日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

202. 荷車の歌

1959年2月 新東宝配給公開(他 自主上映会多数)全国農村映画協会製作  監督 山本薩夫

平山茂市(三國連太郎)と結婚し 共に荷車引きを始めた農村女性 セキ(望月優子)の、明治中期から戦後までの苦難の生涯を世相と共に描いた映画です。

茂市の熱意に親から勘当されながらも結婚したセキですが、姑(岸輝子)に冷たく扱われ 生まれたオト代(左民子)と姑も相性が悪く里子に出すことになります。
荷車引きの苦難の生活ながらも次々と子供が生まれ、姑が亡くなり時代が進んでいきます。その後成長した子供たちが、勤めに出て働く場面に鉄道シーンがあります。

長男の虎男(坂本信夫)は機関士を目指してカマ焚きに精を出しています。202-1.jpg
後述のロケ地を考えると、八高線のC58形蒸機でロケが行われたのでは?と思われます。
202-2.jpg

末っ子の三郎(矢野宣)は「兄が汽車なら、わしゃ電車じゃ」と市電の運転手として働く姿が紹介されています。
202-4.jpg
こちらのロケ地も不明ですが、古風な車両で複線なので横浜市電 700形が候補です。
202-3.jpg

時代は進んで戦時中、三郎にも赤紙が届き出征することになりました。「祝出征 平山三郎君」と書かれた上り旗が立ち、茂市とセキの両親を始め新婚の嫁さんの他 村中の女性総出の見送りです。
202-5.jpg

茂市の隣にはセキと同じく(大日本国防婦人会)の襷を掛けた、茂市の妾であるヒナ(浦辺粂子)まで割烹着姿で三郎の見送りに立ってセキを苦しめています。
202-6.jpg

やがて 8620形蒸機である 18646号の汽笛が鳴り響き、出征兵士達を乗せた列車は動き出します。
202-7.jpg
「平山三郎君 万 歳~ 」と声が上がり、一同 万歳三唱で見送ります。
三郎の嫁 鈴江(赤沢亜沙子)が窓辺に駆け寄り、別れを惜しんでいます。
202-8.jpg
その後 茂市とセキが駆け寄り、セキは最後まで三郎の手を握って見送るのでした。

18646 蒸機に荷物車合造三等車が続いて加速して行きます。列車の真上にはありませんが、背後の線路には架線が張られているのが目に付きます。
202-9.jpg

片側が電化され、反対側が非電化のこの駅は何処なのでしょうか。(111.異母兄弟)の両毛線栃木駅や、(156.新男の紋章 度胸一番)での高山本線那加駅の様に私鉄との接続駅でしょうか。

当時 18646号機は八王子区の所属でしたから、横浜線と相模線の接する橋本駅は?とも考えましたが違う様です。近郊で蒸機牽引旅客列車があったのは、五日市線と八高線?
五日市線は、C11かC12でした。当時の時刻表で八高線を見ると 1958年10月訂補時刻表では一日4往復の汽車が有り、1959年6月改正の時刻表では完全気動車化されています。

それでは東飯能か越生か小川町等が候補に挙がります。調べると「飯能現代史詳細年表」に、1959年1月21日東飯能駅で(荷車の歌)のロケが行われたとの記述が有ります。
故に三郎の出征見送り場面は、クランクアップ寸前に八高線 東飯能駅で地元婦人会のエキストラ協力の元 ロケが行われた様です。ですから背後の架線は、西武池袋線東飯能駅です。

1958年11月に八高線の旅客列車は完全気動車化されたとの文献もあるので、定期列車でロケが行われたのか撮影用に臨時便を仕立てたのか不明です。
1958年10月訂補されたダイヤの定期列車だとすると八王子 14:04発 下り高崎行 245ㇾが該当し、東飯能駅 14:52分発でした。通常はC58形蒸機が使われ、映画用にハチロクを用いたと思われます。

しかし エキストラ手配と日照の関係で東飯能駅で下り列車を使っての撮影となり、広島県の三次駅近郊を想定した場面なのに架線が映り込んでしまったものと思われます。
小生は 1963年夏に西武鉄道で東飯能駅まで来て、薄暗い地下道を通って八高線に乗り換え 拝島へ向かった記憶があります。その4年前に、ここでロケがあったとは・・・
定時を過ぎてもカラカラカラとアイドリングしたままの気動車は発車せず、対向するD51形蒸機重連の貨物列車が到着するまで長々と待っていたのが印象に残っています。


PageTop

201. 早春

1956年1月 松竹 製作 公開   監督 小津安二郎

毎朝 蒲田駅から国電に乗る 杉山正二(池部良)と通勤仲間の一人 金子千代(岸恵子)の、浮気が発覚したことから生じた妻 昌子(淡島千景)との夫婦仲の危機から修復に至る過程を描くホームドラマです。

早朝 未だ薄暗い 六郷川橋梁方向から京浜線上り 72系電車がやって来るところから、この映画は始まります。
201-1.jpg
杉山は蒲田駅近くに住んでいる様で、蒲田電車庫の横を歩いて駅へ向かいます。
あちこちから勤め人が続々と、東急 目蒲線・池上線の蒲田駅横を歩いて国電蒲田駅へと向かっています。東急 蒲田駅舎は今だ戦災からの仮復旧状態の様で、蒲田駅に到着する京浜線の姿が前方に見えます。
201-2.jpg

次のカットでは蒲田電車庫の横を通って、続々と蒲田駅を目指す勤め人や学生が映っています。留置されているのは、クモハ 73形を先頭とした編成の様です。
201-3.jpg
蒲田電車庫は 1923年開設で 1996年より車両無配置電車区となりましたが、現在でも京浜東北線車両の車庫として使われています。

そして杉山達 通勤通学客で混み合う蒲田駅上りホームへ、8:28発の蒲田始発電車が入線して来ました。
201-4.jpg
続くカットでは、クハ79168 を最後尾とする大宮行が停車します。三段窓が目を引きますね。
201-12.jpg
続いて東京駅丸の内駅舎が映り 丸ビル・会社内へと繋がるので、杉山が勤める「東亞耐火煉瓦」は丸ビルにある設定です。当時 蒲田~東京の所要は 21分なので、随分ギリギリの出社ですね。

中盤 昌子が実家に寄る場面では、車両は登場しませんが東急 池上線 五反田駅が映ります。特徴あるトレッスル橋と 1928年開業時からと思われる木造ホーム屋根が見て取れます。
201-20.jpg

終盤 杉山の浮気が発覚したことから昌子が家を出た頃 岡山に転勤の話があり、行くことを決意する杉山でした。杉山は岡山への途上 大津に居る 仲人でもある先輩の小野寺喜一(笠智衆)に会い、経緯を報告 相談します。
場所は(瀬田の唐橋)の足元であり 小野寺の息子が呼びに来たので立ち上がると、背後に遠く 東海道本線 瀬田川橋梁を渡る蒸機牽引の長大な貨物列車が映っています。
201-14.jpg
この区間は、東海道本線 最後の未電化区間(米原~京都)であり、D51かD52形蒸機が単機で東海道本線最後の活躍している様です。

岡山県の三石工場に転勤して事務所で勤務していると、工場横の山陽本線をD52形蒸機牽引の貨物列車が苦しそうに上り勾配をゆっくり登って行きます。
201-7.jpg
当時の山陽本線は全線で貨物は、D52形を中心に蒸気機関車が牽いていました。撮影は現在も盛業中の三石耐火煉瓦(株)に於いて行われた模様です。

赴任して暫くたったある日の夕方、帰宅すると昌子が来ていました。昼前に着いたそうで、東京 20:15発 ー( 1005ㇾ急行早鞆 )→ 9:01 姫路 9:56 ー (731ㇾ) → 11:02 三石着と乗って来たのでしょう。
杉山は謝罪し、二人はお互いこの地でやり直そうと誓ったのでした。夕陽に染まる窓から上りの急行列車が見えると、杉山が「あれに乗ると明日の朝は東京に着くんだな」と呟きます。
201-17.jpg
C59形蒸機らしきが牽引する急行列車は、貨物列車と違って軽々と高速で工場横を通過して行くのでした。時間帯から宇野発24ㇾ急行せと号か、博多発40ㇾ急行筑紫号と思われます。

PageTop