日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

 124. 学園広場

1963年12月 日活 製作 公開  カラー作品   監督 山﨑徳次郎

舟木一夫のシングル曲(学園広場)のタイアップ歌謡映画で、とある男子校に代々受け継がれてきた学校一勇敢な者が被れる「勇者の帽子」を巡るコミカル学園ドラマです。

今年の持ち主 古山(植頭実)が帽子を紛失し、巡り巡って街の公金横領を図る隅田興業社長の子分 奥山(由利徹)が変装用に使ったことから高校生達に追われます。
鉄道シーンは映画後半のここから始まります。学ランを着て高校生に変装した奥山が公金を抱えて国鉄 八王子駅北口らしき広場に現れ、後ろから高校生の集団が追い駆けて来ます。
124-1.jpg

改札口からホームへ行くと、何故かグリーン塗装の京王電鉄車両が。あわてて飛び乗った車両から前方へと奥山は移動して行きますが、高校生達も後を追い掛けて進みます。
続いてのカットでは、京王電鉄 2000系と 2700系 共に急行同士のすれ違いシーンがあります。2000系の改良形で同様な 2010系が、京王れーるランドに静態保存されています。
124-2.jpg

奥山は先頭車両まで来ると、よろけて女性三人組のヒザに乗ったりニワトリが入った箱をひっくり返すなど騒ぎを起こして次の駅で飛び降りました。
降りた駅が島式ホームで、丁度反対側へ到着した電車に乗り移りました。この島式ホームの駅は、仙川駅の様にも見えます。京王電鉄の島式ホーム駅は案外少ないのです。
124-4.jpg

ところが集団で追い掛けていた高校生達は、奥山が降りたのに気づくのが遅れて一人も降りることができずに窓から顔を出して悔しがるだけです。

この一連の動きを見ると、奥山が降りようとした駅は相対式ホームです。両側に電車が停車している画像の場面は島式ホームですが、奥山の姿はありません。
続いて奥山が対面の電車に乗り込むシーンはアップで撮っているのと、ホーム屋根の形が違うことから別の島式ホーム2面4線の追い越し駅での撮影かもしれません。

追い駆けてくる高校生達を撒いた奥山は、車内で「勇者の帽子」の先輩(ミッキー安川)に出会ってしまいます。奥山としてはそんな大事な帽子とは知らず、聞かれてもシドロモドロです。
先輩に付き合えと強引に降ろされた駅の地下通路で、二人は又も追い駆ける高校生の一団と遭遇。その騒ぎで奥山は双方から逃げられました。この駅は高幡不動でしょうか。

この様に国鉄八王子駅や京王電鉄各駅でドタバタの追跡シーン撮影が行われましたが、続くシーンでは何故か遠く青梅鉄道公園へ飛んでいます。
124-5.jpg

ここまで苦労して逃げて来た奥山は、2120形蒸機のキャブに座り 公金の包みを開けますが中身はバナナというオチでした。まだ開園から一年なので後ろの 8620形1号機も綺麗です。
124-6.jpg



PageTop

 92. 花と果実

1967年8月 日活 製作 公開   カラー作品    監督 森永健次郎

原作は石坂洋次郎  淡路島出身の女子大生 村上のぶ子(和泉雅子)と大学生 中畑五郎(杉良太郎)が織り成す、山あり谷ありの青春映画です。

先ずは京王帝都電鉄 調布駅ホームから上り 5000系通勤快速新宿行に乗る、のぶ子の姿を遠距離からズームアップで捉えるカットがあります。
92-10.jpg

隣のホームには各停でしょうか、緑色の 2000系らしき車体が見えます。調布駅は昨年地下化され、現在では様子が一変しています。

続いて中畑がこの電車を追い掛ける様にバイクで走る様子を丹念に数カット入れていますが、
92-111.jpg
代田橋近くの井ノ頭通りと並走する所らしきでのカットでは 2000系になっています。
92-113.jpg

京王の 5000系は 1963年に登場した名車で、1964年のローレル賞を前年の 3000系に続けて同社が受賞しています。1968年製造車から通勤型電車としては日本初の冷房車となりました。

母親の見舞いに帰省した のぶ子が帰る時、父の村上兵三(有島一郎)が新大阪駅で見送るシーンが中盤にあります。
新大阪駅3番ホーム 16:30発 超特急ひかり36号 東京行の横で、のぶ子は父親の 女道楽を攻めたてチャッカリ小遣いをセシメ6号車に乗り込みます。
92-114.jpg

当時 超特急ひかり号は 12両編成で、全車指定席 内1等車が2両 半車ビュッフェが2両付いていました。早朝と昼前後以外は毎正時と半に 30分間隔でひかり号が走り、間にこだま号が1本あるスッキリとしたダイヤでした。
中間停車駅も名古屋と京都のみで超特急にふさわしく、値段も新大阪~東京で運賃 1730円+超特急料金が 1600円で所要3時間10分でした。ちなみに こだま号を使うと特急料金は 1300円(自由席は 1200円)で、所要4時間でした。

中畑が既婚者である田川光子(小山明子)の誘惑のノッテしまった後のある日、のぶ子とデート中に京王線の車内で偶然男の子を連れたに光子に会ってしまいます。
のぶ子が男の子を可愛がると光子も「あなた将来きっといい奥さんになるわよ」などと褒め、傍らで聞いている中畑は光子の方を見るわけにもいかずうつむいたままです。
92-115.jpg

走行シーンでは 5000系の様でしたが、車内は板張りの床なので かなり前の旧型車でのロケでしょう。

PageTop