日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

228. 雪国

1957年4月 東宝 製作 公開   監督 豊田四郎

日本画家で東京に妻子ある島村(池部良)が越後湯沢で芸者 駒子(岸恵子)と恋仲になるも、不自由な環境の駒子と煮え切らない島村との腐れ縁を美しい雪国の自然をバックに描いた映画です。

川端康成の原作に沿って映画化されているので書き出しと同じく、冒頭 トンネルを行く列車が抜けると前方に雪景色が広がりタイトルが入ります。
228-0.jpg
上越線 清水トンネルを抜けて原作では信号所だった土樽駅へ向かいます。EF12形らしき電機が牽く列車がゆっくりと駅に到着します。電機の次位に蒸機を連結しているかの様に、暖房車が勢いよく黒煙を吹き上げています。
228-1-2.jpg
駒子の師匠の息子 行雄(中村彰)を湯沢に連れ帰る途上の葉子(八千草薫)は寒いのに窓を開けて、同駅で働く弟のことを宜しくお願いしますと タブレットキャリアを肩から下げた駅長に挨拶します。
228-2.jpg

続いて 雪降る越後湯沢駅2番ホームに、EF57 形電機が牽く下り列車が到着します。
228-3.jpg
和服の島村が凍てつくホームを改札口へ向かう後ろに、病で弱った行雄と彼に肩を貸す葉子の姿があります。
228-4.jpg
この電機のプレートは EF577 と読めるので当時長岡二区所属の SG搭載電機ですが、非搭載機の運用換えなのか次位に暖房車を連結しています。

島村は駒子と恋仲となるも、冬場に暫く滞在すると東京へ帰って行きます。中盤には駒子に思いを寄せる行雄が危篤で呼んでいると葉子が知らせに来ても、帰京する島村が乗った列車に寄り添う場面があります。
駒子が雪道を線路に近付くと、右手から三重連電機牽引の列車が来ました。
228-5.jpg
駒子は小走りで踏切へ近寄り 雪まみれになりながら、「あんたー」と叫びながら通過する客車の窓に島村の姿を捜しますが見つからない様子です。
228-6.jpg

EF13 形電機を先頭に、二台目と三台目は共に EF15 形電機の様です。暖房車を入れても9両編成の客ㇾに電機を豪華に三重連とは、回送の電機を追加したのでしょうか。
228-7.jpg
尚も「あんたー・島村さん・あんたー」と叫び、列車の最後部が通過すると駒子は踏切の線路上へ出ます。そして ままならぬ運命に対する苛立ちを雪玉に込めて、列車に向けて投げつけるのでした。

それから場面が切り替わる時に、ラッセル車キ100 が単線非電化路線を C11 形蒸機らしきに押されて除雪して行くシーンがあります。小出~大白川の只見線辺りで撮って、島村の心情をイメージして加えたのでしょうか。
228-8.jpg

毎年雪の季節になると、島村が来るのではと駅の改札口で待つ駒子がいます。ある日の晩 新潟行を改札口で待っていると雪まみれの列車が 2番線に到着します。
228-9.jpg
その時 葉子の弟 佐一郎(久保明)が後ろから走って来て、「今度 小千谷に転勤になりました」と告げるや構内踏切を渡って列車に飛び乗ります。
228-11.jpg
駒子は手を振って見送りますが、遅れて葉子が来たので止めます。
やがて動き出した列車のデッキに立つ佐一郎に、葉子は精一杯手を振って見送るのでした。
228-14.jpg
列車がいなくなっても改札口に向かう下車客はスキー客だけで、駒子は気落ちして 二人の間に冷たい空気が漂っています。





PS.
 
原作の時代設定は 1935年頃ですが、この映画も戦前の設定のようです。上越線の全線開通は 1931年9月ですが、1941年1月には土樽が信号場から駅になっています。
そして 1967年9月に新清水トンネル開通で、全線複線化が完成しました。つまりこの映画は原作のイメージ通りの様子がほぼ残る時期に、タイトルバックから全編に渡って撮影されているのが何よりです。
原作の頃なら ED16等が活躍したのでしょうが、EF12 や EF15 でも暖房車やスハ32等の旧型客車と相まって雰囲気が出ています。また越後湯沢駅の旧駅舎・構内踏切が原作の味を出していると思われます。

1935年冬のダイヤでは 上野 13:55発 新潟行に乗ると、越後湯沢に 19:15頃到着します。清水トンネルを越える列車は一日に普通9本+急行1本で、長岡行4本・新潟行6本でした。
ロケ当時は 普通9本・急行4本・準急1本ですが、現在は上越新幹線があるので定期列車は普通が5本あるだけです。現在のダイヤで近いのは、上野 14:30発高崎行で乗り継ぎ越後湯沢には 18:21頃着きます。

PageTop

227. 忍ぶ川

1972年5月 東宝 配給 公開  東宝・俳優座提携作品   監督 熊井啓

不幸な生い立ち故の呪縛に悩む学生 哲郎(加藤剛)と料理屋の仲居をして貧困家庭を支える志乃(栗原小巻)が、互いの愛情で幸せを掴む迄を描く純愛映画です。

冒頭 都電 28番系統(ロケ時は日本橋~錦糸町駅前)に乗る哲郎と志乃が 永代橋から深川方面へ向かう場面があり、二人が出会う頃の回想場面に移ってゆきます。
学生には敷居の高い「割烹 忍ぶ川」の看板娘 志乃との初デートの日、先ず何故か都電 32番系統(荒川車庫~早稲田)の 6000形電車の走行シーンが有り
227-1.jpg
続いて28番系統の 7000形が 東陽公園前へ到着します。
227-2.jpg
蒸し暑そうな藪入りの日に スマートな 7000形から降りた二人は、東陽橋方面へ向かった様です。
227-3.jpg

中盤 栃木に住む志乃の父(信欣三)が危篤との電報が届き、和服姿の二人は東武鉄道浅草駅へ向かいます。発車ベルが鳴り響く中、階段を駆け上がってホームへ向かいます。
志乃は乗車直前に手紙を哲郎に渡し
227-4.jpg
「電車が走り出してから読んでほしい」と告げます。やがて発車すると、乗車したのは 7800系 準急 新栃木行でした。
227-5.jpg
哲郎は壁側に設置されている長~いベンチに腰掛け 志乃からの手紙を読むと、婚約した二人なので 明日 栃木の実家へ来て 父親に会ってほしいとのことでした。

終盤 大晦日に二人は青森にある哲郎の実家へ、蒸機に牽かれた夜行列車で向かいます。
227-6.jpg
車内は蒸機からのスチーム暖房で暖かそうです。
227-7.jpg
翌朝 汽車は雪景色の中を淡々と進んでいます。
やがて雪に埋もれる小さな駅に近付くと、ホームには哲郎の母(滝花久子)が迎えに来ています。
227-10.jpg
汽車からホームへ降りると、一面深い雪に被われています。
227-9.jpg

志乃は初めて哲郎の母に会い 挨拶を交わす3人の背後で、汽笛と共に出発して行く二人が乗って来た客車は オハ61 609でした。哲郎は箒職人の志乃の弟からもらった座敷箒を持っています。
そして汽車が去った後の雪に埋もれた駅名板のローマ字部分から
227-11.jpg
この駅が米坂線の西米沢と読み取れます。熊井監督は深い雪と汽車を求めて、山形県米沢をロケ地に選んだ様です。

哲郎の実家で家族だけの結婚式を終えた翌日、二人は ささやかな新婚旅行に出掛けます。9600形蒸機に牽かれた列車が、深い雪を切り裂く様に汽笛と共に走り抜けて行きます。
227-12.jpg
車窓から哲郎の実家が見えると、志乃は「見える見えるあたしの家が」と興奮した様子です。
227-14.jpg
隣のボックス席の女性(菅井きん)に行先を聞かれた哲郎は、「おおたき温泉」と答え幸せそうです。
227-16.jpg
周りの人から「けなりー」と声が掛り、女性が「奥さん みんなうらやましいと言ってるんですよ」と通訳してくれます。迫り来る 49649(米沢区)のアップの後
227-17.jpg
山間部を力強く進む姿でエンドとなります。
227-18.jpg




PS.
熊井監督は雪深い景色が映える様に白黒スタンダート映像に拘ったそうで、豪雪で有名な米坂線と 9600形蒸機が終盤の雰囲気を盛り上げています。
 映画化構想から実現まで苦節 12年掛かったそうで、米坂線の完全DC化が 1972年3月だったので正にギリギリのタイミングでロケが行われた様です。

 当時 米坂線はディーゼル化が進んでいて、旅客列車上下28本中蒸機牽引列車は10本でした。その内前年 1971年4月には日中走る6本中5本がDE10等内燃機に替ってしまいます。
 しかし同年 11月からの冬季にはSG非搭載なので、最後の冬は再度 9600形蒸機が牽いたのです。そして 1972年3月15日の時刻改正からは全ての旅客列車がディーゼルカーに替りました。




PageTop