日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

192. 恋人

1960年1月 松竹 製作 公開  カラー作品   監督 中村 登

信州から上京した学生 吉野英夫(山本豊三)と東京での頼れる先輩である医師の小野雄一郎(南原宏治)の友人 奥野克己(大泉滉)の妹 和子(桑野みゆき)との交際を軸にした青春映画です。

序盤 貨物操車場らしき所の横を小野が歩き、やや離れて吉野が続く場面があります。横では黒煙を吹き上げながら 8620形蒸機がバックで入れ替え作業をしています。
192-1-1.jpg
この場所でのロケは後半にもありますが、かつて訪問した記憶から総武本線貨物支線(越中島支線)の小名木川貨物駅構内ではなかろうかと思われます。

中盤 吉野が奥野兄妹を故郷の信州へ招待する場面があり、D51形蒸機が牽引する列車が高速で走り抜けるシーンがあります。
上野 23:00発の信越本線 309ㇾ準急 妙高 新潟行あたりを想定しているのか、朝方の雪山をバックに快走しています。この列車は長野から各停 317ㇾとなるので、時間帯から 317ㇾの姿でしょう。
192-2-1.jpg

後半 不祥事から大学を休んで働く吉野が、和子と序盤と同じ場所で土手に腰掛け話す場面があります。背後では新小岩機関区所属の 28641号機が入換作業で貨車を押して停車しました。
192-3-1.jpg
そして短笛の後 停車している 8620形蒸機の横をすり抜け、前方へと貨車を押して行きました。この貨物支線はロケの前年 越中島貨物駅まで延伸開業して、勢いの有る時期の様です。
192-5-1.jpg

終盤 和子の父 奥野健三(十朱久雄)の九州転勤が決まり、一家は転居することになります。旅立ちの日 東京駅 15番線ホームでは、奥野夫妻が見送りを受けています。
192-6.jpg
ホームには 21:30発 博多行2・3等急行筑紫の標示が有ります。2等車のデッキでは克己を前に小野と吉野の仲間が集まって、吉野と和子が未だ来ないと心配顔です。
隣の 14番線には次に出る 21:45発の 17ㇾ急行 月光 大阪行が停車しています。
192-7.jpg

その頃 中央通路のベンチでは、和子が吉野との別れを惜しんで座ったままホームへ上がろうとしません。そして筑紫号の発車ベルが鳴り出す頃、漸く吉野の説得を聞き入れホームへと向かいます。
192-9.jpg
皆が心配する中 吉野は和子の手を牽いて駆け寄り、デッキに居る克己の横へと乗せました。見送る一同は万歳三唱し、それと同時にブザーが鳴って列車は動き出しました。克己は淡々と手を振り、皆に応えています。
一瞬 吉野の顔を見た和子は涙で顔を伏せ 吉野の「カズちゃん」との呼びかけにも応えられぬまま、
192-11.jpg
和子を乗せた筑紫号は遠い九州へと悲しげな赤いテールランプと共に去り行くのでした。
192-12.jpg

この当時 41ㇾ急行 筑紫号 博多行は、東京~姫路を EF58形電機・姫路~下関は C59形蒸機・下関~門司を EF10形電機・門司~博多は C59形蒸機に牽かれて翌日 20:05に博多到着でした。
編成は①2等C寝台②スロ53指定二等車③オロ35自由席二等車④⑤ナハネ10三等寝台⑥マシ29食堂車⑦~⑪ナハ11系三等車+⑫⑬スハ43系三等車(⑫⑬は東京~岡山)と多彩です。
1950年代前半は九州行の急行列車の代表格らしい豪華編成だった筑紫号ですが、博多行(あさかぜ)・鹿児島行(はやぶさ)・長崎行(さくら)と特急が3本体制となったこの頃は割と平凡な編成です。



PageTop

159.勝利者の復讐

1958年3月 新東宝 製作 公開   監督 小森白

天才的 金庫破りの前島清一(細川俊夫)は刑務所を出所したが就職出来ず、宝石強盗の一味に加わったことから妻を失い復讐に燃えるサスペンス・アクション映画です。

前島は逮捕されたが事件の全容を話して保釈となり、皆川警部(沼田曜一)の口利きでタクシー運転手として働きだします。その一方で娘 啓子(北村真知子)にも危険が迫ったことから、大家の娘 由美子が千葉の親戚の家に避難させようとします。
前島が運転するタクシーで、12系統の都電車両も停まる総武本線 両国駅へ啓子と由美子は送り届けられます。三人が降りた後 後ろをつけてきた深沢正夫(天知茂)配下の男達が乗った車が、高架線を行く総武本線 72系電車をバックに到着します。

両国駅 地平列車ホームに停まる列車内で前島は、由美子に改めて啓子を託します。
159-1.jpg
発車時刻が迫り 前島はホームから二人を見送り
159-3.jpg
C57形蒸機に牽かれた列車は荷物車を最後に出発して行きました。
159-2.jpg
当時 千葉県方面では無煙化が進んでいましたが、総武本線 千葉~銚子間では比較的 蒸機牽引列車が残っていました。
159-6.jpg
4本あった両国発の蒸機列車の内 12:44発 319ㇾ総武本線 銚子行が唯一の昼便なので、この列車でロケが行われたと思われます。

その後 1958年10月の時刻改正でこの列車は消滅してしまい、以後 両国発の蒸機列車は夕方の 3本体制で 1969年の千葉県 蒸機旅客列車廃止まで続きました。
発車後 啓子は移り行く車窓に興奮して 父親不在の不安感が消えたかの様ですが、尾行する深沢 配下の男達が由美子達の近くに座って様子をうかがっています。
159-7.jpg

前島がタクシーで営業中 深沢の双子の弟 西村登(天知茂の二役)を偶然乗せたことから深沢のアリバイのカラクリが判明し、前島は深沢一味に拉致されてしまいます。
そして 72系電車が走る上の山手線と山手貨物線が立体交差する恵比寿~目黒の目黒道架道橋を車で潜り
159-8.jpg
長者丸踏切を渡って前島は降ろされ線路端に連れていかれます。

やがてEF13形電機らしきが牽く貨物列車が、轟音と共に接近して来ました。
159-9.jpg
一味はニヤニヤして、この後列車通過の直前に前島を線路に突き出して自殺に見せかけて殺害しようとしています。
ところが前島は隙を見て 連中の計画より一瞬早く 自ら線路に飛び出し、向こう側に渡って土手を駆け上がって マンマと逃げ出したのでした。
159-10.jpg
しかし前島の前途は、マダマダ困難の連続でした。
この当時は車も通れた長者丸踏切ですが、その後に歩行者専用踏切となり 現在に至っています。




PageTop

 158.闘牛に賭ける男

1960年12月 日活 製作 公開  カラー作品   監督 舛田利男

元 新聞記者の北見徹(石原裕次郎)は闘牛に魅せられ、スペインから闘牛の興行を人生を賭けて日本へ呼ぼうと奮闘する姿を佐倉冴子(北原三枝)の目線で追う作品です。

冴子は財閥の御曹司 江藤良一(二谷英明)の婚約者だったが、北見に魅かれ結婚を承諾する。北見の故郷 青森へ向かう時の出来事を、回想する部分に鉄道シーンがあります。
夜の上野駅 青森行 急行列車が出るホームで北見は冴子を待っています。漸くやって来た冴子が挨拶すると、早くも発車ベルが鳴り二人は一等車に乗り込みました。
158-2.jpg

ホームの案内放送は「 12番線より 20:32発 青森行 普通急行みちのく号 発車です」と告げています。みちのく号はずっと昼行列車ですし、12番線だと主に東北本線なので架空列車のアフレコです。
EF57らしき先輪が映り発車なので、東北本線を行く 401ㇾ急行 津軽号を想定しているのでしょう。

発車後ゆっくりと加速している時 二人のボックス席横の窓に同僚の山川信悟(高原駿雄)が走り寄り、キャンセルの通知がはいった旨 北見に伝えます。
158-3.jpg
これを聞いた北見は降りようとしますが、冴子は「私達はもう出発したんです 降りたらお終いよ」と拒否します。
158-4.jpg
北見はその声を振り切ってホームへ飛び降りてしまいました。
158-5.jpg
ホームを転がりながらも降りた北見の目には、暗闇に消え行く冴子の乗った列車が映っていました。
158-11.jpg

上野駅としてロケが行われたこの駅は? 逆ガル形ホーム屋根・ホーム上の木製電柱・ホーム端の建物・ホーム表面が平板舗装してある 等々から、両国駅地平ホームなのではと思われます。
そしてこの列車は、両国 17:57発 321ㇾ銚子行と思われます。この列車には両国始発唯一の オロ 35など 一等車が連結されていたので、室内の低品位ぶりとピッタリ合います。

また 321ㇾは蒸機牽引列車なので、主力の常磐線経由 長距離急行列車としてはピッタリなのにあえて 電機牽引列車として映しています。
この時代 青森行 急行など長距離急行には元特ロのスロ 53・54などが使われていたので、二人が座った時点で普通列車用 並ロでは違和感がありました。

話しが暫く進んだ後、再びこの日の事が冴子の回想シーンとして登場します。今度は山川が「エージェントがキャンセルしてきた」とハッキリ述べ、
158-9.jpg
北見が冴子を振り切って飛び降りました。
158-10.jpg
こうして一度は北見を諦め 江藤の元へ走った冴子でしたが、揺れ動いた果てに二人とは決別してアメリカ留学へと進むのでした。

PageTop

 53. 昭和のいのち

 1968年6月 日活 配給 公開   カラー作品    監督 舛田利雄

 時は昭和初期 暗い世相のなかで憂国の士、日下真介(石原裕次郎)をめぐる任侠アクション映画です。

 広い操車場を横断する橋の上に極右集団 七誠会のメンバー四谷隆(中村賀津雄)が佇んでぼんやりと下の線路を見ています。
 やがて汽笛が聞こえてきて轟音を響かせ D51 蒸機牽引の貨物列車が猛烈な黒煙を四谷に吹き上げ通過して行きますが、四谷はピクリともしません。

 そしてシガレットケースからタバコを取り出し銜えケースの蓋を閉めたとき、蓋に近付く人影が映ります。刹那 タバコを捨て四谷は走り出します。
 追いかけているのは特高刑事の郷田竜作(南原宏治)です。D51 が走り去った線路には架線が張られていますが、それ以外の広い操車場は非電化です。
 ロケ地は新小岩操車場のようで、広い構内を横断する長い橋は小松橋かと思われます。

 続いて客車区での追跡のシーンがあり、C57 125 蒸機が映り 汽笛一声 旅客列車が走り出します。53-1.jpg
ホームへ上がった四谷は全速で汽車を追い掛けます。
 ホームを走る四谷に気付いた列車内の日下が見るうち後ろから2両目のデッキへ四谷は飛び乗ります。刑事の郷田もギリギリ追い付き、最後部のデッキへ飛び乗りました。

 四谷が前部へ逃げれば、郷田は追い掛け車内の通路を前へ前への緊迫感ある追跡劇です。当時の乗客に扮装したエキストラや役者で満員の車内での迫力あるアクションシーンです。
 そして遂に最前部の機関車前 何故かテンダーのプレートはC5092 になっています。追い詰めニヤリとする郷田。しかしその時横合いから日下が現れ、郷田と格闘になります。
 お互い走行中のデッキから相手を突き落そうと格闘し、合間にC57の高速走行シーンが入る展開でこのアクションシーンは続きます。
53-2.jpg


 撮影時C57 125 機は新小岩機関区に所属し、超早朝 3:58 勝浦を発車 房総東線(現在の外房線)周りで 7:00 両国着と館山発 5:35 房総西線(現・内房線)周りで 9:10 両国着
 日中 新小岩区で待機し、夕刻 17:19 両国発125ㇾ館山行と 17:39 両国発221ㇾ勝浦行などのスジで働いていました。

 なので朝両国到着後の間合いに撮影用臨時列車を牽引して四谷の飛び乗りシーンなどを撮り、デッキでの格闘シーンはセット撮影だったので 1962年廃車のC50 92 のプレートが登場したのかと思われます。
 なお C57 125 機は両国駅からの蒸機牽引列車の最後まで走り、この映画公開の翌年 1969年9月 廃車となりました。

PageTop