日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

189.君の名は 第二部

1953年12月 松竹 製作 公開   監督 大庭秀雄

ラジオドラマを映画化した作品で、空襲の夜知り合った後宮春樹(佐田啓二)と氏家真知子(岸恵子)が運命に左右されながらすれ違いを繰り返す恋愛映画です。取り上げたのは何れも大ヒットした三部作中の第二部です。

この作品で失職した後宮が北海道で牧場をやっている友人の末永(磯野秋雄)の所へ上野駅から出発する場面から鉄道シーンが始まります。
時代設定は 1948年頃ですが、ロケ当時の時刻通り上野駅6番線 22:45発 常磐線周りの準急青森行の案内看板が先ず映ります。名無し準急のこの列車は、1956年12月の時刻改正で急行おいらせ号となり名前が付きます。
189-1.jpg

青森行のサボが架かった客車の車内では後宮が荷物を網棚へ上げたりしています。そこへ真知子の友人 綾(淡島千景)が見送りに駆け付け、「明日真知子は佐渡を発つよ 言付けは?」と聞きます。
189-2.jpg
続いて暗い上野駅高架ホームから出発して行く蒸機牽引列車が映ります。上野~鶯谷の両大師橋からの撮影と思われます。後方の空の明るさから当該列車ではなく、夕方に発車した列車の姿と思われます。
189-3.jpg

次に車内の場面では、後宮が綾から渡された姉の元恋人 水沢謙吾(須賀不二男)からの手紙を読んでいるシーンがあります。この場面はセット撮影の様に思われます。
そして真知子が嫁いだ浜口家を出て 北海道の後宮の元を尋ねる場面では、上野駅の待合室で列車を待つシーンが先ずあります。改札口の時計は 19:35頃なので、22:00発の急行きたかみ号に乗るつもりなのでしょう。
189-5.jpg

それから北海道の美幌で馬車を操るアイヌの娘 ユミ(北原三枝)が踏切を渡って駅へ後宮を迎えに行くと、後宮の姿は無く 駅長から真知子を牧場へ乗せてやってくれと頼まれ乗せます。
ユミは真知子が後宮を尋ねて来たことを知り、激しくライバル心を燃やします。後日 真知子とユミが出迎える美幌駅に、後宮が乗る丸太を積んだ無蓋車を前に連結した混合列車が到着しました。

半車二等も連ねた網走行のサボが架かった列車で、後宮は最前部のナハフ 14406木造車から降りて来ました。ユミが真っ先に駆け寄り同行を求めますが、後宮は真知子の存在を見て「今日は御客さんだから」と拒否します。
189-9.jpg
後宮と真知子が言葉を交わす横にはナハフ 14390が停まっています。ナハフ 14390は 1910年日本車両製の木造緩急車で、ロケ翌年の1954年秋には天塩炭礦鉄道へと譲渡され 1967年の同鉄道廃止まで使われました。

その後 ユミは失意の内に摩周湖へと身投げし、真知子の元には夫 浜口勝則(川喜多雄二)が同居請求手続きをとった為 裁判所から出頭命令書が届いたのでした。
189-10.jpg
小雪舞い散る寒々とした美幌駅ホームに立つ二人の横に、デフ無しの 8620形らしき蒸機に牽かれた混合列車が到着します。車内に入った真知子は窓ガラスを全開にして別れの言葉を交わすのでした。
189-12.jpg
そして汽車は真知子の涙と共に後宮が見送る美幌駅から、二人の行く末を暗示するかの様に暗い雪空の元をゆっくりと遠去って行くのでした。
189-15.jpg




それにしてもこの美幌駅 あまりにも寂しい駅です。時代設定が大正年間でもないのに田舎じみてます。小生 1975年に降り立った時点では、立派な駅舎でそれなりに大きい町でした。
美幌駅前にロケが行われた記念石碑が在りますが、ラストの悲しい別れのシーンを盛り上げ 殺到する見物人を撒く為 緋牛内駅あたりでロケが行われたのでは?と思われます。
なお この時代は池田~北見~網走が先に開通した関係で、このルートが網走本線としていました。1932年には現在のルートが開通していたのですが、石北本線となったのは、1961年4月からです。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

君の名は

やっと出たかな、という感じ。日本映画と鉄道を語る上では「君の名は」は絶対に落とせない。
新潟佐渡、三重志摩、九州雲仙、北海道美幌・・・まさに日本全国津々浦々。
それにしてもお金も蓄えもそれほど持っていないはずな春樹が、一体どうして日本縦断の交通費や時間を易々と工面できたのだろうか。
まぁ、これを言い出すときりがないので止めておきましょう。

シリーズ中、この第二部が出来ばえが一番良く、とりわけ、哀切極まりないラストのプラットフォームの別れは日本映画屈指の名場面です。
このシーンをもう一度見てみると、各カットが実に見事なまでに計算されて編集されているのに感心させられる。
舞い落ちる粉雪、北の最果てのうらぶれた駅、近づいてくる蒸気機関車、とりわけ二人の顔の表情が秀逸、諦めのような、訴えるような春樹(馬鹿!男だったらもっとしっかりしろよ)、作り笑いをするような、むせび泣くような真知子、それに古関裕而の甘い音楽がかぶさると誰だって泣きますよ。(ただし、この場面では春樹は傘をさしていない方がよかった。降りしきる雪片をそのまま頭髪や顔に悲しく受けとめて欲しかった。)

戦前の「愛染かつら」とこの「君の名は」が恋愛映画の演出用教科書と言われ、後の数多くのメロドラマが両作に影響を受け、特に別離シーンでその手法を模倣しています。
それが現在ではこのようなロマンチックな駅での離別シーンが段々と見られなくなってきている。
それは汽車(電車)の窓が開かなくなったり、開閉自由なデッキがなくなったこと。この映画でも真知子は窓を全開するが、これが窓越しだったら情感も半滅。
今のような完全密室車体構造では、昔のような情感たっぷりな別れのシーンは望むべくもないか。

赤松 幸吉 | URL | 2015-09-13(Sun)13:43 [編集]


Re: 君の名は

赤松様 力の籠った熱いコメントありがとうございます。

小生もラストの情感たっぷりな別離シーンに惚れ込んで本作を取り上げたのです。

惜しむらくは赤松様同様 最後の画像の場面で、春樹は傘をさしていない方がより印象深い作品に仕上がったと思われます。

テツエイダ | URL | 2015-09-19(Sat)03:20 [編集]