日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 156.新男の紋章 度胸一番

1964年8月 日活 製作 公開  カラー作品   監督 滝沢英輔

1937年頃 軍医として出征していた大島組若親分 大島竜次(高橋英樹)が、満期除隊で戻ってからの組を盛り立てる活躍を描く任侠映画です。

先ず 大島組へ役場より大島が除隊となる連絡が入り、地元 日比野駅に組員はもとより楽団まで呼んで派手に出迎えます。楽団が勇壮な曲を奏でる中 C58 108に牽引された混合列車が日比野駅に到着します。
156-2.jpg

156-3.jpg
組員は手に日の丸の小旗を持ち のぼり旗が立つホームへ帰着予定の列車が到着しますが、
156-4.jpg
大島は降りて来ません。皆が首を傾げる中、列車は次の駅へと出発して行きました。
その頃 大島は戦死した部下で清村組の一人息子の遺品を届ける為、手前で寄り道していたのです。
156-6.jpg

ロケが行われたこの駅が気になりますが、木造跨線橋で繋がっている先には電化されたホームが有ります。そして牽引機 C58 108が当時 高山区の所属で、高山本線を走っていました。
そうなると該当する駅は、名鉄 新那加駅と接続する高山本線 那加駅を想像してみましたがあくまで妄想です。
製作当時 架空駅であった日比野ですが、1971年 名古屋市営地下鉄名城線の駅として開業 現存しています。

続いて 大島が中国戦線から連れて帰還した元部下だった渡世人の虎鮫(桂小金治)が、実家へ帰るシーンではダブルルーフに4輪単車のクラシックな路面電車が登場します。
156-8.jpg
クリームと緑色で上下に塗装され 2 とだけ番号が付けられた小型車から、手動ドアらしきを開けて虎鮫が降りて来て路地に入り歩く背後に4輪単車の路面電車が映っています。
156-9.jpg

この電車は名古屋鉄道 岐阜市内線を走っていた、元美濃電気軌道出身の モ1形2と思われます。明治生まれの木造2軸単車の車体外側に鋼板を取り付けた見かけ鋼体車です。
ピューゲル集電ですが、ダブルルーフ・4輪単車で走る姿が昭和前期の時代背景にピッタリです。しかし翌年から2年程で仲間と共に廃車されて、この映像が貴重な記録となっています。

中盤 大島が子分を連れて評判の悪い笹塚組へ向かう場面では、赤ナンバーを付けた C58形蒸機に牽かれた列車が走り抜けるシーンが先ず映ります。美濃太田区の 318か 326号機と思われます。
156-10.jpg
続いて 笹塚駅(勿論 京王電鉄ではなく架空駅)改札を通って笹塚組へ向かう大島達を、待合室で待ちうけた連中が付けて行きます。この駅も高山本線の何処かの駅と思われます。



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する