fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

380.約束

1972年3月  松竹・斎藤耕一プロ 製作 松竹 配給 公開  カラー作品   監督 斎藤耕一

偶然列車の中で乗り合わせた男女の 出会いから別れまでを、急行しらゆき号を舞台にして センチメンタルに描いたロードムービーです。

松宮螢子(岸恵子)は 酒乱の夫を刺殺した罪で 懲役7年となり、収監5年の今 模範囚なので監手 島本房江(南美江)の監視の元 母親の墓参りを許され 急行しらゆきに乗っています。
380-1.jpg

380-2.jpg
とある駅から 中原朗(萩原健一)が乗って来て、螢子の向かい側の席に座ります。中原は軽い感じで 螢子に話し掛けますが、螢子に相手にされない上に 横の席にいる幼女(田代真由美)にも バカにされてしまいます。
380-3.jpg

380-4.jpg
列車が 次の糸魚川に着くと、中原はホームの売店へ向かいます。ところが 護送中の男(中山仁)と接触し 怒鳴られますが、刑事(土田桂)に 宥められて 男は大人しく乗車しました。
380-6.jpg
中原は 3人分の釜めし弁当と お茶を買ってきて二人に渡すと、中原が食べ出してから 螢子は「知らない人から 頂く訳にはいかないわ」と お金を渡し 房江も遅れて支払いました。

その後柏崎で、護送中の男と刑事は 下車します。
380-7.jpg
中原が目的地を尋ねると「羽越」と螢子が答えたので、「俺も同じだ・・ア疑ってるな~」と 切符を見せるのでした。
長旅の目的地 羽越が近付いたので、螢子は洗面所で 身づくろいを整え戻って来ました。
380-8.jpg
急行しらゆき号は 淡々と進み、
380-9.jpg
羽越駅へと到着します。
380-10.jpg
羽越で降りた中原は、列車の後方へ進んで行きます。
380-11.jpg
改札口を出て 公衆電話を掛けると、予定が変わって 相手には直ぐに会えない様です。

そこで中原は 旅館から出て来た螢子につきまとい、墓参に同行して 明日12時に会う約束を 強引にさせたのでした。しかし翌日 約束の時刻になっても 事件を起こした中原は現れず、螢子は諦めて 房江と帰りの列車に乗るべく駅に行きます。
ところが改札口で 中原が現れ、必死に謝り「次の汽車にしようよ」と言います。突き放す様に 改札口を入った二人を 中原は追い駆け、連絡地下道らしきで 再度説得を試みます。

しかし螢子は 遂に自分の素性を明かし 突き放されたので、列車の発車ベルが鳴りだしても 中原は動きませんでした。
380-12.jpg
螢子と房江は乗車します。
380-13.jpg
ベルが鳴り終わる頃 中原は突然意を決したかの様に 階段を駆け上がりギリギリで 上りの急行しらゆき号に飛び乗ることが出来ました。
380-14.jpg

中原が乗るのを 待っていたかの様に 螢子がデッキに居たので、
380-15.jpg
中原は自分のことを少し明かして 呆れる房江をよそに 螢子と並んで席に座ります。
380-16.jpg

列車は順調に進んでいましたが
380-18.jpg

380-19.jpg
突然停車し、「温海~五十川で 土砂崩れの為停まります」と放送があります。房江が車掌に 状況を聞きに行った隙に、中原が逃亡を切り出して 非常ドアから飛び降り
380-20.jpg
二人で駆け出して行きました。
380-23.jpg
立ち止まった所で 抱擁を交わしますが、螢子は戻る決断をします。一方席へ戻った房江は 二人が消えたので
380-24.jpg
車掌(日高久)に 警察への通報を要請しますが、車掌は逃走を疑い デッキから房江に確認させると 既に 二人共戻っていました。
380-25.jpg

運転再開後の急行しらゆきは、夕暮れの日本海沿いを走ります。
380-26.jpg
その後の駅に 45分遅れで着いたしらゆき号に、山室刑事(三國連太郎)は乗り込み 中原を探します。
380-27.jpg
そして翌朝 終着駅まで乗って行った三人でした・・・
380-28.jpg





PS.
  タイトルバックから 暗く寒々しい冬の 北陸本線の車窓風景が続き、松宮螢子と監視役の島本房江が乗る 急行しらゆき号にとある駅から 中原朗が乗車します。続く停車駅が糸魚川ですから、泊か黒部から中原は乗車したのでしょう。

  1枚目と16枚目の画像は 下りと上り急行しらゆき号らしきが、海に近い駅として名高い 信越本線 青海川駅を通過する様子と思われます。実在地点と進行順が合っていない点は、作品の出来栄えに免じてください!

  中原は糸魚川で 釜めしを購入しますが、当時発売していた 250円の(えび釜めし)と思われます。併結していた 急行白馬(金沢~松本)の切り離しがあり、6分停車なので 余裕で買い出しに行けた様です。

  柏崎で中山仁達が下車するまでは 実物通りだった急行しらゆき号ですが、一行が降りた羽越駅は 何故か架空駅名です。街中で国道8号線の歩道橋を渡るので、北陸本線と信越本線の沿線です。編集ミスか・・・
380-30.jpg
の画像カットがありました。

  物語的には羽越は 直江津が該当しそうですが、何故か逆戻りした敦賀でした。キハ58系を使った 標準的なDC急行のはずが、10枚目の画像は 接続する小浜線の列車でしょうか。

  翌日の上り急行しらゆき号は不可解にも 乗車したとたん「この列車は 秋田 新潟 直江津 富山方面の しらゆき号です 次は鷹ノ巣」と放送が有ります。となると 奥羽本線 大館から、一行は乗車したのでしょうか。

  更に上記の放送では 何処行なのかを 言いませんが 中原が検札を受けた時、車掌は「終点 名古屋までですね」と言って 発券しています。
  これは岐阜県にある 女子刑務所である 笠松刑務所を 想定しているので、夜行DC急行 名古屋行として 設定している様です。上り急行しらゆきとして 富山まで来ると切り離し、0:02発車で高山本線を 急行のりくら8号に併結で走り 5:14に名古屋着と空想します。


  実車の急行しらゆき号の 一輌を貸切、様々な装いのエキストラを乗せて 延々と狭い車内ロケを行っています。 また全編に流れる 音楽担当 宮川泰の 哀愁のこもったサウンドが、本作の出来栄えを より一層引き立てていますね。

  急行しらゆき号は 本作公開7か月後に 日本海裏縦貫全線(北陸・信越・白新・羽越・奥羽)が電化された後も、10年間 DC急行の形を 頑なに保っていた 稀有な存在でした。  

  三國連太郎は 出演部分は少ないものの 刑事・裁判官・検事の三役をこなし 齋藤監督の意図に賛同し、助監督を買って出て カチンコを叩いたり 墓参シーンで粉雪を降らせたりと 全25日の撮影期間中 行動を共にして協力したそうです。  

  本作の主演配役は 二転三転して 久しぶりにフランスから帰国した 岸恵子と、ロックバンドPYG(ピッグ)の人気者 萩原健一が抜擢されました。(元々は中山仁との噂)




PageTop

379.三等重役

1952年5月 東宝 製作 公開   監督 春原正久

地方では大きな会社である 南海商事の社長桑原(河村惣吉)が 会社内外の諸問題を、腹心の浦島人事課長(森繁久彌)と共に 抜群の感覚で明るく乗り切る コメディ調の人情ドラマです。

前社長の 奈良庄右衛門(小川虎之助)が 戦後公職追放となり、総務部長だった桑原が 急きょサラリーマン社長の様に 繰り上がったのでした。
本作のメイン鉄道シーンは 東京出張に出掛ける 場面にあります。地元の南海駅へ 桑原と浦島がやって来て、
379-1.jpg
東京には 今晩8時半の到着ですと浦島が伝えています。

桑原は「今回は 出張所へ予告せずに、出し抜けに行く」と言い、ありのままの姿を 見たいそうです。 
379-2.jpg

そして 前方へ進むと 東京へ同行することになっていた 顔見知りの藤山(進藤英太郎)が、なんと愛人の 芸者おこま(藤間紫)を連れていたのでした。
379-3.jpg

そこへ C58形蒸機牽引列車が 到着したので、
379-4.jpg
一同は 二等車へ乗車します。二等寝台車の 日中状態らしく、ゆったりしているだけが 良点の様です。
端の席で 藤山はおこまと宜しく やっているところへ、浦島が食堂車から 飲み物を桑原に 運んできました。
379-6.jpg

浦島は桑原に「車内から夫人に 電報を打って、東京へ呼びましょうか」と言うと、「お鶴を呼ぶならまだしも・・」と言って 直ぐに取り消す 桑原です。
379-7.jpg

その後 電機に牽かれた列車が 淡々と東京へ向かうシーンに続いて
379-9.jpg
車内では 桑原と藤山が相席し、「帰りは箱根に 寄りたいが、同行しませんか」と藤山が誘いますが 辞退する桑原でありました。
379-10.jpg

東京駅へ到着し 一行が降車口改札を抜けた所で、
379-11.jpg
「あなた」と 藤山に向けて 呼び掛ける声がしました。藤山が驚いて 立ち止まると、「急にあなたと旅行がしたくなって、飛行機で来たんです」と藤山の京子夫人(岡村京子)です。
379-12.jpg

藤山はまさか 夫人が先回りしているとは驚き おこまから離れると、「えらいものが 飛ぶようになったもんだ」と呟くのでした。

更に「ところでそちらの ご婦人はどなた?」と詰め寄ると、藤山は「こちらは要するに 桑原夫人だ」とドモリ声で 逃げます。それを聞いて桑原は「要するに家内です」と、冷や汗顔で 調子を合わせざるを得ませんでした。
379-13.jpg

翌朝 8時半の鐘が鳴る 銀座四丁目交差点の 様子に続いて、
379-14.jpg
横須賀線の 新旧形式の電車が混ざった姿で 走る傍らにある出張所に 二人はやって来ました。
379-15.jpg

東京出張所 視察業務が終わり、帰りも二人は 九州直通急行列車に乗った様です。
379-16.jpg
車内で旧知の 加藤さんに 偶然乗り合わせますが、
379-17.jpg
「ちょっとヤボ用で 来た帰りです」と語った後で 話しに花が咲いています。
379-18.jpg





PS.
  東宝サラリーマンシリーズでは(89.ホープさん サラリーマン虎の巻)と双璧の 先駆的作品で、好評だったので 続編が数本製作されています。

  1~4枚目の画像で ロケが行われた駅は、73おやぢ様のコメントから総武本線両国駅と思われます。

  車内シーンは全て セット撮影ですが、二等車は東京~九州各地を結んだ 直通急行に連結された 寝台車のヒルネを 意識していると思われます。(テーブルは・・・)

浦島は東京到着が 晩の8時半と言ってますが、20:30到着は 当時大阪発の 4レ特別急行列車はと号でした。
近いのは 20:08着の急行阿蘇号ですが、寝台車はゼロなので対象外です。
  本作の設定に合う 二等寝台車を連結していたのは、18:55に到着する 急行きりしま号でした。

  一方飛行機の方は 日本航空の 大阪伊丹空港15:50発の便が、東京羽田空港着17:30でしたので この便を京子夫人は使ったのでしょう。
但し特急はと号は一等車を使っても4580円に対し、飛行機は6000円もしました。さすがは社長夫人ですね。

  こうして夫の行動を怪しんだ 藤山夫人は、高額の飛行機で先回りして 東京駅で待ち構えていました。
  この場面は 実際の東京駅丸の内降車改札口で 行われた様ですが、現在では到底 不可能と思われます。


PageTop

378.三匹の牝猫

1966年9月 日活 製作 公開   監督 井田 探

一癖ある3人の女達が 美人局的に 男を誘惑しては騙し、巻き上げた金で 共同の夢を目指す アクション映画です。

三崎葉子(八代真矢子)は 暴力団里見興行の幹部 木村(郷英治)に 暴行された上に 肩に薔薇の入墨をされ、解放された隙に ナイフで木村を刺してしまいます。
木村の元から逃げ出した葉子は 明け方に帰宅すべく ふらつきながら、都電大久保車庫への 回送線を走る 12系等電車の横の 線路上を歩いています。
378-1.jpg

その後 追手から逃げる為 葉子は矢代(藤竜也)の手引きで 熱海の島田(天坊準)の所へ向かうことになり、東京駅9番線で 矢代の見送りを受けています。
先ず 3ドアの111系か113系電車が入線してきました。
378-2.jpg
続いて売店横で 話す二人の背後で、向かいのホームに 停車していた旧型客車列車が出発して行きます。
378-3.jpg

378-4.jpg
この時代では珍しい旧客で サボは読めませんが、前夜に大阪始発で 13:45に到着した144レが 品川客車区へ 回送されるシーンでしょうか。

続いて113系電車らしきの 走行シーンが映って、
378-6.jpg
一等車内で 化粧直しをしている葉子が映ります。
378-8.jpg
すると 葉子から後方座席に座る女性が 隣席の男から、無理やりな行為を受けて 困惑している様子が見えました。
378-9.jpg

そこで葉子は 二人の元へ行って
378-10.jpg
向かいの席に座ると、「あたしと言う恋人が居ながら アパートから消えたと思ったら、こんな男と・・」と言うや 女の首を締め上げます。
378-11.jpg
慌てた男は「偶然隣に座っただけだ」と言って 逃げて行きました。ところが助けた女は 斉田みどり(水上竜子)と名のり「退屈しのぎに からかおうと思っただけ」と言って仲良くなります。
378-12.jpg

やがて列車は 熱海駅2番ホームへ到着し
378-13.jpg
二人が駅前へ出ると、スケコマシの鉄(野呂圭介)が 今川まり(野川由美子)を騙して タクシーに乗せるところを目撃します。
378-14.jpg

二人はタクシーで追い駆けると 連れ込まれた旅館の部屋では、本性を現したまりに 鉄の方がやり込められていました。

こうして仲良くなった三人は スケベな男を騙して 金を巻き上げ、自分たちの マンションを建てようと 誓うのでした。
最初は 首尾よく熱海の釘貫一家から 三百万円を奪い取り 逃走しますが、里見興行と 釘貫一家の双方から 追われてしまいます。

一方 葉子の行方を 心配していた矢代は、漸く居場所が掴めて 公衆電話から連絡出来ました。
その横の 都電専用線区間を、6000形らしき電車が 走り抜けて行く姿があります。
378-16.jpg






PS.
  最初の画像は 新宿靖国通りから分岐して 都電大久保車庫へ向かう 連絡線で、回送車が運行される 非営業区間だった様です。
  八代真矢子(後に万智子)はともかく、新聞配達人は 都電側と打ち合わせた上でのロケでしょう。

  東京駅ホームでのロケは 当時では段々難しくなり、次の画像の様なシーンは 最後かもしれませんね。
378-5.jpg

  そんな中で 旧型客車普通列車が映っている、東京駅でのシーンには 魅かれました。

  上野駅・新宿・両国などでは まだまだ残っていましたが、東京駅では ごく少数で 日中到着する144レは目立ちました。
  この他 熱海発の13:11着848レも残っていて、3.4枚目の画像は この列車の可能性もあります。

  九州行の急行列車 31レ雲仙・西海33レ高千穂・35レ霧島は、まだ昼行始発で残っていました。

  11枚目の画像は、急行型の153系でしょうか。急行電車が次々と発着する、華やかな時代とも言えるでしょう。

PageTop