fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

403.悲しき別れの歌

1965年3月 日活 製作 公開   監督 西河克己

山形から上京した 野村ゆり子(吉永小百合)が 同郷の 風見信太朗(浜田光夫)と恋仲となるが、何故か ゆり子の母と風見の父に反対され 苦悩するゆり子の 心の葛藤を描いたメロドラマです。

序盤 ゆり子が 高校の同級生だった 矢吹健次郎(松山栄太郎)から 県人会の話を聞く時、背後を 京王帝都電鉄 井の頭線の 新型3000形が通り 続いて1000形が通ります。
403-1.jpg

403-2.jpg

県人会の帰りに 風見はゆり子と飲んで、アパートに送ると 矢吹が部屋で寝ていたので 直ぐに帰ります。一方矢吹も ゆり子が風見に乗り換えたと思い、怒って 一方的に罵り 頬を叩いて帰っていきました。
翌日 ゆり子は モヤモヤする心情で 京王帝都電鉄 井の頭線 神泉駅で下車し、構内踏切を 渡って改札口を抜ける シーンへと続いています。
403-2-2.jpg

403-3.jpg

その後矢吹は 同級生で美大に通う 川村秀子(浜川智子)の 誘惑に負けて 深く付き合う様になり、ゆり子は 心中のモヤモヤから 突然10日ほど帰郷して 家族を心配させます。
そして 上野駅に到着する 列車から降りると、
403-4.jpg

403-5.jpg

ホームには 矢吹が迎えに来ていました。
403-6.jpg

公園口から出た所で ゆり子が矢吹に聞くと、妹のまり子(田代みどり)が 矢吹に手紙で ゆり子が乗る列車を 伝えていたそうです。

それから 風見と恋仲となった ゆり子は 冬休みの帰郷時に 風見と同行し、
403-7.jpg

403-8.jpg
米沢で 途中下車して 迎えに来た風見の妹 友子(西尾三枝子)の車で 風見家に寄りました。
403-9.jpg

403-10.jpg
正月を実家で過ごし 矢吹と再会した折に、風見が挨拶に訪れて来ましたが 父 野村正雄(宮口精二)だけが在宅でした。
地元の駅から 実家へ戻る風見を ゆり子がホームで見送っていると、
403-11.jpg
遠くから 母はる子(高峰三枝子)が 懸命に走って来る姿が見えました。
403-12.jpg

403-13.jpg
バス窓の気動車が 動き出した時、漸く はる子が息を切らせながら 追い付きました。
そして「貴方が信太朗さんですね 私の思った通りの・・」と声を掛けることができました。
403-14.jpg

風見が乗った 米沢行の列車が去り行くと、
403-15.jpg
はる子は「お父さんから聞いて、どうしても一目会いたいと・・・」と 息も絶え絶えに話すのでした。

ゆり子は母親が 何故そこまで無理をして 風見に会いたかったのか、母に聞けないまま 2週間滞在した後 東京へ戻りました。
403-16.jpg

しかし 数日後に(ハハキトク)の電報が届き 急いで帰郷して
403-17.jpg
病院へ駆けつけると、母から か細い声で「風見の父 風見信吉(宇野重吉)と 昔深い仲と なったのを承知で、ゆり子の父 正雄は 受け入れてくれた」と 告白されました。

そして 葬儀の後 ゆり子は 父正雄の心情を考えると、理屈抜きに 風見に別れの手紙を出す 決心に至るのでした・・・







PS.
  3~4枚目の画像で映る神泉駅は 改築前の様子で、渋谷からの 下り電車で着いた客は 構内踏切を渡って 改札口へ向かいました。1996年12月に 現在の橋上改札駅舎となります。

  またこの駅は 前後にトンネルがあり 3輌分のホームしか ないので、はみ出した車輌は ドア締切扱いで 1995年9月まで対処していました。

前半8・9枚目と 後半17・18枚目の 画像で映る C57形蒸機は何れも 奥羽本線走行シーン としての状況ですが、急勾配の 板谷峠越え対策として 戦後いち早く 1949年4月に 奥羽本線 福島~米沢は電化されています。

  風見の実家は 米沢の設定なので 8・9枚目に映っているシーンは何処? まさか帰郷するのに 上野から仙台・仙山線経由で 山形を通って米沢へ帰った?実家を山形の設定にすれば、当時米沢区に 4輌のC57形蒸機が在籍していたので 地元の方も納得なのに・・・

  12~16枚目の画像で映る駅は、本作のロケが 長井線(現:山形鉄道フラワー長井線)の 長井駅で行われた 記録があります。12枚目の画像シーンで「~経由の米沢行です」との 放送が聞こえます。

  当時の時刻表では 長井線からの 米沢行は2本しかなく、長井10:47 ―(144D途中今泉から 米坂線乗入れ)― 11:42米沢 と思われます。そして高校の友人との 新年会後に上京か

  最後の画像は(ハハキトク)の電報を 受け取ったゆり子が 急いで帰郷する場面なので 妄想すると、上野23:20 ―(405D急行出羽 酒田行)― 5:25 米沢 5:27 ―(115レ)― 6:32 今泉 7:43―(213D)― 7:58長井 或いは今泉駅からタクシーか

  米坂線は 9600形蒸機か 一部C11形蒸機での運用なので、ここでも C57形蒸機の出番はありません。


  ゆり子の実家周辺のロケは 米沢近郊の 雪深い 小野川で行われ、スキー場で 風見父娘と ソリ滑りする 場面だけは 志賀高原で 行われたそうです。


参考 : キネマ旬報 1965年3月上旬号  明星 1965年4月号  近代映画 1965年4月号

PageTop

402.天国の駅

1984年6月  東映 製作 公開   監督 出目昌伸

夫が傷痍軍人なるが故に 巡査と関係を持った挙句の果てに 夫を毒殺し、離れた場所で第二の人生を送るも 再婚した夫まで殺す羽目になる女の 生き様を描いた映画です。

序盤 林葉かよ(吉永小百合)の夫 栄三(中村嘉葎雄)は 病死と判断され、巡査を辞めて 大学へ進む為に 援助した橋本浩一(三浦友和)が 帰省するのを かよが水戸線 結城駅で 出迎える場面があります。
402-01.jpg

かよが 改札駅員(掛田誠)と話す内に
402-2.jpg
列車が到着した後
402-1.jpg
橋本が現れ、東京で交際していて 同行して来た 幸子(真行寺君枝)に かよを 姉だと紹介しました。
402-3.jpg

ところが 二階で寝ている幸子を他所に かよに 手を出す等したので、二人共 橋本に愛想を尽かし 天の原行電車でトンネルと長い鉄橋を越えて
402-4.jpg

402-5.jpg
錦谷駅に到着しました。
402-6.jpg
近くの錦谷温泉で 結城紬を織りながら 民芸品の店を開き 二人で生活し始めます。

その後 温泉宿 大和閣の主人 福見康治(津川雅彦)に、帳場の横で 結城紬の機織り実演販売を するように頼まれ始めます。

宿泊客にも好評で 充実した毎日を 送っていたある日 福見の妻 辰江(白石加代子)が、精神病院から一時退院して モハ1形104に乗って 錦谷駅に帰って来ました。
402-8.jpg

402-9.jpg
しかし大和閣に到着し 機織りするかよを見ると、暴れまくり かよは頭を負傷してしまいます。

また 橋本が かよ達の居場所を 嗅ぎ付け 大和閣に現れます。そこで福見は 二度と会わないと 書いた念書と引き換えに 二百万円を渡し 追い払うのでした。

福見は かよに謝罪し 宿の雑役を担当している 田川一雄(西田敏行)に、かよの幸せの為だと 言い含めて 次の一時退院時に 邪魔な辰江の殺害を依頼しました。

大和閣の女中頭が 錦谷駅ホームで出迎える中、
402-12.jpg
辰江が乗った電車に 田川は途中から飛び乗り
402-10-2.jpg

402-11.jpg
辰江を鉄橋上から突き落としてしまいます。
402-13.jpg
そして 錦谷駅で待っていた 女中頭の前に到着した
402-14.jpg
モハ2形111電車に、辰江の姿はありませんでした。
402-15-2.jpg

こうして福見は念願のかよと、結婚するに至るのです。

ところが 厄介払いした筈の橋本は 幸子を錦谷駅に呼び出し、モハ2形108 黒江行に乗ります。
402-18-2.jpg

402-18-4.jpg
車内で「俺と一緒になろう」などと 橋本は 錦谷を去る気が無い様です。
402-18-3.jpg

そこで幸子は電車が鉄橋に掛かると
402-16.jpg
走行中の扉を開けて 橋本を突き落とそうとしますが、逆に落とされてしまい
402-17.jpg

402-18.jpg
遺体を見た かよは 深く落胆します。

その後 結城以来かよを 慕い続ける田川を 福見は始末しようとしますが、意外にも かよに火箸で刺され 殺されたので 二人は警察や 消防団に追われる身となります。

一晩逃走し 辿り着いた駅の 出札口にかよが「二枚下さい」と言うと、田川が追手に見つかり 五十沢刑事(丹波哲郎)に かよは田川と共に捕まってしまいます。
402-19.jpg
 出札口には 天国行の切符が二枚置かれてありました。
402-20.jpg

そして 死刑が執行された後 天国行の電車には かよが乗り、
402-22.jpg
紅葉の情景が美しい中 鉄橋を渡って 上り勾配を行くのでした・・・
402-23.jpg






PS.
  最初の水戸線 結城駅のシーンは 1955年の時代設定なので、1枚目で 駅舎の左手後方から 黒煙を上げたり 大井川鉄道 新金谷駅でロケを行っています。 その後 73おやぢ 様からの情報で、川越線の武蔵高萩駅でのロケと判明しました。

  7枚目からの画像で 錦谷駅として映る駅は、箱根登山鉄道の 塔ノ沢駅です。ロケは主に 小田原方面行の 上りホームで行われ、構内が狭い為 カメラは先の 塔ノ峰トンネル内に設置して 撮影したと思われます。

  塔ノ沢駅は 前後にトンネルがあり ホームは2輌分の長さしかなく、ロケ当時は作中の様に 小田原方に 構内踏切がありました。
  その後 乗客増加の為 1993年に小田原方の 塔ノ峰隧道入口部を 拡幅工事し、分岐器を移動して ホーム延長の為 構内踏切から跨線橋化し 3輌編成停車に対応しています。

  田川は 走行中の電車に飛び乗り、外からドアを開けて 車内に乗り込みます。全車手動ドアの 設定なのか、外側から ドアコックを操作して 開けたのか。幸子も いきなり走行中に ドアを開けているので、全車手動ドアの 設定なのでしょう?

箱根登山鉄道の協力で 架空の天ノ原行も 対向の黒江行も 塔之原駅の同じ上りホームを使い、17枚目の画像からの 黒江行は 逆行運転で 大平台駅方向へ 出発して行く等 力の入れ具合が分かります。(下りホームを使うと、駅名板が映ってしまう?)


  美しい紅葉時期に 1917年完成の 早川橋梁を渡るシーンは、箱根登山鉄道の ハイライトポイントとも言えるでしょう。



PageTop