日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

148.ミヨちゃんのためなら全員集合

1969年12月 松竹 製作 公開   カラー作品    監督 渡辺祐介

零細 漢方薬製造会社 経営の伊刈長吉(いかりや長介)は女房・従業員に逃げられるも、加藤ヒデオ(加藤茶)や高校時代の恩師の妹 花山美代(倍賞美津子)の助けでもち直すコメディ映画です。

鉄道シーンは終盤 従業員も元に戻り会社がもち直すが、伊刈の恩師 花山大造(ハナ肇)が街を出る場面にあります。
夜遅く、薄暗い日ノ出町駅(架空駅)で
148-1-2.jpg

花山は東京迄の切符を買い求めます。妹 美代と改札を入ると突如 音楽が流れ、駅長室の方から学ラン姿の伊刈達が「ホタルの光」を演奏しながら現れます。
148-2-2.jpg


ホームも日ノ出町駅として装飾してありますが、独特の古いコンクリート部分と木造の駅舎は 箱根登山鉄道 旧強羅駅と思われます。この駅は、1977年4月 現在の山小屋風駅舎へと改築されました。
そして箱根登山鉄道 モハ1形 102を先頭に電車が到着します。
148-3-2.jpg
「ミヨちゃん」が演奏される内 花山と美代が乗り込み、見送りを受けます。
148-6-2.jpg

22:30 最終の日ノ出町発 大河原行電車は 102を後部に警笛と共に消えて行きました。改札口からは、側線にモハ1形 101の姿が見て取れます。
148-8-2.jpg

伊刈達が改札口から出てくる上には、本物の最終電車の時刻 次は 22:15と表示されています。この電車は小田原行で、23:00の到着です。運賃は 120円!でした。

箱根登山鉄道 モハ1形 102は 1919年製造され、主力電車として活躍 その後 101と102が組み走行 2002年2月末をもって引退しました。
また日ノ出町駅は京浜急行電鉄に実在しますが、架空の駅名に何故それ程離れていない実在する駅名を使ったのか不明です。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ミヨちゃんのためなら全員集合

日ノ出町駅は京浜急行電鉄に実在しますが、架空の駅名に何故それ程離れていない実在する駅名を使ったのか不明です

これもよく考えれば、傑作ですね。東京の人なら「日ノ出町」という駅が実在しているのを、知らないはずはないのに、何故使ったのでしょうね。
せめて架空駅なら「日の出町」ぐらいに細工したらよかったのに。

最初の写真で、駅名の大きな表示板に「日ノ出町駅」と書かれていますが、駅舎の正門なら別ですが、この改札口では駅は不用で、普通は「日ノ出町」と書かれているのではないでしょうか。
これを見ても架空駅だと言うことが分かりますね。

赤松 幸吉 | URL | 2014-11-01(Sat)11:31 [編集]


Re: ミヨちゃんのためなら全員集合

赤松様 コメントありがとうございます。
日ノ出町については、脚本家がお目出たい名前として深くは考えずに付けたのでしょう。

架空駅に御興味がある様で、当ブログ内で架空駅・仕立て駅の大胆さ№1は東京駅を神戸駅とした(51.黄線地帯)でしょうね。大掛かりさ№1は(79.錆びたナイフ)の宇高駅 意外性№1は(26.男が爆発する)の佐久平駅。

また(103.密会)の梅ヶ丘駅などは実在しますし、地元の方以外気付かないのではと思われます。
(47.大幹部 無頼)の津軽板崎駅などは、あまりに自然で雪深さもあって小生も長年スルーしていました。

テツエイダ | URL | 2014-11-03(Mon)12:49 [編集]