日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

221. 足にさわった女

1952年11月 東宝 製作 公開   監督 市川崑

休暇で東京へ向かう大阪の刑事 北五平太(池部良)と女スリの塩沢さや(越路吹雪)が上り特急列車に乗り合わせ、小説家も絡んだ珍道中を描くラブ・コメディ映画です。
1926年 日活作のリメイク作品であり、1960年にも大映で再度リメイクされています。

序盤 EF57形電機が牽く列車が映り、(大阪発東京行 特急)とテロップが入ります。
221-1.jpg
続いて 食堂車で小説家 坂々安古(山村聡)と出版社々員が、ビールとツマミを並べたテーブルを挟んで 古来 美人の泥棒は存在しない等と話をしています。
221-3.jpg
その話を通路を挟んだ向かいのテーブルで聞いた北は、イスを持って移動してその論争に加わり「美人の泥棒は実在します」「この汽車に乗っているかもしれない」と話すのでした。
221-4.jpg

特別二等車内では新聞を読む岡田六右衛門(見明凡太郎)の足に、向かいの席に座る女の組んだ足先が揺れる拍子に触って気になります。相手は若い美人なので、鼻の下も伸びています。
221-7.jpg
回転式リクライニングシートなのに何故か向い合せにして お互い足を組んでいるのでトイレに立つにも不便なのですが、不自然でもこうしないと話が展開しないのです。
7号車が特ロの列車は 32ㇾ急行阿蘇が該当しますが、セットか特別二等車を使っての撮影と思われます。
221-6.jpg

221-8.jpg

さやは弟分の野呂(伊藤雄之助)と示し合わせて車内灯を操作し、トンネルに入っても点灯せず真っ暗です。その間に岡田から財布をスリ取って、EF57電機牽引の列車が名古見(架空駅)到着と共に逃走します。
221-9.jpg

221-10.jpg
他にも車内ではスリ被害の男がいたので、北は動き出した列車から飛び降りて急ぎ改札口へ向かいました。ホームにある便所横で野呂がさやの荷物を抱えています。どうやら中で着換えている様です。
野呂の背後には、電車らしきが停車しています。この名古見駅場面は 三島駅を使ってロケが行われたそうなので、駿豆鉄道本線(現 伊豆箱根鉄道駿豆線)の電車の様です。
221-11.jpg

改札の外へ出た北ですが、さやの姿はありません。ホームを見ると、東京行普通列車に乗り込む女の後ろ姿が見えます。
221-30.jpg
そこで強引に改札を突破して、連絡地下道を通らずに線路を斜めに走り抜ける北でした。
221-12.jpg
後ろから改札の駅員が追い駆けて来ますが、素早くホームに上った北は東京行列車の最後部デッキに飛び乗ったのでした。
221-13.jpg
前方の窓からは、野呂がこの様子を見ていて落胆しています。
221-14.jpg

北は車内の便所で、農婦に変装した さやを見付けます。スリを否定する さやからは 故郷の下田へ行って、両親の法事を盛大に行って父親をスパイ容疑で追い詰めた親類の鼻を明かす計画を聞きます。
暫くすると車掌室の前で、スリ騒動が起きてます。北が車掌室に入ると、腹痛を起こして運ばれたという さやが椅子に寝ています。この女がスリだという説明を、富士川橋梁通過の騒音の中でします。
221-15.jpg
さやは隙を見て男からスリ取った財布を窓から捨てますが、お札も風に飛ばしてしまいます。そしてスリの疑いを裸になって晴らすからと、車掌室で北に確認をさせるのでした。

列車が原駅(劇中の駅名は浜駅)に到着すると、
221-31.jpg
大きな風呂敷包を持った老婆(三好栄子)が乗って来ます。さやは野呂が座っていた席を譲ったり、親切に接してあげます。
その時突然列車が急停車します。
221-17.jpg
車掌が前方に走って行き「線路が故障したので隣の田子の浦駅まで歩いて下さい」と告げたので、
221-18.jpg

221-19.jpg
皆唖然としながらも 暑い中 線路上を歩いて行きます。

途中からは老婆をさやが背負い、北が風呂敷包を持って歩きます。
221-20.jpg
更に北とさやは交代して老婆を背負い、漸く東田子の浦駅へ皆が到着することができました。
221-21.jpg
このロケは実際 東海道本線 鈴川(現 吉原)~東田子の浦の線路上で行われたそうで、国鉄職員が付き添って通過列車の間合いを見計らって撮影した様です。多人数なだけに、現在では不可能でしょう。

井戸水を飲んだりして待つと、電機に牽かれた列車が到着します。皆が急いで乗り込むと、さやが時計をデッキから落としてしまったと北に告げます。それを聞いた北は、デッキから身を乗り出して捜します。
221-22.jpg
更に線路に降りて、レールの内側を覗いて遂には客車の下に潜り込んで時計を捜します。
221-23.jpg
その時 電機の汽笛が鳴り、ゆっくりと列車が動き出しました。北は慌てずレールの間に身を伏せて、列車をやり過ごしました。
221-24.jpg

この場面 最低地上高の高い旧形客車とはいえ 池部良 本人が挑んだスタントだそうで、三島駅構内に用意された3両の客車を使って色々な角度からスマートに撮影されています。
北の頭上を通過した列車は、加速しながら走り去って行きました。
221-25.jpg
さやに騙され 東田子の浦駅に取り残された北は、思案に暮れますが財布が無いことに気付いて更に怒りが増します。
しかし北の財布を掏ったのは背負われた時の老婆であり、さやも法事の費用を全額を掏られたのでした。
221-26.jpg

その後 熱海と下田で一騒動あり、さやは人生を清算するつもりで北の目の前で万引きをして捕まえてもらいます。そして大阪へ向かう列車の三等車には、北とさやが仲良く並んで座っています。
前の席の男が持つ新聞には(明日からの連載小説 女掏摸 坂々安古)と告示されているのを見た北は呆れた様子です。さやが足を組もうとして北の足に当ると、北はさやの足を引っ叩きました。
221-29.jpg
それでさやは、足を縮めて大人しくする様です。さやが行く末を心配すると 北は「僕は未だ刑事を辞める決心がつかない」と言うので、二人の将来に希望は持てる様です。


PageTop

220.めぐりあい

1968年3月 東宝 製作 公開  カラー作品   監督 恩地日出夫

互いに家庭環境に恵まれない二人がめぐり逢い 様々な困難を抱えながらも、互いに微笑みを交わすことで乗り越えて行こうとする青春映画です。

冒頭 タイトルに続いて、南武線の川崎行 40系らしき国電の走行シーンがあります。
220-1.jpg
次に江藤努(黒沢年雄)と今井典子(酒井和歌子)が、其々川崎駅の改札を抜けて行きます。
陽気に前を行く人を抜きながら江藤がふざけて典子を不意に押したことから軽傷を負わせ、その後が気になった江藤は仕事帰りに川崎駅内の階段で典子に会うことができます。

謝罪して話す内に発車を告げる放送があり、二人は南武線ホームへと走ります。しかし間に合わず 同じく 40系らしき立川行の電車は出発して行きました。
220-2.jpg
江藤が落とした煙草を典子が拾おうとしたことから、お互い最初の微笑みを交わします。江藤が遊びに誘いますが断られ、続いて入ってきた折り返し電車に乗った笑顔の典子に置いて行かれたのでした。
220-4.jpg

220-5.jpg

中盤 付き合い始めた二人が、川崎駅近くの京浜急行高架線が見える喫茶店で話す場面があります。高架線上を走る京急線は不鮮明ですが、初代 1000形にも見えます。
220-6.jpg
京急川崎駅付近の連続高架線工事は 1966年12月に完成したので、まだ新しくて周囲の開発も始まっていない様です。

典子とのデートの帰りに江藤は電車内で、チンピラに絡まれている石井綾子(進千賀子)と目が合います。彼女は会社でミスオリエント自動車と呼ばれていて、大学出の白井(田村亮)とデート中です。
江藤に社内では歯牙にもかけない綾子ですが、3人のチンピラ相手に非常ドアコックの扉を開けて「電車を停めるぞ!」と叫んで退散させたので デートの相手を江藤に乗り換えたのでした。
220-9.jpg

ある日 江藤と海へ出掛けて帰宅した典子は、隣家の人から母 雅枝(森光子)がバス事故に遭ったことを知らされ益子へ向かいます。先ず DC列車内らしき、クロスシートに座る典子が映ります。
220-10.jpg
続いて夕景の中 キハ10系 らしきバス窓のDC3連が走り抜けて行きます。真岡線の列車を示唆している様ですが、時刻の点からは少々苦しい展開です。
220-11.jpg

翌日夕方 6時に川崎駅で待ち合わせしていた江藤は、改札付近で同僚に冷やかされながらも典子を待っています。ところが人通りが少なくなる時刻まで待っても、典子は現れません。
220-13.jpg
そして遂にキレた江藤は、改札横の伝言板に「甘ったれるナ」と殴り書きして去ります。典子の事情も分からず誤解して怒った江藤ですが、携帯の普及した現在では理解し辛い展開です。
220-14.jpg
携帯の普及などで利用者が減り 21世紀の到来と共に消えて行った駅の伝言板でしたが、小生の地元私鉄駅では近年まで残っていました。

その後 お互いの家庭環境が悪化したことや、江藤が仕事中に失敗して左遷されたことから暫く冷却期間を置くことになります。典子も横浜ドリームランドに仕事先を変えて一人暮らしになります。
勤務先だけ書いた手紙を送って待つ典子の元に、秋になって漸く吹っ切れた江藤が現れます。おとぎ列車乗り場で勤務する典子と再会し、再び 微笑みを交わして再出発を誓う二人でした。
典子が働く幼児用列車の他 TDLの様に外周を走る本格的な汽車があった様に記憶してますが、本編でその姿が現れないのは残念です。ドリーム交通モノレールも登場してほしかったですね。

PageTop