fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

405.網走番外地 決斗零下30度

1967年4月  東映 製作 公開   監督 石井輝男

橘真一(高倉健)が 汽車の中で出会った幼女の 父親を訪ねて行った炭鉱は 強欲な男に乗っ取られ タコ部屋同然なので、凶悪な一味を倒し 炭鉱を 元の持ち主に 戻す迄を描いた アクション映画です。

序盤 網走刑務所を出所した橘は、汽車の中で
405-2.jpg
住所札を付けた 一人旅の幼女チエ(吉野比弓)と出会います。札の裏には 佐我連鉱山にいる 大槻に渡してくれと書いてありました。
405-3.jpg
ここで タイトルクレジットが 9600形蒸機 と共に入ります。
405-4.jpg
続いて 西条弓子(国景子)が橘に 仕事依頼の話をしていると、
405-5.jpg
トランプ手品をしながら 吉岡(吉田輝雄)が現れ
405-6.jpg
「その仕事は俺が適任だ」と売り込みます。

更に車掌が走ってきて「大変です パンクしそうなんです 誰か手伝ってください」と呼びかけるので
405-7.jpg
橘が行くと、ム所仲間の 百十番(由利徹)が オカマ(吉野寿雄)と 出産詐欺の最中でした。

そこへ車掌の「佐我連~」と 声が聞こえてたので
405-8.jpg
橘はチエの席に戻り、既に発車した列車の 窓から強引に降りるや チエを担ぎ下ろしました。
405-9.jpg

チエを連れて 佐我連駅から外へ出ると
405-10.jpg
鉱山は遠いので 万屋英造(沢彰謙)から 馬そりを借りて、漸く佐我連鉱山に着くと チエは ム所仲間の大槻(田中邦衛)の娘でした。

久しぶりに 娘に会った大槻の代わりに 橘が仕事を代ろうとしますが 坑夫長の蝮(田崎潤)が邪魔し、橘が倒すと 腹いせに 橘が借りてきた馬を撲殺してしまいます。

それで橘は 馬代の代わりに 20ヶ月間 万屋の店で、馬そりの御者として タダ働きすることになったのでした。

橘が 佐我連駅前で客を待つと 到着した列車から
405-11.jpg
白木路子(大原麗子)が降りて来て、クラブコタンまで乗せると マスター白木(丹波哲郎)の妹だと分かりました。

その後 西条家の所有だった 佐我連鉱山の権利を 法外な高利で奪い取った関野(安部徹)から 取り戻そうと、弓子は 用心棒の吉岡と共に 事務所に現れ 吉岡が拳銃で脅かし 権利書を取り戻し逃げます。

関野は配下の連中に 追い掛けさせ 捕まったところを、八人殺しの異名をとる 鬼寅(嵐實寿郎)に 二人は救われました。

その頃関野は 損害保険金目当てに 白木に坑道の爆破を命じ、坑夫は既に逃がしたと 白木に偽り 大槻達は 生き埋めにされてしまいます。

懸命な 救助作業も空しく、橘は大槻を 看取ることになりました。大槻の遺体と 対面して泣きじゃくる チエを見た白木は、橘へ事件の真実を伝える様 情婦の朱美(三原葉子)に言伝します。

こうして 怒りに燃える橘は 吉岡・鬼寅と共に 関野一味を馬で追い駆け、大雪原での 銃撃戦の末に退治したのでした。

佐我連駅から 橘が去る日 ホームでは 鬼寅・路子・チエ・弓子・吉岡・万屋父娘が 見送りに来ています。
405-12.jpg
この町の診療所で 働くことになった路子が チエを育てると告げます。

やがて汽笛が鳴り響き
405-13.jpg
動き出した汽車に 飛び乗った橘は、
405-14.jpg
皆の見送りを受けて
405-15.jpg
別れを惜しむように 手を振っています。
405-16.jpg
赤い反射板を付けた 有蓋車をラストに、
405-18.jpg
9600形蒸機に牽かれた 混合列車は去り行きました。
405-19.jpg






PS.
  風情ある ダルマストーブを備えた 旧型客車内での 序盤のやり取りは、当時北海道の深名線で使われていた ダルマストーブ付き客車を 借りてのロケの様です。

  怪しい笑顔の吉岡が 引田天功監修の オチのある手品を披露したり、伝説の吉野ママこと 吉野寿雄が由利徹と絡んだりと コメディ調の序盤です。

  橘がチエを連れて降りた 佐我連駅は架空駅で、今は亡き 深名線の添牛内駅を 装飾してロケが行われたそうです。この極寒の駅に降りてから、俄然 アクション映画らしくなります。

  添牛内駅は 1931年9月に 雨龍線の末端駅として開業し、1941年10月に 深川~名寄121.8㎞が全通し 深名線となりました。しかし沿線人口の減少から、1995年9月に 廃線となっています。

  作中で 9600形蒸機に牽かれた 混合列車が登場していますが、深名線では 1962年に混合列車は廃止され 旅客は気動車化されています。

  しかし冬季には 貨物列車のスジに ダルマストーブ搭載の スハニ62客車を加えた 混合列車を、名寄~朱鞠内で 1974年3月迄運行していた様です。(名寄10:40発9990レと朱鞠内13:52発9993レの1往復のみ)

  添牛内駅は 朱鞠内駅から 10.2㎞の隣駅なので(間に仮乗降場は2つあった)名寄区協力の元に、この列車を 添牛内まで 往復回送運転させて 撮影用特別列車として走らせたのかも?

  9990レの朱鞠内着から 9993レの発車まで 1時間34分程あるので 朱鞠内の転車台で 逆向きにして、バックで添牛内まで行き 撮影後はそのまま 朱鞠内まで回送運転して その後9993レにしたと妄想します。

  添牛内駅舎は廃線後 老朽化していましたが 2022年に クラウドファンディングによって 資金が集まり、同年10月に 修繕工事が完了し 今後も永く保存されるそうです。


PageTop