日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

217. 赤い殺意

1964年6月 日活 製作 公開   監督 今村昌平

東北 仙台の地で 常に受け身になって虐げられる生活に耐え忍ぶ高橋貞子(春川ますみ)が、自分を暴行した強盗犯に振り回されながらも何時しか自立してゆく様を描く映画です。

冒頭 仙台駅一つ手前の長町駅近くに住む高橋家が面している東北本線上を、常磐線からの旧客列車を仙台区のC62 7 が牽いて 轟音と共に走り去って行きました。
217-1.jpg
貞子の亭主 高橋吏一(西村晃)は図書館司書で、東京での会議に夜行列車で出張の為 仙台駅改札口へと来ています。一晩中数多くの列車が発着する活気ある 駅構内の様子が映っています。
217-2.jpg

高橋を見送った貞子は、仙台市電に乗って 自宅最寄りの広瀬橋電停で降りました。乗って来たのは仙台市電 長町線 400形・403長町行で、駅から付けている男の存在に気付いてない様子です。
217-3.jpg
夜中に侵入した強盗犯 平岡(露口茂)に暴行までされた貞子は、翌朝 自宅前の線路脇に上って C60 12蒸機へ身投げ仕様としますが踏み切れないのでした。
217-4.jpg

線路に面している高橋家では、四六時中 汽笛や列車の走行音が聞こえています。突然 雹が降り出した日には、D62形らしき蒸機が牽く貨物列車が背後を通過する中 洗濯ものを取り込むシーンもあります。
217-5.jpg
ある日 妊娠を感じた貞子は、遠く離れた松島で診察を受けます。東北本線 松島駅で帰りの汽車を待っていると、ホームに平岡が現れ「俺と逃げてくれ 東京へ行こう」などと口説きます。

そこへC60 13蒸機が牽く普通上野行き列車が、豪快に黒煙を吹き上げながら到着します。
217-7.jpg
乗り込んで車内を移動する貞子を平岡は延々と追い掛け、最後部のデッキでもみ合う二人をカメラは追い続けます。
217-8.jpg
この当時 松島駅からの普通 上野行きは5本ありますが、該当するのは盛岡始発の 132ㇾで 松島を 11:32に発車して 終着上野には 21:59到着です。

そして松島駅を去り行く列車をホームから撮り続けると、更に二人がもみ合う走行中の最後部デッキを追い続けるのです。電化に備えたポールが立ち並び、接触危機を感じる迫力あるアクションシーンです。
217-12.jpg
国鉄の協力で客車最後部に無蓋車等を増結して、そこから撮影していると思われる映像です。電化済の印象を映像から感じますが、1965年10月に仙台~盛岡を一気に電化しているので南から順次施工している様です 。
平岡が貞子と無理心中を望んでいる様なもみ合いはトンネルを過ぎても続きますが、突然 平岡は心臓発作をおこし苦しみ 東仙台駅に着いても不憫に思えた貞子は平岡を振り切ることができません。

中盤 平岡は貞子の息子にメモを託して、広瀬橋に貞子を呼び出します。しかし貞子は現れず 待ちぼうけを喰った平岡の背後を、2D上野行 81系気動車特急はつかり号らしきが通過して行きます。
217-13.jpg
その後もしつこく現れる平岡に、貞子は手切れ金を押し付けて別れを宣言して帰ります。しかし平岡の様子が気になった貞子は市電 広瀬橋電停で下車しますが、吹雪の中 直に反対側の市電に乗って戻るのです。
217-14.jpg

高橋が京都へ出張する日、貞子は自宅の庭から 453系電車急行に乗る夫を見送ります。その後遂に仙台駅で平岡と待ち合わせ 駆け落ちの旅に出ますが、高橋の愛人 増田義子(楠侑子)が二人を追っています。
ところが二人の乗った列車の先行列車が大雪で脱線したので、とある駅で停止したままとなります。吹雪の中 C57形蒸機らしきを先頭に停車する駅から、二人は あかばら温泉(架空?)を目指して歩くのでした。
217-16.jpg







PS .

  今村監督が後年 最も印象に残る作品であると語った本作は、東京オリンピック前の仙台近郊でのロケが多く 大型蒸機も数多く登場する小生推薦の映画です。
  1962年7月に二代目松島駅となったこの駅から始まる二人の最後部デッキでのもみ合いは、今では撮影できない程の危険なアクションシーンであり この映画のハイライト場面と思われます。
  また 具合の悪くなった平岡を見捨てられなかった貞子は、窓を開けると蒸機が行きかう元祖トレインビューホテルとも言える 連れ込み宿へ入る場面などもあります。

PageTop

216. 爆弾を抱く女怪盗

1960年2月 新東宝 製作 公開   監督 土居通芳

終戦直後の中国で父親の財産を社員の立花竜太郎(沼田曜一)に横領された三ノ宮雅子(高倉みゆき)が、元執事達と一緒に復讐を図るアクション映画です。

序盤 蒸機の汽笛らしきが聞こえるが、電機が牽く旧客列車の走行シーンが先ずあります。
216-1.jpg
続いて 夜の東海道本線を下る急行列車の二等車内を、鉄道公安官 朝倉伸男(菅原文太)が巡回しています。
殆どの乗客は寝静まっていて、走行音と朝倉の靴音だけが聞こえています。例によって新東宝独特の客車内セットでの撮影で、肘掛と枕に白カバーを掛けて 二等車に仕立てています。

朝倉がデッキへと出て行った後 雅子の指示で佐伯慶一(九重京司)と島崎譲司(御木本伸介)が、寝ている吉沢文雄(岬洋二)の手元から鞄を そっと抜き取ります。
216-2.jpg
その時突然 ドアが開き 朝倉が現れ 逃げる二人を追い掛けますが、雅子が立ち塞がって「あんなのを捕まえたって何にもなりゃしませんよ」と言って朝倉の手を掴みました。

鞄は雅子の席に投げ捨てて行ったので吉沢の元に戻り、雅子は専務車掌室に連行されます。
216-4.jpg
216-5.jpg

ところが室内で朝倉は麻酔薬を嗅がされ、雅子に逃げられる失態を演じてしまうのです。
続いて 汽笛と共に列車は、(赤澤隧道)と記されたトンネルに入ります。入口が洞門形であることから、東海道本線 根府川~真鶴に 1972年迄あった旧線の赤沢トンネルと思われます。
216-7.jpg

後半 立花の組織に潜入していた佐伯の娘 星野久美(三条魔子)は聞き耳を立てていたのがバレ、急いで事務所から逃走しますが 河島高光(渡辺高光)に追い掛けられます。
そして遮断機の閉まった踏切を強引に潜って更に逃げますが、河島は京浜急行電鉄 デハ600形 601浦賀行電車が接近していたので通過する迄 待つことになりました。
216-8.jpg





PS.
 本作は国鉄の3等級制末期に製作されたので、シートに白カバーを掛けて並ロ二等車に仕立てています。1958年に並ロは急行列車の二等車から外され、全て旧特ロシートになったので少々苦しい設定です。
新東宝映画では このセットを使って車内シーンの撮影をしていました。当ブログでは(51.黄線地帯)(91.女死刑囚の脱獄)でもこのセットが使われた様子を見ることができます。

京急デハ600形 601は 1953年製で、クハ650形 651と組んで2連運行でした。500形に続く当時流行の正面2枚窓の湘南形で、本編では浦賀行の先頭で走っています。
その後 1965年に中間車サハ480形 492へと改造され、他の初代 600 ・400形と共に4連を組んで 400形へと改番されました。そして晩年は支線で活躍しましたが、1983年までに全廃されています。

PageTop