日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

210. 一粒の麦

1958年9月 大映 製作 公開  カラー作品   監督 吉村公三郎

福島県の中学校 教師の井上正治(菅原謙二)が、引率して集団就職した生徒のその後に遭う 苦難に対応して奮闘する姿を追うセミドキュメンタリータッチの青春映画です。

この作品で鉄道シーンはセット部分も含めると合計 17 分余り有り、冒頭から夜の福島駅1番線で集団就職臨時列車に乗車・出発する場面があります。
テープによる県知事挨拶に続き「仙台発 上野行 就職臨時列車がまいります」と構内放送が流れて、見送り人で溢れる1番線にD50 形蒸機らしきに牽かれた臨時列車が到着します。
210-2.jpg

井上は就職者を車内へ誘導しながら小泉夕子(安城啓子)が未だ来ないことを心配して相沢校長(東野英冶郎)らと話しています。そこへ沼田イチ子先生(若尾文子)が改札を通り、夕子を連れて到着しました。
210-3.jpg

210-4.jpg
やがて発車時刻となり、井上はデッキに乗り込み出発の挨拶を交わします。するとイチ子から弁当が渡され、大勢の人達に見送られて列車は福島駅を離れて行きました。

続いての車内シーンはセット撮影の様です。井上先生の説明が終わった頃
210-5.jpg
渡辺梅夫(高島稔)が反対側の窓を開け「村の人が見送ってくれるから」と言ったので、皆窓から顔を出しました。
線路の両側で提灯を振る村人達の間に蒸機が近付き 
210-6.jpg
続いて盛大に提灯や手を振り見送る人達に、客車の窓から大勢の子供たちが手を振って答える中 列車は通過して行きました。
210-7.jpg

次に列車はD50 336蒸機が牽いて、二本松駅へ到着します。
210-8.jpg
こちらのホームでも大勢の人達に見送られ、同じ車両に乗ってきました。発車する時、手に手に紙テープを持って 賑やかな見送りです。
210-9.jpg
そして翌朝 6:00 重連の電機に牽かれて、上野駅へと就職臨時列車は到着します。隣のホームには高崎線用らしき 80系電車が停車しています。東北本線 宇都宮電化は映画公開年の4月14日なので少々苦しいですね。
210-10.jpg

井上とイチ子の結婚式が行われている夜、東京のガラス工場から斎藤誠(金沢義彦)と坂田四郎(小林信介)が逃げ出した電報が届きます。
校長の依頼もあって、井上はイチ子と共に急遽 上京することになりました。セットらしき三等車内で済まないと謝る井上に、イチ子は「新婚旅行だと思えばいいわ」と明るく答えます。
210-11.jpg

斎藤と坂田はガラス工場に戻るのを拒否したので、東京にある福島県人会館に連れて来ました。井上は浜松の紡績工場で男子社員を募集していたのを思い出し、浜松へと向かいます。
EF 58 148らしき電機が牽引する列車が高速で近付くカットの後、小型の連絡船上に井上の姿があります。当時 全線電化されて2年目の東海道本線ですが、未だ大半の電車は沼津迄の運転でした。
210-12.jpg

自動車修理工場で働く西山強(木下雅弘)は三輪車の運転免許を取得し、休日 医院で働く新井香代(田中三津子)を助手席に乗せてドライブします。
くろがねKD型と思われるオープン三輪車で、銀座・皇居前・神宮外苑と走ります。松坂屋百貨店前では都電 40系統の 1100形らしきが前方を走っています。
210-13.jpg

トラックの修理不良から事故の賠償を負い、西山の働く工場は傾いてしまいます。夜 工場解散の相談をしているところへ香代が訪ねて来て、医院が名古屋へ移転するので引越すことになったと告げます。
その工場横の柵も踏切も無い線路を 8620形蒸機牽引の貨物列車が、警戒汽笛を盛んに鳴らしながら ゆっくり通過して行きます。江東区の越中島貨物線から分岐した、南砂町5丁目付近の引き込み線でしょうか。
210-17.jpg

井上は就職担当の仕事を当初は嫌っていましたが、重要性に気が付き次年度も続ける決意を固めます。ラストシーンは福島駅を発車する翌年の就職臨時列車と、懐妊したイチ子をはじめとする見送る人々の姿です。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する