして実行の夜 現場近くでD51形蒸機牽引の上り列車がカーブの先から近づきます。前照灯で顔を見られぬ様 一同は土手下に飛び降りて伏せ、列車をやり過ごしたのでした。
213-6.jpg

赤間の供述を元に 1949年9月末には第一次検挙が有り、狭い街中の路上に福島電鉄の線路が在る上を警察車両が走ります。10月の第二次検挙では松川駅舎が映った後、東芝松川労組長が検挙されます。
213-7.jpg
そして福島地裁での公判場面で 武田久(藤田啓二)の妹が証言台に立ち、8月16日の晩 本田昇(山科年男)達が家に集まり 酔った本田を駅前の辰巳屋旅館の前まで送ったと証言します。

その回想場面では 本田を見送り 家に帰ろうとする前を、福島電鉄(1962年7月 福島交通に社名変更)軌道線の電車が通過して行きます。
213-12.jpg
福島駅前から湯野町に至る飯坂東線を走るモハ 2000形の 2022です。1960年 日車製で、福島の路面電車 最終新型車でした。軌道線はその後 1971年4月に全線廃止となりました。

赤間に面会の為 赤間の兄 博(名古屋章)が保原支署へ大塚弁護士(宇津井健)と斎藤千(相川延夫)と行った時、福島電鉄 保原駅に到着したモハ 1100形 1113から3人が降りてくるシーンがあります。
213-8.jpg
1100形は電化初期に製造され、戦後 半鋼体化されて全線廃止まで活躍した車両です。軌道線としては立派な保原駅は保原線の終点駅で、ここから掛田線と梁川線が出ていました。

警察と検察の思い描く通りの判決となった一審に続き 仙台高等裁判所での二審判決の日、裁判所前は家族や大勢の支援者で溢れ 多勢の警察官も並んで異様な雰囲気に包まれています。
そんな中 高裁前の道路を仙台市電 循環線の車両が 高等裁判所前電停から普段通り走って来ました。
213-9.jpg
特徴ある形から 1976年の廃止まで走った、比較的新しい 200形車両と思われます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「松川事件」

山本薩夫は4年後の「にっぽん泥棒物語」でも松川事件を主題とした作品を取り上げています。この事件によほど興味があったのでしょう。

この「松川事件」は未見ですが、左翼宣伝映画のご用監督・山本薩夫なので見てなくとも、大体内容は推測できます。

「にっぽん泥棒物語」は、いつもの鼻につく教条主義が削がれており、とても滑稽で面白く、良質なエンターテイメントに満ちた映画にもかかわらず、笑いこけているうちに観客は作者の術策にはまり込み、ある種のイデオロギーを植え付けられてしまいした。
けだし、名作と言えましょう。

実際に事故が起こった地点には現在慰霊碑等が立っているそうですが、この映画の現場シーン(写真5,6枚目)は全く同じ場所でロケしているのですか。

それとも、よく似た別の場所でのロケでしょうか。

同じ場所とすれば、国鉄がよくもロケを許可しましたね。

赤松 幸吉 | URL | 2016-08-02(Tue)10:35 [編集]


Re: 「松川事件」

赤松様 コメントありがとうございます。

C57とD51 の現場シーンは同じ場所ででのロケと思われます。しかしロケ場所は東北本線ではなく、総武本線 佐倉付近だそうです。

 松川事件の記録を見ますと 見込み捜査に合わせた証拠品を後から見つけてくる様に思え、検察側に不利な証拠は隠すなど 第三者の眼からみると疑問点がいっぱいです。
 この映画に続いて次回は、赤松様 ご指摘の「にっぽん泥棒物語」を取り上げる予定です。

テツエイダ | URL | 2016-08-03(Wed)23:01 [編集]