日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 116. 恋にめざめる頃

1969年3月 東宝 製作 公開  カラー作品   監督 浅野正雄

妻子が有りながら 仕事先の会津に別な家庭を作って暮らす父 山本俊作(土屋嘉男)を取り戻そうと、単身会津を尋ねる娘 君子(酒井和歌子)の奮闘を描く映画です。

鉄道シーンは前半 山本の叔母 とみ(文野朋子)にけし掛けられたこともあって、君子が会津へ向かう場面からあります。485系9両編成の盛岡行特急やまびこ が快走するシーンが先ず映ります。
116-1.jpg

続いてC57形蒸機が、雪原の架線下を高速で9両もの車両を牽いて通過するシーン。と思いきや、最後尾に逆向きでC57がもう一台附いています。補機というより回送を兼ねての連結と思われます。
116-3.jpg

当時の時刻表を見ますと 15M 特急やまびこ号 盛岡行は上下一本のみで、東京駅12:55発 郡山15:26着です。郡山15:38発の磐越西線 233ㇾ新潟行に乗り換えると、塩川には17:43の到着です。
1967年7月より磐越西線の郡山~喜多方は電化されていますので、郡山~会津若松は ED77形電機が牽き 会津若松以西をC57蒸機に交代したので架線下を走行するシーンなのです。
映画の中では更にバスで中ノ沢温泉へ行き 父親 山本に対面 雪中で甘えるなどしても未だ夕方前で、上野 6:40発の急行ばんだい1号に乗らなと合わない旅程ですが話の都合なのでしょう。この頃 会津は遠かったのです。

山本と君子が対面する前、鉱山技師として働く山本の職場が映る場面があります。坑口から二人で手押しのトロッコを押しだすと、別線からニチユの蓄電池ロコらしきで空車を牽いて坑口へ向かう列車が映ります。
116-4.jpg

左端に看板の一部が映っていて、「玉鉱山」の部分しか読めません。福島県内で該当するのは、磐梯熱海近くの高玉鉱山では?と考えられます。この鉱山は現在では閉山し、観光鉱山施設として残っています。
116-5.jpg

父 山本を一旦東京へ連れ帰ることになり、塩川駅の改札口から後半の鉄道シーンが始まります。蒸気機関車の煙突部分や安全弁がアップで先ず映りますが、C58形蒸機の煙突部分の様に思われます。
既に発車ベルは鳴っていて、二人は駆け足で跨線橋を渡って動き始めた汽車の最後部オハフ61に飛び乗りました。
116-7.jpg
最初は往路と同じく架線下を走るシーンが続き、やまぐち号でお馴染のC57 1号機が牽く姿もあります。
116-8.jpg

車内では駅弁を食べ 君子が甲斐甲斐しくミカンの皮を剥いてあげたり 煙草に火を付けてあげたりするうち非電化区間の山間部を走り、C57180らしきを先頭にトンネルを抜け出すシーンもあります。
116-9.jpg
新津へ向かっているのでしょうか?
116-10.jpg

いえ その後また架線下を走行する蒸機の姿が有り、特急ひばり に乗り継いだ設定の様です。
116-11.jpg
続く車内シーンは 165系急行電車らしきセット撮影で収めているのは?ですが、ロケの都合なのでしょう。

C571 と C57180 とは偶然でしょうか、現役復帰したC57形蒸機であり現在(やまぐち号)と(ばんえつ物語号)を牽く2台のC57がこの作品の中で共に走行する姿が映っているとは。
鉄道シーンの最後は、特急ひばり号が上野駅8番ホームへ到着する姿があり、山本と君子が上野駅正面南口から出てくる場面へと続いています。
116-12.jpg

この帰路を時刻表から見ますと、塩川 11:36発 226ㇾに乗り猪苗代へ。ここから 13:10発の急行ばんだい3号に乗り換え、13:46郡山着後更に 13:51発 特急ひばり3号に乗り換え 16:18上野到着だと映画に合います。
226ㇾにそのまま乗っていると郡山 13:59着となり、明るい内に ひばりで帰れないのです。余談ですが上野着のひばり号は東京行の標示なので、唯一の東京行 11:30着の12Mひばり1号で何故か撮影してしまっています。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

帰れた?

テツエイダさんこんばんは
「恋にめざめる頃」のブログ拝見させて頂きました。

一つ気になる事がありまして、父親の土屋嘉男が「まだ間に合う」と言って夜の東京から会津に帰りましたよね。

冬場とはいえ、劇中の様子じゃ家を出たのが6時以降ですので、当時のダイヤで果たして当日中に帰れたのでしょうか。

アパッチ | URL | 2014-03-25(Tue)17:46 [編集]


Re: 帰れた?

アパッチ様 こんばんは
当日中に塩川へ帰るには郡山 19:19発の235ㇾが最終で、上野 16:30発 特急ひばり5号に乗らねばなりません。ですから無理でしょう。会津若松までなら、上野 18:35発の急行あずま福島行で間に合います。

劇中では「今夜の汽車で」と土屋嘉男が言ってますので、上野 23:54発の急行ばんだい6号か臨時列車ながら運転日の多かった上野 23:50発の急行ばんだい5号で帰ったと思われます。

5号は電車急行で会津若松乗換で塩川に翌朝 5:33着 4分後に出る6号は寝台車と一等車付きPC列車で会津若松着が47分遅くなり、接続も悪いので塩川着は 7:08となります。

小生も 1976年の正月明けに夜行の電車急行ばんだいで会津線の撮影に行ったことがありますが、スキー客もいて半分程度の乗車率で当時はそれなりに需要がありました。

テツエイダ | URL | 2014-03-26(Wed)23:34 [編集]