fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

125. からたち日記

1959年4月 松竹 配給 公開   監督 五所平之助

信州の貧しい農家に生まれた つる(高千穂ひづる)は地主の家で子守し、売られた芸者置屋では下働きから半玉へと苦労するも幸せを掴みきれない女の半生を戦前から戦後へと描いた映画です。

半玉のつるは軍需会社のロンパリ(山形勲)に水揚げされ、3号さんになった。一転 余裕のある生活となったが、時節柄 勤労動員に工場へと働きにでて本山(田村高廣)という軍人といい仲となる。
一時療養から部隊復帰となった本山が、上諏訪駅から出発する日に見送る約束をつるはしていました。夜の上諏訪駅ホーム 時計は 19:27 で本山・妹の民子(島倉千代子)・母親(吉川満子)がいます。
125-2.jpg

ホームは出征兵士を見送る一団が送る歌を歌って賑やかな中、本山は つるの姿を捜して目を泳がしています。そんな本山に母と妹は言葉を挟めず、母はオロオロ 民子は不機嫌な様子です。
ところが つる はその夜に限ってロンパリが居座り、駅へ行くことができません。汽車の発車時刻が迫り、つる は落ち着かず 不自然な様子にロンパリは疑い 外出を阻みます。

そうこうするうち、20:07 発 新宿行上り列車の到着を知らせる放送があり、D51 587 蒸機牽引の列車が入って来ました。
125-3.jpg
つる は遂にロンパリを振り切って家を飛び出します。
踏切へ近付くと手動式遮断機が下り、汽笛を鳴らしながらスノープロウ付 D51 牽引の列車が つる の前を通過して行きます。つる は「本山さ~ん」と4回叫ぶしかありませんでした。
125-5.jpg

この上諏訪駅でのロケを考察してみます。最初のシーンで時計は 19:27 を指しています。ロケ当時 19:17 に下り 417ㇾ長野行・19:22 に上り大月行 420ㇾが上諏訪駅を出発して行きます。
そこで乗降客が居なくなったホームで夜の出征シーンの撮影が行われたと思われます。次に 21:30 到着の長野発上諏訪止まりの 516ㇾを新宿行上り列車として撮影したと思われます。
20:07 発新宿行という放送はアフレコで、戦時中のダイヤでは 長野発 404ㇾで20:57 に上諏訪を発車 翌朝 5:00 新宿に到着します。ロケ当時は 22:36 発 418ㇾが該当し、4:30 新宿着でした。

本山との関係がバレた つるは 諏訪に居られなくなり、芸者時代仲良しだった かるた(水原真知子)を頼って千葉へ弟 忠夫(柴田昭雄)と向かいました。しかし空襲で かるたは死んでしまいます。
戦後 つるは生活苦の中で朝鮮人の松村(殿山泰司)の下で石鹸売りをして、弟を進学させることを希望に頑張っていました。だが弟は病気を苦にして自殺してしまい、諏訪に戻ることにします。
最後の鉄道シーンは、松村達の見送りを受け千葉を離れる時です。ロケ地は不明ですが架線が張られた駅から蒸機に牽かれた列車で、想い出多い地に別れを告げ 諏訪を目指して出立して行きます。
125-8.jpg



PageTop

 87. 姉妹(きょうだい)

 中央映画 製作 1955年4月 独立映画 配給 公開 

優しく落ち着いた性格の姉 近藤圭子(野添ひとみ)と天真爛漫で現実主義の妹 近藤俊子(中原ひとみ)の日常を描いた映画です。

父親が山奥の発電所に勤務しているので、通学の為親元を離れ最寄りの駅へ来たときに最初の鉄道シーンがあります。二人が口喧嘩している小雨の中、列車が近付いて来ました。
先頭で牽引するのは、D51 852蒸機です。ロケ当時 甲府区所属でしたので、中央本線 甲府以西での撮影とおもわれます。
87-1.jpg

二人が暮らす伯母さんの家は松林市となっていますが、市内の様子から松本市と思われます。やがて姉が卒業し、俊子は寄宿舎へ入ることになります。
俊子の修学旅行が近付いた頃 父親は首切りにあった従業員の手前 俊子に参加を諦めさせますが、俊子は堪えて受け入れました。

修学旅行の日 長野工場式集煙装置付 D51 708蒸機(松本区)牽引の列車がタブレットの授受をしながら俊子の実家最寄駅へ着き、一人俊子が降りました。
87-2.jpg
「コンチが行かなくてはつまらないわ」と窓から一人が声を掛けます。
この声に同意するこえがあちこちから掛り、俊子は笑顔を返します。「コンチお土産待ってらっしゃいね」の声に「行ってらっしゃい」と笑顔で手を振る俊子。

汽笛が鳴り、次のカットでは初期製造のナメクジ型 D51 91蒸機(上諏訪区)が盛大に煙を噴き上げ発進します。
87-3.jpg
車窓から皆 ハンカチを振ったり紙吹雪を飛ばしたり、賑やかに去って行きました。
87-4.jpg
87-5.jpg

列車が行ってしまい、静寂に包まれたホームに敏子は残って感慨にふけっている様子です。続いてロングに引いたショットでは、寂しそうに歩き出した俊子の横に(おざわ)の駅名標が有り 遠く去り行く微かな汽笛の音が・・・
87-6.jpg

当時国鉄におざわ駅は無く(函館本線の小沢駅は こざわ です)日立電鉄に小沢(おざわ)駅がありましたが勿論違います。架空駅へと駅名標を変えての撮影と思われますが、何処の駅か不明です。
背後の雪を頂く山脈が南アルプスだとすると中央本線 甲府~塩尻の何れかの交換駅と思われ、ご存じの方は教えて頂きたいと願っております。
 

PageTop

83. わかれ雲

1951年11月 新東宝 配給 公開  スタジオ8 製作    監督 五所平之助

母親の死後 家に継母がきたことから心が捻じ曲がった藤村眞砂子(沢村契恵子)が、家族と離れて暮らすことから世間が見える様になり 成長し 立ち直る姿を見せる映画です。

鉄道シーンは最初と最後にあります。冒頭 D51 蒸機が牽く夜行列車が夜明けを迎える場面から始まります。やがて列車は中央本線 小淵沢駅に到着します
83-1-2.jpg

構内放送が「小淵沢~ 小海線乗換 小海線は時間がありますので駅の待合室でお待ちください」と告げています。眞佐子たち女子大生5人組はホームに降り立ち背伸びなんぞをしています。
83-2-2.jpg

この列車は新宿 23:55 発 419ㇾ長野行普通列車と思われ、小淵沢には翌朝 5:33 の到着です。しかし接続の小海線は始発が 7:12 とかなり待つことになります。
5人は八ヶ岳を眺めて感激する者・ホームの水飲み場で美味しそうに飲んでる者・向かいの小海線ホームに停まっている客車を見て、「まークラシカルな汽車!」と言う者 それぞれです。
83-3-2.jpg

やがて小海線の発車時刻が迫り、駅の外で過ごしていた五人が改札へと急ぎ足で向かっていると、眞佐子が改札前で倒れ込んでしまい一同は小海線の汽車に乗れなくなってしまいました。
眞佐子は軽い肺炎に罹り、駅で世話になった山田館のおせん(川崎弘子)の元で皆と別れ療養します。快方に向かった後も継母の迎えを断り、南医師(沼田曜一)を手伝い おせんの元で暮らします。

そして父親である藤村良平(三津田健)が出張の帰り道に迎えに来た時、眞佐子は見違える程明るく 素直になり 一回り大人の女性に成長した姿を父に見せたのでした。
いよいよ小淵沢を離れる日 別れの場面で後半の鉄道シーンがあります。駅弁の立売がいるホームでは眞佐子と父 おせん 南医師が上り新宿行を待っています。

案内放送の後 D51 蒸気機関車重連牽引の新宿行普通列車が到着します。先頭は上諏訪区のD51 174です。
83-6-2.jpg
眞佐子と父は3両目の2等車に乗車し、窓から顔を出して別れの言葉を交わしています。
83-10-2.jpg

やがて汽笛が鳴り響き、
83-5-2.jpg
列車はゆっくりと動き出し お互い別れを惜しむ中小淵沢駅ホームを離れ加速して行くのでした。知り合いになった町の人々も沿線から見送っています。

当時のダイヤでは昼間の上りは1本準急列車がありますが小淵沢は通過です。新宿直通の普通列車は5本で、この内2等車連結は2本しかありません。
松本 6:00 発の 412ㇾが小淵沢 8:46 塩尻 11:26 発の424ㇾが 13:27 の2本ですが、8:46 の412ㇾに乗車したと思われます。そしてこの列車は 13:36 に新宿到着です。

PageTop

 65. 無頼 黒匕首

 1968年12月 日活 製作 公開   カラー作品     監督 小沢啓一


 (10.「無頼」より 大幹部)、(47.大幹部 無頼)で扱った無頼シリーズの第五弾。この年だけで五作公開され、当時日活がいかに無頼シリーズに頼っていたかが分る任侠アクション映画です。

舞台は 1962年頃の東京 立川。 流れ者 藤川五郎( 渡哲也 )は元ヤクザの先輩 三浦健介( 中谷一郎 )を頼って訪ね、三浦が営む建材屋で働くことになります。
立川に暴力団 武相会が進出してきて、三浦の会社は狙われます。更に藤川と縁ある人を脅した武相会幹部を倒した藤川も、会長の息子 志下末雄( 川地民夫 )と長い間もめていることもあり狙われます。

武相会は三浦を脅迫し、藤川を誘き出そうとします。三浦は仕方なく藤川を騙し、武相会から逃がすからと八王子駅から列車に乗せようと呼び出します。
八王子駅 改札内跨線橋を急ぎ足で三浦が先導して歩き、藤川が続きます。4番線、3番線への降り口を通過 更に先へ進みます。時々藤川は後ろを振り向き、追っ手が居ないか警戒しながら歩きます。

(松本発 14時27分 新宿行)と白地の看板に書かれた案内板が出ている次の降り口の所に来ると、三浦はここだと言わんばかりに顎をしゃくり通路を右に曲がります。65-1.jpg


そして中央本線上り線・八高線の乗り場がある、0番線~2番線ホームへの階段を降り始めます。前方には当時存在した0番線の案内表示板が見て取れます。下り階段部分では、藤川が前方で降りて行きます。
階段の中程まで降りた時、突然前方から そのスジの男が3人現れ行く手を塞ぎます。立ち止まる二人。後ろを振り返ると、8人程のスジ者が退路を塞いでいます。どうする五郎・・・

藤川が懐の黒匕首に手を掛けた時、腰にヤッパを突き立てられる気配。フリーズする藤川。なんと三浦が藤川にヤッパを突き立て、藤川の懐から黒匕首を取り上げます。思わず「売ったな先輩」と呻く藤川。
「すまねぇ お前をこうしねぇと俺の身が立たねぇんだ」と三浦。藤川は武相会の組員に両脇を抱えられ階段を降りていきます。

続いてのシーンではEF13電機らしきが次位にマヌ34らしき暖房車 その後ろに旧形客車を従え、走り抜けます。65-2.jpg
そしてデッキでは武相会組員に監視された藤川と三浦が話しています。
車内のボックス席に座る武相会々長の志下寛市( 菅井一郎 )が「そろそろ立川かな」と呟き、降りる準備を始めようかと思った後 デッキでは藤川の逆襲がが始まります。

武相会の組員は次々に匕首を手にした藤川の逆襲にやられて、数が減っていきます。そして会長に迫った時、息子の末雄が散弾銃を取り出し藤川に銃口を向けます。
咄嗟に三浦が藤川の盾になり、顔を撃たれてしまいますが藤川はデッキから飛び降ります。ロケでは人形を落とすんですが、ちょっと残念な感じです。
65-4.jpg


撮影当時のダイヤでは八王子 14:43 発の新宿行がありますが、甲府発の電車です。それ以外にもこの頃は日中の客車列車は岡谷 5:43 発の 422ㇾただ1本のみで、八王子発 10:19 で 11:05 に新宿到着です。
この映画設定の 1962 年のダイヤを見ても、松本発の 426 ㇾが八王子 13:54 発で長野発の 428 ㇾが 15:24 であり該当する列車はありません。乗車案内板と共に製作したと思われます。

その後SG搭載の電機が牽引するようになり、暖房車は廃止となりました。旧客車列車も山岳夜行列車として残りましたが、1975年3月 中央本線新宿方から消えて電車化されました。

PageTop

 58. こだまは呼んでいる

 1959年1月 東宝 配給 公開      監督 本多猪四郎

 田舎の路線バス運転手 鍋山精造( 池部良 )と車掌の 三好タマ子( 雪村いづみ )を巡るドラマです。

 冒頭 昭和33年の中央本線 韮崎駅の紹介があり、
58-1.jpg
木造駅舎の駅前からハイキングへ行く人々が近代的なキャブオーバー型のバスに乗り込む様子が映ります。
58-5.jpg

 ホーム2面を跨線橋で結ぶ形ですが、現在では廃止されたこの駅の特徴であったスイッチバックの様子が画面からは分りません。

 さて二人が組むのは山梨交通の路線バスで韮崎駅と宿木村(架空)を結んでいます。いつも村人に町での買い物など頼まれ事も引き受けてしまうタマ子なのでした。
 それで発車時刻に遅れ 鍋山をイラつかせ、乗客のハイカー役の加藤春哉たちから囃し立てられるシーンもありますが乗務するとバスガールらしい名調子で案内します。

 そんなタマ子に本屋の平沢健一( 藤木悠 )が好意を寄せますが、二人はお互いが不可欠なパートナーであることに気付くのでありました。
 午後の帰り便でハイカーたちを駅まで運んできた後、線路端で休憩している二人の前を新宿行の上り列車がD51 1025 蒸機に牽かれて行くのでありました。
58-2.jpg

 この機関車 当時は上諏訪機関区に所属し、 長野工場式集煙装置と重油併燃装置を搭載し非電化である甲府以西の中央本線で活躍していました。
 夕方であり2等車を連結していないことから、長野 11:15 発の 416ㇾと思われます。韮崎は 16:53 発で終点の新宿には 21:05 の到着です。
58-3.jpg

 現在韮崎から 首都圏Suicaエリアですが当時も利用客が多く、長距離列車以外にも非電化区間ながら韮崎~甲府の連絡気動車列車が上下で19本も運転されていました。
 夜行の準急アルプスを除く全列車が停車する主要駅でしたが、現在は特急列車では一部しか停車しません。

 1964年8月甲府~上諏訪が電化され無煙化されました。また韮崎以西から急勾配になることからスイッチバックの駅でしたが1970年複線化された時ホームを移転し、解消されました。
 中央本線はこの他にも今は無い、長坂・穴山・新府・勝沼・笹子・初狩(貨物用は現存)などスイッチバックの駅が特に多い線でした。長野~新宿の各停が9時間50分もかかった訳ですね。

PageTop

 28.波の塔 

 1960年10月  松竹 製作、公開  カラー作品    監督 中村登

 青年検事 小野木喬夫(津川雅彦)と政商の妻 結城頼子(有馬稲子)の不倫悲恋映画です。

 鉄道シーンは冒頭と終盤にあり、漸く近代化が始まったころの中央本線が舞台です。
 冒頭に某省 局長の娘 田沢輪香子(桑野みゆき)が D51383 牽引の列車で上諏訪に降り立つ場面があります。28-0.jpg

 それなりに近代化が進んだこの当時、難儀な蒸機牽引列車で東京から来るとは遠い地方を強調する演出かな?

 明るい時間帯に上諏訪到着の優等列車は4本あり、その内新しいDCは2本。更に客車準急穂高1号は甲府~松本DE50×2牽引なので除外。
 局長のお嬢様がドン行で来る訳ないので、新宿 10:00 発の臨時準急 穂高2号と思います。この列車は7月21日~8月27日と9月23,24日運転の臨時便で、撮影時期と合っています。
 準急列車なのでオロ35 1等車が連結されていますが臨時列車故に、新宿~甲府は EF13 牽引で他の客車準急と変わりませんが甲府~松本が D51 蒸機牽引なのです。
 新宿発が 10:00 と手頃なので乗ったのかも知れませんが、上諏訪到着は 14:46 と温泉旅館へ入るには丁度いい時刻です。

 終盤 小野木と頼子は共に不倫が発覚したことから居場所が無くなり、東京駅で待ち合わせて駆け落ちかと思わせます。
 しかし頼子は小野木との約束を破り、新宿発 22:45 の準急穂高3号28-2.jpg
 2号車オロ35 1等座席に座ります。自らへのケジメとして一人で富士の樹海へ入る決意をしたのでした。28-3.jpg

 それでも発車のベルが鳴り始めると東京駅で待つ小野木のことが気になるのか席を立ちデッキへ行きますが、28-5.jpg
発車間際で乗り込んできた登山客に阻まれ降りられません。

 準急穂高3号は1号車にナロハネ10 寝台車 2号車にオロ35 1等車を連結した夜行客車準急で、前名の準急アルプス時代の1956年5月からナハネ10寝台車が付いています。
 1960年4月アルプスから穂高3号となり、その後臨時列車化され1965年10月よりEC急行となり客車準急 穂高は消えました。
 しかしこれは1965年10月から上高地と名前が変わっただけで列車の内容は変わっていません。なお寝台車はオロハネ10 1等車はオロ61でした。
 1966年3月からは急行上高地となりましたが、1968年9月末をもって長く続いた中央東線の夜行客車優等列車の歴史に幕を降ろしました。

PageTop