日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

249. 乳母車

1956年11月 日活 製作 公開   監督 田坂具隆

赤ちゃんまでいる父の愛人に会った桑原ゆみ子(芦川いづみ)が、崩壊した家庭の修復と赤ちゃんの幸せを願い 愛人の弟と共に奔走する姿を描いた映画です。

友人から愛人の存在を聞いた ゆみ子は 母 桑原たま子(山根寿子)に問うと、住み家まで全て知りながらも静観の様子。そこで ゆみ子は 東急電鉄 大井町線 九品仏駅を降りて、母から聞いた愛人 相沢とも子(新珠三千代)宅を訪ねる場面があります。
1960年に改築される前の九品仏駅舎から ゆみ子が降りてきて、
249-1.jpg
踏切で待つ前を 3000系電車が通り過ぎて行きます。
249-2.jpg
僅か2連で、先頭は 3450形の 3491らしき車両です。現在同様 上下線の間に駅舎が有り、外へは踏切を必ず渡る構造です。

次に とも子の娘 まり子(森教子)への帽子を手土産に九品仏へ行った時、玄関に父 桑原次郎(宇野重吉)の靴を見付けて 慌てて駅に引き返します。
駅前の踏切で とも子の弟 宗雄(石原裕次郎)に会ったので、「父が来ているので今行くのははダメ」と 姉の家に行こうとしている宗雄に告げて止めます。
249-3.jpg

娘のゆみ子まで愛人 とも子の肩を持つ様に感じた たま子は、夜遅く帰宅した桑原を袖にして実家へ帰ってしまいます。更に遅く帰宅した ゆみ子は、鎌倉駅まで母親を追い駆けて 何とか家庭崩壊を押し止め様とするのでした。
鎌倉駅の改札口を走り抜けて
249-4.jpg
急ぎ階段を駆け上がると、ホームで電車を待つ母 たま子に追い付きました。たま子を引き戻そうとする ゆみ子ですが、
249-5.jpg
硬い決心をした たま子を説得することはできません。
そこへ横須賀線 70系電車が到着し、
249-6.jpg
2等車に乗った母を茫然と見送る ゆみ子です。
249-7.jpg
セットらしき 2等車内では、呆然とした様子の たま子です。
249-8.jpg
改札口へ戻ると遅れて父 次郎が駆けつけ一緒に外へ出ると、終電だったのか構内が消灯されてゆきます。
249-9.jpg

桑原との別れを切り出そうとした とも子は、急に仕事帰りの桑原に寄ってもらいます。夜 九品仏駅の改札口で、とも子は桑原を待っていました。
249-10.jpg
その後 花屋でバイトする宗雄の背後を、旧塗装の都電 1200形らしきが通過して行く場面もあります。
249-11.jpg
桑原家崩壊の責任を感じた とも子は、桑原と別れて弟の下宿先へ引っ越します。ゆみ子と宗雄は協力して まり子の幸せを第一に応援しようと、関係者全員を とも子の移転先へ集めて 善後策を話し合います。
その帰り道 ゆみ子は母 たま子とタクシーに乗って、母の働くバーへ向かいます。タクシーはネオン煌めく銀座界隈の晴海通りを、月島方面に向かう都電11系統(新宿駅前~月島通八丁目)の電車を追い越して走ります。
249-12.jpg







PS.

鎌倉駅で ゆみ子は母親が乗った上りの終電車を見送り、改札口を父親と一緒に出ると駅構内は消灯となりました。 鎌倉駅から当時の上り終電は、23:38発の横浜行です。
ところが下り電車はこの後 23:40・0:10発の久里浜行があり、終電は 0:42発 逗子行でした。つまり 上りの終電から一時間以上後まで下り電車があるので、消灯はBGMと共に映画の中での演出でしょう。

それにしても 女性 登場人物の名が、皆( ひらがな表記+子)なので文章にすると分かり難いですね。


PageTop

 151. 私が棄てた女

1969年9月 日活 製作 公開   監督 浦山桐郎

シミズ自動車営業主任の吉岡努(河原崎長一郎)は 60年安保学生運動での挫折から女工 森田ミツ(小林トシエ)の肉体に溺れるも逃げ棄ててしまいます。出世の為 社長の姪との結婚を画策するもミツが忘れられない男で、その生き様を描く映画です。

吉岡は狙った社長の姪 三浦マリ子(浅丘ルリ子)とつきあい始めますが、マリ子は社長から縁談を持ち込まれます。上司の奥さんの見送りに東京駅 13番線 横須賀線ホームに来た吉岡は、売店で買い物をしているマリ子に明日の縁談をスッポカす様告げます。
151-2.jpg
しかしマリ子は「今はお芝居しているしかない」と言い、「明日は来いよ」と言いながらマリ子が後ろを付いて来ると思った吉岡に反し乗車。ドアの閉まった久里浜行の一等車デッキから手を振り怒る吉岡をホームに残して走り去って行きました。
151-4.jpg
この映画公開年の 5月10日から国鉄は長年続いた等級制からモノクラス制となり、従来の一等車はグリーン車で二等車は普通車となりました。ロケはこの改定後に行われたと思われますが、未だ一等車表示でグリーンマークではありません。
特急・急行列車の標示改訂を優先して、普通列車は後回しだったのかもしれません。この頃 横須賀線は朝夕以外全て横須賀行で、久里浜へは横須賀乗換でした。故に構内放送は、12:41発の部分も含め架空のアフレコと思われます。
ちなみに同時に運賃値上げもあって東京~横須賀での支払額を比較すると、改定前は二等 230円・一等 430円だったのが改定後は普通 280円・グリーン車 530円でした。現在では普通 1080円・グリーン 2060円(平日・事前料金)

次に五反田駅近くで、偶然吉岡とミツが再会します。ミツは吉岡から棄てられた後、色々な仕事で生き延び 荒んだ様子です。ミツが住むアパート前での短い会話ですが、背後の高架線上を池上線の3連が五反田駅へと到着します。
151-5.jpg
3000系3連ですが、1928年完成とは思えぬ高さで高架の山手線を乗り越える様に池上線五反田駅ホームがあります。二人がいる目黒川沿いの場所は、現在ホテル・ロイヤルオーク五反田が建っている所です。

中盤 回想シーンですが逗子海岸の小屋にミツを置き去りにして、逗子駅1番線から一人横須賀線の東京行に乗ろうとする吉岡の姿をグリーンフィルター越で映した様な映像があります。
151-6.jpg
逗子駅1番線 上りホームで待つ吉岡の前に 113系横須賀線電車が到着します。この映画はパートカラー作品であり、ミツが故郷を回想する場面では相馬野馬追等をカラー画面で映っています。

ミツが転がり込んで住む家の 森田キネ(岸輝子)が鉄道自殺しようとする姿を、ミツが跨線橋上から見かける場面があります。線路上に座り込むキネを近所の奥さん方が線路外に出そうとしています。
そこへEF13型電機+EH10型電機が牽引する貨物列車がホイッスル音と共に近付いて来ます。それを見た奥さん方に続いてキネも自分で、線路外へ退去しました。
151-7.jpg
ここは東海道新幹線の高架下を走る品鶴貨物線(現在は横須賀線等も走行)で、次位のEH10電機は二両一組の当時最大最強の電気機関車でした。


PageTop

 143. 波止場の王者

 1956年11月 新東宝製作公開   監督 内川清一郎

 中小企業 島造船所が開発中のガス・タービンエンジンAZの設計図を狙う国際ギャング団と、技師 水野三郎(宇津井健)達の対決を巡るアクション映画です。

船舶局が認めないAZを優秀なエンジンだと思う水野は、島造船所の山本博士とAZエンジンの研究を進める為 役所を辞めて島造船所へ移籍します。
ある時 田浦へ戻る為、水野は横須賀線に乗りました。品川を出た 70系電車が京浜急行 八ツ山橋へ向かって来る姿が先ず映ります。
143-1.jpg

車内で設計図らしきが入った鞄を網棚へ上げて座席へ座りました。周りには水野の様子を窺うギャング団の連中が乗っています。
電車は坦々と進み、大森辺りを過ぎた頃 水野は居眠りを始めてしまいます。最初はうつらうつら・その内本格的に寝てしまいます。
143-3.jpg

水野の後ろの席に居たギャング団の志水重吉(丹波哲郎)が立ち上がり、頃合いを見て網棚の鞄を自分の持ち物の如く盗み取って前方へ移動して行きます。
143-4.jpg

続いては、10:54到着の田浦駅へ鞄を持った志水が降りました。2等車のドアから下車したので、隣の車両へ移っていたのでしょう。
143-5.jpg
143-7.jpg

志水は素早く跨線橋を渡り 改札を出ると合図して、待機させていた仲間の車に乗って行きました。
一方 水野はかなり遅れて改札に現れ、鞄を盗まれた旨伝えると駅員は「遺失物係の方へ行ってくれ」と間の抜けた返事です。実は鞄の中は・・・

ロケ当時 水野が乗ったと思われるのは、東京 9:42発 909ㇾ横須賀線 久里浜行電車です。
909ㇾは田浦 10:53発ですから、2分程遅れての到着の様です。

PageTop

 97. 西城家の饗宴

1951年6月 大映 製作 公開    監督 鈴木英夫

逗子に住む元海軍大佐で求職中の西城晋作(菅井一郎)と妻 銀行員の長男 浩太郎(千秋実)と妻と子供 二男の妻 次女 敦子(若山セツ子)三男 泰三郎(井上大輔)の8人家族が織り成すホームドラマです。

鉄道シーンは朝の逗子駅から三男の見送りを受けながら東京へ向かう父と長男の姿から始まり、朝鮮戦争特需もあり復興期に入った横須賀線電車が随所に登場します。
今は無き二代目木造駅舎の逗子駅ホームへ入る二人。知り合いと挨拶をしているところへこの年新造されたばかりのクハ 76形を先頭に 42系を中間車とした上り東京行が入線 乗車します。

次に足場を組んで修繕工事中の東京駅丸の内駅舎をバックに、街頭新聞売りから夕刊紙を買う為に並んでいる息子に頼んで買ってもらう父の姿があります。
97-1.jpg

売り出したばかりの時間帯なので、並んでいるのでしょうか?当時は駅の売店では売っていなかったのでしょうか。丸の内駅舎の復旧工事は三段階工事の最終工程で、天然スレート屋根工事中の姿と思われます。

続いては多摩川でしょうか橋を渡る クハ 76形が両端に付いた横須賀線列車のシーンがあります。3両目には2等車が連結され、更に6両目には2等車表示ながら白帯に「ALLIED FORCES SECTION」と記された進駐軍専用車。
97-33.jpg

車両は 40系でしょうか、この車両だけは混むこともなくゆったりとしていることでしょう。颯爽と登場した 70系ですが、この様に初期はクハ 76形を多く製造し両端のみ新型 中間車は旧型の形でお茶を濁したそうです。

また北鎌倉付近でしょうか、前にスカ色 70系7連 後ろに増結の 42系旧塗装車という編成の列車が走り行くシーンもあります。
97-3.jpg

最後に次女 敦子が逗子駅改札前で
97-4.jpg
つれあいになった加取義樹(小林桂樹)から声を掛けられ一瞬立ち止まるが、到着した 70系電車に手を引き乗り込み発車して行くシーンがあります。
97-5.jpg

PageTop