日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 126. やさぐれ刑事(デカ)

1976年4月 松竹 製作 公開   カラー作品   監督 渡辺祐介

北海道警のハミダシ刑事 西野剛(原田芳雄)が暴力団幹部 杉谷保夫(高橋悦史)に妻 真穂(大谷直子)を寝取られ、警察を辞めて駆け落ちした二人を列島縦断で追い掛け 復讐を図るアクション映画です。

大西警部(神田隆)を射殺した杉谷は手配され、西野達が小樽から函館へと行方を追う内 誘拐された真穂と同行していることが分かります。更に青函連絡船を避け、漁船で大間方面へ渡った様です。
しかも無理やりではなく 仲が良さそうだったことから遂に西野はキレ、警察手帳を破って警察官ではなく一個人として駆け落ち逃走した二人を追い掛ける決意を固めます。開始 18分のここでタイトルと異例な映画です。

鉄道シーンはここからで、二人を追った西野は大畑駅から大畑線に乗ります。126-1.jpg
126-2.jpg

大湊線・東北本線と乗り継いだのでしょう、青森駅西口から出て来た西野の姿があります。
しかし杉谷に再び逃げられましたが、元部下の松井(清水章吾)から福島県 相馬へ向ったとの情報を得て後を追います。だがここでも杉谷に逃げられ、相馬の組を爆破して東京へと向かいます。

東京では再び松井のサポートを受け、更に真穂から杉谷のバックや行方の情報を得て大阪~神戸で麻薬組織に打撃を喰らわします。そして次の逃走先 小倉へ飛び、飲み屋で聞き込みをしているところを刺客に襲われます。
その刺客を返り討ちにして捕まえ、雇い主の地元組長から杉谷が鹿児島 南竜会の所へ行った情報を得た。翌朝西野が 小倉駅から 7:06発 1005M 特急有明2号 西鹿児島行にギリギリ飛び乗るシーンがあります。
126-3.jpg
車内は 581系特有のシートピッチだけが広く、それでいて向い合せ 固定 ノンリクライニングシートという現在では考えられない特急車両です。西野は入口を入って直の席に座り、これを監視する眼があります。
126-4.jpg

次に有明海らしき海岸線を走り抜ける 581系 特急有明の美しい姿があります。
126-5.jpg
そして熊本駅へ、有明が到着するシーンが続いています。
126-6.jpg
9:37到着 ここで西野は停車後一寸おいて突然列車から飛び降りました。
126-8.jpg

追っ手をまこうと下車したのでしょうか? 熊本駅前からタクシーに乗り「川尻へ」と告げました。古い木造駅舎の川尻駅前ロータリーを一周した所で、刺客の山路(阿藤海→阿藤快)を車内から射殺しました。
鹿児島でまた松井からサポートを受け、更に山路の女の線から杉谷が枕崎にいることを突き止めます。そして西野は今は無き 枕崎駅舎前にバスで到着し、
126-10.jpg
ここでも真穂と再会 ゴールへと突き進むのでした。



PageTop

 119.川上哲治物語 背番号16

1957年1月 日活 製作 公開   監督 滝沢英輔

プロ野球 初期の強打者 川上哲治の少年時代から二千本安打を達成するまでを描いた自伝映画映画で、少年期を(信田美弘)中学から青年期を(牧真介)戦後期を本人が演じています。

少年野球で大活躍した川上は家が貧しかったが安西医師(深見恭三)の援助で野球の名門 熊本工業へ進学することになり、1932年春 故郷 人吉から熊本へ向かう場面から鉄道シーンがあります。
119-1.jpg

肥薩線 人吉駅1番線 8620形蒸機に牽かれた列車で川上少年は父と妹の見送りを受けて熊本へ向かいます。人吉駅ホーム、機関区の煉瓦車庫共 現在とあまり変化はありません。
119-3.jpg

川上が乗ったハコは門モコ(門司鉄道管理局 門司港客貨車区)所属のスハ43形206で、国鉄がはりきって当時としては新しい車を用意してしまい監督の思惑と合わなかった様に思われます。

次に熊本工業野球部 甲子園大会出場が決まり、熊本駅頭で壮行会が行われる場面があります。木造ながら堂々とした造りの先々代駅舎前で、横一列に野球部の面々が並んでいます。
119-5.jpg

大正3年完成の二代目駅舎で戦時中の空襲でも残った建物ですが、ロケの後解体が始まりこの映画公開翌年の 1958年に三代目駅舎へ改築されています。

甲子園大会で中京商に敗れた熊工ですが、選抜され明治神宮大会への出場が決まります。今度は熊本駅上り2番ホームで壮行会が行われ、狭いホームは野球部員と在学生でギッシリです。
ところが痔を発症した捕手 吉原正喜(宍戸錠)をリヤカーで迎えに行った川上は、C57蒸機らしきが牽く門司行急行列車が到着しても現れず先生達を心配させますがなんとか間に合います。
119-6.jpg
119-7.jpg

ホームの時計は 14時前なので撮影は 13:38着 12分停車 13:50発の門司港行 124ㇾ普通列車を使い、門司行サボ(現在の門司港駅は当時門司駅)と急行札を取り付け行われたのではと思われます。
隣の3番ホームには気動車らしきが停車していますが、これは当時一日4本鹿児島本線 植木から熊本まで乗り入れしていた山鹿温泉鉄道の気動車と思われます。

1937年秋の設定なので当時のダイヤでは、熊本 17:15発の4ㇾ急行 門司行に乗り門司~下関を所要15分の連絡線に乗り下関 22:00発4ㇾ特別急行櫻号に繋がり東京へは翌日の 16:00に着きます。
学生なので急行で行ったとすると 下関 23:00発の10ㇾ急行 東京行で、やや時間が掛るが 19:45に到着します。何れにしても当時 熊本から上京するのは大変な旅だったのですね。
119-8.jpg

そして遂に明治神宮大会で全国優勝した熊工バッテリーの二人は巨人からプロ入りを誘われます。熊本への帰路 セット撮影ながら車内シーンがあります。
次に巨人軍の遠征中 9600形蒸機牽引列車の走行シーンが映った後、川上は車内で監督から金鯱戦での先発を言われるシーンがこれもセット撮影で有ります。

巨人で活躍する川上と吉原ですが、1941年吉原が徴兵され東京駅からの出発を見送るシーンがあります。東京駅8番ホーム スハ32らしき客車のデッキに乗る吉原を巨人軍の面々が囲んでいます。
119-10.jpg

やがて電機のホイッスルが鳴り、{行急}と昔表示の札を付けた列車はゆっくり動き出します。ホームには他の出征兵士を見送る割烹着姿の国防婦人会の一団もいて賑やかです。

PageTop