日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

197. 恋人

1951年3月 新東宝 配給 公開   製作 新東宝・昭映プロ   監督 市川崑

結婚式を翌日に控えた 小田切京子(久慈あさみ)が従兄弟の遠藤誠一(池部良)とデートするも、お互いの気持ちを言い出せないまま経過してゆく 独身最後の一日を描く青春映画です。

結婚式前日なんて案外暇なの。などと遠藤を誘った京子は、父親 小田切恵介(千田是也)から小遣いを調達して待ち合わせの銀座へと出掛けるのです。
水田沿いを小田急電鉄の 1800形2連が走り来ると、
197-1.jpg
雑木林を横目に第4種踏切を通過して行きました。戦災復興用の国鉄63系そのままの姿で、オデコの通風口が特徴的です。
197-2.jpg

ロケ地は不明ですが当時 豪徳寺~経堂で これに似た風景の場所があったそうで、あるいはそこかもしれません。何れにしても現在とは隔世の感があります。
また標識だけの簡易的な第4種踏切が経堂付近にあったとすると驚きですが、1955年時点で小田急線内にはこの簡易踏切が390ヶ所もあったそうで不思議ではない様です。

その後の近代化で第4種踏切は 1973年中には全廃されたそうで、今では全て第1種甲踏切です。なお当時は占領下だったので、標識の表面は英語表記と思われます。
意外と思えるのが鋼製の架線柱で、小田急では 1927年の開業時から高価ですが強度と耐久性が高い近代的な鋼製架線柱を使っていたそうです。

小田急 1800形は大東急時代の 1946年 20両導入され、小田急初の20m車として活躍後 1957年から車体更新されて 1981年迄使われました。
2連で運行されているので各停と思われますが、新宿発の2連は 1960年代になっても見られました。

銀座の喫茶店で待ち合わせた二人は映画・スケート・天ぷら屋・ダンスホールと渡り歩き 京子の独身最後の一日を共に楽しむのですが、気が付くと腕時計は止まっており終電車が気になります。
その頃 小田急線新宿駅では 1800形電車が停まっており、次々と駆け込む人が続いています。駅の時計は 24:48を指しており、
構内放送は「まもなく24時50分発経堂行が発車します。この電車は小田急線 本日の最終電車であります」と告げています。
197-4.jpg

二人は国鉄からの中央地下通路を走って、小田急線乗り場へと急ぎます。しかし小田急線新宿駅11番線からは、ふらふらしている酔っ払いを置いて終電車が警笛を鳴らして出発して行きます。
そこへ遠藤と京子が到着しますが、終電車はホームを離れるところで間に合いませんでした。
197-6.jpg
その様子を見て笑っていた改札口の駅員は、二人が引き返して来ると顔を正して見送ります。
197-8.jpg

改札口から出てくると京子が寒いと言い出したので、
197-9.jpg
再び地下通路へ降りて行きます。京子を残してタクシーを捜しに行った遠藤ですが、見付からずに戻って来ると二人はお互いの気持ちに関して口論となります。
地下通路の壁には小田急線の案内が書いてありますが、代表的な行先が進駐軍基地に関連した相模大塚・相武台前と書いてあるのが時代を反映してます。しかも相模大塚は海老名で相模鉄道に乗り換えた先の駅なのにアバウトです。
197-10.jpg

1927年の小田急線開業時以来の姿を保つ新宿駅ですが、この映画の4年後に公開された前出 (57.泉へのみち 東宝) でもほぼ同様でした。
その後利用客増加から列車本数増加計画に伴い、1960年から大改造工事にかかり 1964年2月に完成させて現在に至っています。

PageTop

196. 永訣(わかれ)

1969年2月 松竹 製作 公開  カラー作品   監督 大庭秀雄

萩中学の生徒 小野寺牧人(舟木一夫)と戦争未亡人の行友夕子(大空真弓)の微妙な距離感を、亡夫の後輩 戎能忠之(緒形拳)との三角関係を絡めて描く 戦時青春映画です。

海兵で一期先輩である大月の墓参りに呉から長躯 萩までやって来た海軍士官 戒能の帰りを、萩駅ホームで小野寺と夕子が見送る場面に鉄道シーンが有ります。
先ずは長門区所属のD51 732 蒸機が汽笛を鳴らし、ゆっくりと動き出します。
196-1.jpg

196-2.jpg
旧表記の駅名版の在るホームでは、学ラン姿の小野寺と和服の夕子が戒能を見送っています。
196-3.jpg

列車のデッキに立つ戒能は、士官軍服姿で敬礼しています。
196-4.jpg
他にも大勢の見送り人がいる中、列車は萩駅ホームを離れて行くのです。
196-5.jpg
小野寺が「呉からだと片道9時間は掛かる」と言えば、夕子は「船の上での仲って女の私達には想像できない位 深いもので、兄弟以上の仲だそうです」と信頼している様子です。
車内へ入った戒能は白い枕カバーの掛かった二等車座席に座って車窓を眺めています。
196-6.jpg
列車は日本海沿いにゆっくりと長門方面へと進んで行きます。
196-7.jpg

戒能の影響もあって海兵へと入学した小野寺は、終戦となり萩へと戻ります。その際 萩駅から降りて来て、駅前が闇市だらけで激変していて戸惑っている様子です。
196-8.jpg

この萩駅舎は 1925年4月開業時から現存している風格ある木造駅舎なので、ロケ当時も駅名板を旧表記に替える程度で撮影が行われたと思われます。

町の玄関駅として建築された萩駅舎であり 作中の時代でも快速列車の停車駅でしたが、町の中心が隣の東萩駅となり現在では 優等列車はこの東萩のみが停車駅です。
作中の時代 夜行の快速列車は東萩駅を通過でしたが、戦後になって東萩・萩の両駅停車となり 1959年9月新設の準急やくも号で初めて萩駅通過となり現在に至っています。

作中で小野寺が「呉からだと片道9時間は掛かる」とサラット言いますが、当時の時間表(1942年11月号より時刻表と改名)で検証してみます。

 萩 7:30 ー( 217ㇾ )ー 8:07 正明市(現 長門市)8:17 ー( 704ㇾ ) ー 9:19 伊佐(現 南大嶺)9:21 ー( 722ㇾ )ー 9:50 厚狭 10:38 ー( 42ㇾ東京行)ー 15:34 廣島 15:46 ー( 334ㇾ)ー 16:31 呉  
このように乗り継いで、所用9時間1分とピタリでした。ちなみに現在でも各停では、7時間12分掛かります。



PageTop