日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

187. 人間の壁

1959年10月 新東宝 配給 公開  企画 大東映画  製作 山本プロダクション  監督 山本薩夫

佐賀県内の小さな炭鉱町の小学校を舞台に 教職員の退職勧告撤回闘争や、児童に対する体罰から起こった父母による教師の辞職要求運動等の教育現場を描いた映画です。

序盤 新しく五年三組の担任となった志野田ふみ子(香川京子)は、問題を抱える浅井宅を家庭訪問することにした。先ず D51形蒸機が貨車を押して左方向へ通過後、ふみ子が踏切を渡って来ました。
187-1.jpg
その直ぐ後ろを 9600形蒸機が後退運転で逆方向へと通過して行きます。ふみ子とすれ違った自転車に乗る男は、このキューロクの鼻先を横断して行きます。現在では考えられない日常がそこには在ります。
画像は一般型とは違って前部に給水温め器が取り付けられた珍しい 9600形蒸機です。操車場らしきを横断する踏切には「危険 無人踏切につき注意 津田山駅長」と看板が立てられています。

D51形蒸機が入換作業をしている横をふみ子が歩いて行くと、地面に石で絵を描いている浅井吉男(伊藤宗高)を見かけて微笑む ふみ子でした。
187-2.jpg

次にふみ子の夫で県教祖の執行委員である志野田健一郎(南原伸二)が通勤する場面で鉄道シーンがあります。先ず津田山駅舎(横浜線の実在駅ではなく架空駅)が映ります。
187-3.jpg
「間もなく 7:45発 下り佐世保行」の放送がある中、志野田が駅員に挨拶しながら改札を通過してホームへと向かいます。構内は通学生や会社員でかなり混んでいます。
187-4.jpg

そして跨線橋を渡ってきた人々で込み合い「つだやま」と駅名板が表示されたホームへ、C61形らしき蒸機に牽引された普通列車が入って来ました。志野田も学生に混じって現れ、乗り込むデッキを選んでいる様です。
187-5.jpg
客車のサボを見ると、不明瞭ですが (上野⇔平) と見えます。常磐線沿線で 上の津田山駅舎の画像に当てはまる駅を探すと、若干改装されていますが駅舎が現存する高萩駅ではなかろうかと思われます。

この映画は佐賀県が舞台として描かれていますが、海辺の洞窟を住居としている児童の家庭訪問場面等 撮影は高萩周辺の茨城県内で殆ど行われた様です。
故に 1,2 番目の画像は、高萩炭鉱等への専用線を抱えた広い側線群のある 高萩駅構内でロケが行われたのでは?と思われます。入換作業が忙しく行われ、大規模な操車場の様にも見えます。

続いて 込み合った車内で、志野田と県教祖 婦人部長の庄司春子(沢村貞子)が並んで座っています。志野田は「教師の指名退職勧告撤回闘争に励もうにも、辞めてしまう人が多いのではマイルな~」などとグチっています。
187-6.jpg
また東京での中央大会に行った帰りの夜汽車内の場面では、志野田は吉沢県委員長(永田靖)に 中央委員の悪口をクドクド言うので「君のような存在が組織にとって一番困る」と鼻を折られてしまいます。
187-7.jpg

187-8.jpg

中盤 激しく雨が降る日に 例の無人踏切を渡って3円安いノートを買いに行った浅井が、入換作業中の貨車と接触事故にあった旨の通報が学校に入ります。
知らせを聞いた ふみ子は駅へ駆け付け 駅長にケガの程度を尋ねますが、「とんだことになりまして、傘を差していたので貨車が見えなかったのでは」と言われ亡くなったことを告げられました。
187-10.jpg


PageTop

173. 黒い潮

1954年8月 日活 製作 公開   監督 山村聡

井上靖の同名小説をベースに、毎朝新聞記者 速水卓夫(山村聡)が国鉄総裁 秋山(高島敏郎 )死亡の真相を 仲間と共に逆風にもめげずに追う ドキュメンタリー風の社会派映画です。

冒頭 土砂降り雨の深夜に、 フラつきながら近付くD51形蒸機牽引の貨物列車に誰かが飛び込みました。
173-1.jpg
その様子を目撃していた初老の男 栗原(小笠原章二朗)は頭が少々弱く、後に警察の目撃対象から除外されます。
続いて常磐線 綾瀬駅 
173-3.jpg
激しく雨が降る中 松戸行終電が到着し、最後部はクモハ 60形の様です。常磐線は事件のあった 1949年 7月の前月に松戸~取手が電化延長され、時刻改正されたばかりですので 0:23が定時の終電でしょう。

ホームにいた駅員が運転手から通告された様で、「おい 官舎のそばにマグロだとさ」と改札の駅員に告げます。「前の貨物が轢いたかも」と改札員「女かもしれんと」と追加情報も告げられます。
173-5.jpg
当時 電車の最後部は改札口の直ぐ前で、終電は松戸行であることが分かります。数人の客が降りてくると、電車は僅かな停車時間で出発して行きました。

次に 事件現場を 9600形蒸機の 29614が牽く短編成の貨物列車が走り抜けた後、
173-6.jpg
速水が線路際に立って謎の多いこの事件の真相究明を決意するのです。
29614は撮影当時 田端区の所属で、デフレクターを外して操車場入換業務が主な運用の他 常磐線貨物列車の短区間も担当していた様です。

また速水の部下 東野村(信欣三)と筧(河野秋武)が事件現場周辺で秋山の足取を調べているシーンでは、常磐線下り線路内を二人で話しながら歩いています。綾瀬方面は遠くまで直線区間で、線路の左右には未だ殆ど家がありません。
そこへ突然 背後から汽笛が鳴り響き、驚いた二人が
173-7.jpg
慌てて線路外に退避して貨物列車をやり過ごします。幹線の枕木の上を歩くなど 現在の感覚では言語道断ですが、当時はよく見かけた様でそれ故事故も多かった様です。

画像で二人の前方に小さな橋が有り、下を小川が流れています。作中ではそこにいた地元の人に聞き込みをしますが、現在では五反野親水緑道となっている所で激変しています。
また画像の右手には 1929年完成の小菅刑務所(当時は東京拘置所も同居)があり、ロケ当時 鉄筋コンクリート造りの立派な建物は作中でも人物の背後で威容を誇っています。
本作は連合国占領解除後 間もない時期に製作されたので、鉄道施設を始め 事件現場となった場所もまだそれ程変化してなく 再現するには好機であったと思います。



史実では 1949年 7月 6日 午前 0:20頃 常磐線 北千住~綾瀬の東武鉄道と立体交差する地点付近で、8分遅れで通過したD51 651蒸機(水戸区)牽引の貨物 869列車が誰かを轢いて 後続の電車運転手が発見したそうです。
869列車遅延の影響か、この電車は現場を 0:25頃通過したので綾瀬発車は4分遅れの 0:27頃と思われます。
遺体が国鉄総裁 下山定則であったことから いろいろ憶測を呼び、当時の時代背景から当初自殺と思われた死因が他殺説優勢の状況となります。最終的には自殺説に傾いた警察の捜査が、高次元の圧力でボヤケ 迷宮入りとなりました。




PageTop

 117. 麗春花

1951年4月 銀座プロ・新東宝 製作  新東宝 配給 公開    監督 島耕二

作家 芳田弦三(島耕二)の娘 英子(島崎雪子)は修学旅行に出掛けている間に母 さだえ(花井蘭子)が急死します。更に母が残した文面から家族の複雑な人間関係を知り、家庭の幸福とはを考えさせるドラマです。

序盤 英子が通う女子校の修学旅行で北海道へ向かう場面から鉄道シーンが始まります。先ず列車内で女学生が歌を歌っているところへ通りかかった車掌が、歌の続きをノリノリで歌う場面があります。
117-1.jpg

そして蒸気機関車が木造客車らしきを牽いて鉄橋を渡り雄大な景色の中へ進んで行く姿が映ります。
続く札幌の宿で寝ている場面では、窓の前を走る蒸機の振動で急須が倒れる様子をセットで撮影しています。

戦後復興期の時代に東京の女学校の修学旅行先が北海道とは・・・いかなるお嬢様学校なのか。時代設定が 1935年頃かもしれませんが、公開当時見た人々はさぞや驚いたのではと思われます。
続いて帰路の車内シーンでは、英子が熊の木彫りのお土産を手にしています。次にD50形蒸機を先頭に往路と同じ鉄橋を逆向きに渡ります。中央本線旧立場川橋梁に似た感じの橋ですが、ロケ地は不明です。
117-3.jpg


その次に京成電鉄が日暮里駅手前で国鉄線路をオーバークロスする地点へ、国鉄の蒸機牽引列車が向かう場面があります。この映像で英子の乗る列車が東京へ戻ってきたことを表している様です。
117-4.jpg

撮影は鶯谷駅北側にある言問通り上の寛永寺橋から行われたと思われます。つまりこの列車は右端側を走っているので、常磐線下り列車です。42系らしき対向する常磐線上野行近郊電車も近付いて来ました。

そして上野駅近くの線路を見下ろす高台を難しい顔の芳田の後ろを英子が歩いています。遠く数多い国鉄の線路越に、都電 21系統 坂本二丁目電停付近を走る車両が見て取れます。
117-8.jpg

立ち止まった芳田は振り向き、妻 さだえが英子の旅行中に急死したことを告げます。この場所は現在とは大きく違い、本覚院東側に当時あった戦災死者合葬墓地の辺りから現在のバス駐車場までの間と思われます。

芳田が執筆に伊豆の漁港へ出掛けた時、母 さだえの書置きから英子は芳田の実子でないことや父に柳路子(三宅邦子)という愛人がいることを知り父の元へ向かいます。
トンネルの中から伊東線を走る 32系電車らしきが、熱海~伊東の行先表示板を前面に掲げて飛び出して来ました。横須賀線時代の塗装でそのまま移籍し、使っている様です。
117-5.jpg

続く車内シーンでは英子が背もたれにクッションが無く、壁も同じ部材の木製内装の列車に乗っています。そして「お父さんの子じゃない」と繰り返し、思いつめている様です。
117-7.jpg

英子は東京から熱海まで東海道本線で来て、乗り換えたのでしょう。当時の伊東線は東京から二等車連結の直通列車が 21往復中 4本有りましたが、全て普通列車でした。なお上の画像では列車番号 716とありますので、伊東発 13:11熱海到着 13:43の上り列車で撮影しています。

PageTop

 109. 首

1968年6月 東宝 製作 公開   監督 森谷司郎

戦時中 警察での取り調べ中起こった不審死事件に挑む正木弁護士(小林桂樹)の姿を追うサスペンスドラマです。

1943年 茨城県青倉村の滝田炭鉱の先山[現場主任] 奥村登(宇留木康二)
109-00.jpg
が賭博容疑で取り調べ中に病死した。不審に思った炭鉱主の滝田静江(南風洋子)が正木弁護士に調査依頼したことから話は始まる。
先ず滝田炭鉱の様子が映し出される。小規模鉱らしく坑口から木製炭車を手押しで出し、
109-1.jpg
木造高架線路の端まで移動すると留め金を外して石炭を排出させます。

次に C58と思われる機関車が牽引する列車の走行シーンの後、茨城へ向かう正木と静江が乗る車内シーンへと続きます。静江は前夜「奥村の解剖は既に終わった」との電報が届いたことを告げます。
帰京した正木は解剖学の権威 南教授に相談すると「遺体の首があればよい」との言葉。そこで正木は帝大の雇員 中原(大久保正信)を紹介してもらい、静江と三人で再度茨城へ行くことにします。

強風の中を走る C5813牽引の列車の姿が続いて映ります。
109-2.jpg
煙突には回転噴火止めが取り付けられたこの C58は、ロケ時 佐倉機関区の所属ですから総武本線での走行姿を撮影したのでしょうか。
警察と検察の共同阻止行動をかわして奥村の首を手に入れ 蓋付のバケツに入れて風呂敷に包んで正木らは水戸駅へ向いますが、車がパンクしたので汽車に間に合う様 上野に近い赤塚駅へ行きました。
109-4.jpg

大雨の中 ギリギリで赤塚駅に到着した一行は、D51781が牽いてデッキからハミ出す程混んだ上野行列車に乗り込みました。
109-3.jpg
しかし持ち込んだ荷物が荷物だけに満員の車内では苦労します。
そして当局の目も気にしながら漸く汽車は上野に到着します。ホームから階段を降りると、ヤハリ警察が張り込んでいました。しかし荷物は一駅前の日暮里で中原が持って降りたのでした。

ロケ当時 常磐線も水戸線も既に全線電化されていますので、この赤塚駅でのシーンは何処で行われたのでしょうか。D51781は当時 木曽福島機関区にいましたので、中央西線の何処かでしょうか。
画面では架線の下を D51が走っています。中央西線では 1968年8月に瑞浪~中津川が電化完成していますので、この区間の駅でロケが行われたと思われます。
 しかし戦時中の時代設定なのに監督は何故架線が張ってある駅でロケしたのでしょうか?中央西線ならば中津川~塩尻でロケに向いた駅がありそうですが・・・近場でも川越線とか何処かあったと思うのですが。

PageTop

 52. 裸女と殺人迷路

 1959年1月 新東宝 配給 公開     監督 小野田嘉幹

 気弱なチョイ悪 矢代五郎(和田桂之助)のプロ野球々場売上金強盗にからむ犯罪ドラマです。矢代のことを心配する恋人 ユリを若き日の三ツ矢歌子さんが演じています。
 なお 刺激的なタイトルが付いていますが、お約束の肩すかしです。

 最初の鉄道シーンは女の土左衛門が川で見つかり、野次馬が集まって橋から見ているシーン。背後の鉄橋をツートンカラーの東急 3000系車両らしきが通過している。
 池上線の五反田駅に到着直前の目黒川を渡る所かと思えたが、支流と合流している川の様子からして東横線の中目黒~代官山で目黒川を渡る地点かと思われる。

 次に矢代と逃亡する為上野駅に来たユリ。パタパタ案内板が映り、13:30 発急行越路 上越線経由新潟行きの案内放送をしています。
52-1.jpg

 矢代は現れず、ハイカーの女性グループが持つトランジスターラジオから「強盗犯の矢代が上野方面へ逃走している」と流れています。

 ユリは矢代を捜しに行きます。次のシーンでは警官に腹を撃たれた矢代が上野駅地平ホームへ向かう線路をフラつきながら逃げようとしています。
 ユリは都電 21 系統(千住四丁目~水天宮前)3000 形が走る坂本二丁目電停で道路を横断し、線路に近付きます。

 そしてELが後方から警笛を鳴らしながら近付いて来る線路内をハイヒールで走り、矢代を探し周ります。背後の一段高い常磐線線路を 72 系らしき国電が走っています。
 矢代の方は一段と腹が痛むのか遂に線路内に倒れ込みます。同じく背後の線路を上野へ向かう、C62 蒸機+荷物車3両+帯付客車・・・が通って行きます。52-2.jpg


 常磐線はこの当時 取手までしか電化されず、取手までの国電以外の長距離列車はDF90 などを使った一部列車以外C62をはじめ蒸機牽引で運行されていました。
 C62の次位に3両も荷物車が連結され日中上野へ向かう急行列車。この当時の時刻表で見ると、上野 10:10 着の青森発急行十和田号と思われます。4両目は二等寝台車のもようです。

 その直後 倒れている矢代を遂にユリが発見し、話し込む内に警官隊に発見され捕まってしまいます。この様子を野次馬に混じって見ていたのが、事件の首謀者 安斎(清水将夫)です。
 それから何食わぬ顔で立ち去ろうとする安斎を、カンの鋭い稲村刑事(倉橋宏明)が見つけ検挙したのであります。

 

PageTop