日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 143. 波止場の王者

 1956年11月 新東宝製作公開   監督 内川清一郎

 中小企業 島造船所が開発中のガス・タービンエンジンAZの設計図を狙う国際ギャング団と、技師 水野三郎(宇津井健)達の対決を巡るアクション映画です。

船舶局が認めないAZを優秀なエンジンだと思う水野は、島造船所の山本博士とAZエンジンの研究を進める為 役所を辞めて島造船所へ移籍します。
ある時 田浦へ戻る為、水野は横須賀線に乗りました。品川を出た 70系電車が京浜急行 八ツ山橋へ向かって来る姿が先ず映ります。
143-1.jpg

車内で設計図らしきが入った鞄を網棚へ上げて座席へ座りました。周りには水野の様子を窺うギャング団の連中が乗っています。
電車は坦々と進み、大森辺りを過ぎた頃 水野は居眠りを始めてしまいます。最初はうつらうつら・その内本格的に寝てしまいます。
143-3.jpg

水野の後ろの席に居たギャング団の志水重吉(丹波哲郎)が立ち上がり、頃合いを見て網棚の鞄を自分の持ち物の如く盗み取って前方へ移動して行きます。
143-4.jpg

続いては、10:54到着の田浦駅へ鞄を持った志水が降りました。2等車のドアから下車したので、隣の車両へ移っていたのでしょう。
143-5.jpg
143-7.jpg

志水は素早く跨線橋を渡り 改札を出ると合図して、待機させていた仲間の車に乗って行きました。
一方 水野はかなり遅れて改札に現れ、鞄を盗まれた旨伝えると駅員は「遺失物係の方へ行ってくれ」と間の抜けた返事です。実は鞄の中は・・・

ロケ当時 水野が乗ったと思われるのは、東京 9:42発 909ㇾ横須賀線 久里浜行電車です。
909ㇾは田浦 10:53発ですから、2分程遅れての到着の様です。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する