fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

347.キクとイサム

1959年3月 大東映画 製作 松竹 配給公開   監督 今井正

黒人混血児姉弟が 差別や からかいに遭いながらも、子供らしく逞しく 明るく成長する姿を描いた 社会派映画です。

川田キク(高橋恵美子)と イサム(奥の山ジョージ)の姉弟は、母親が病死したので 祖母しげ子(北林谷栄)に 乳飲み子時分から育てられています。
迫害に遭いながらも 元気に育つ二人ですが しげ子は行く末を案じ、二人を アメリカへの養子縁組の斡旋組織に 依頼する様になりました。
その結果 イサムが裕福な農家との 養子縁組成立となり、地元の下久野駅へ 皆でイサムの送り出しに向かいます。

イサムの写真を撮りに来た 斡旋組織の男(滝沢修)・イサムの担任の小野寺先生(織田政雄)・親切な隣家のきみえ(朝比奈愛子)・しげ子・イサム・キクの6人が、木造駅舎の下久野駅へ到着しました。
347-1.jpg

待合室の木製ベンチで しげ子・イサム・キクの3人は、夏ミカンらしきを 揃って食べています。
347-2.jpg

やがて「10:23発の郡山行列車の改札です この列車は郡山で 13:05発準急上野行に接続します」と構内放送があり、イサム以外の一同は 男から貰った入場券で 改札を通りホームへ出ます。
347-3.jpg
遥か彼方から 蒸機牽引の列車が近付いて来ました。
347-4.jpg
しげ子は「向こうさ行ったら生水飲むな」とイサムに伝えます。郡山行のサボを架けた オハ61形三等車の窓から、白人混血児らしき 二人を連れた男が「オーイここだ」と呼んでいます。
347-5.jpg

347-6.jpg

男の後からイサムは乗車し、窓を開けてイサムは 最後の見送りを受けます。先生・きみえ・しげ子は 一言ずつ伝えますが、イサムに元気が無い様に見えたキクは 微笑んでペロっと舌を出して和ませます。
347-8.jpg

機関車の汽笛が鳴ると、
347-9.jpg
小野寺先生は お菓子の包みを手渡します。列車が動き出し 最後の挨拶を交わしていると、
347-10.jpg

347-11.jpg

突然イサムが「オラ行くのヤンダ」と叫ぶや デッキへ走り 飛び降りようとします。
しかし男が抱きかかえ 阻止する中 汽車は加速し、
347-13.jpg
キクは「イサム~」と言いながら 追い駆けますが 為す術なく 改札口前で立ち止まります。
347-16.jpg

347-18.jpg

キクはイサムとの 永遠の別れとなった実感が湧いてきたのか、去り行く汽車へ向かって 泣き続けるのでした。
347-19.jpg
悲しい旋律の BGMと共に、哀愁を帯びた汽笛の音が辺りに鳴り響いています・・・





PS.
  本作は何と言っても 水木洋子の脚本で成り立っています。今井監督達が選んだ姉弟役は 水木の構想に合わず、自らが捜して 荒川区の高橋恵美子と 横須賀の奥の山ジョージに 監督の反対を押しきって決めさせたそうです。
  そして未経験の素人二人を じっくり時間をかけて仕込み 自然体で演じられる二人に育て、脚本も二人の個性に合わせて書き換え 撮影に入ったそうです。

  大部分は現在の 福島県喜多方市岩月町入田付平沢(磐越西線喜多方駅の北方8㎞)の集落で撮影したそうですが、何故か鉄道シーンを撮影したのは 五日市線西秋留駅と思われます。(当ブログの検索コーナーから西秋留を参照されたし)
  従って磐越西線らしきの下久野駅を始め 10:23発郡山行列車・13:05郡山発上野行準急も、当時の時刻表に該当列車は無く架空設定です。

  8・10枚目の画像でC11形蒸機の一部が映っていますが、何らかの事情から磐越西線でのロケで無い為の措置と思われます。
  それでも撮影に向いた時間帯に当時2本しか走っていなかった蒸機牽引列車に郡山行のサボを架け、駅構内を下久野駅として装飾してイサムとの別れの場面の雰囲気は満点でしょう。


PageTop

346.馬喰一代

1963年8月 東映 製作 公開   監督 瀬川昌治

馬喰の仕事に誇りを持つ 片山米太郎(三國連太郎)が 男手一つで息子を育て 跡継ぎにと望みますが、中学校進学を希望する息子との 葛藤を絡めた 親子愛を描いた映画です。

片山の妻 ハルノ(藤里まゆみ)は 息子を生みますが 難産故に亡くなり、片山は一人で 息子大平(金子吉延)を育てます。
留辺蘂へ移住し 町の尋常小学校へ転校した大平は 片山が旅馬喰に 出掛けている間に、一度は片山の求婚願いを断った ゆき(本名はきく:新珠三千代)を母親として 暮らしていました。
やがて 尋常小学校卒業が近付いた大平は、跡取りを望む父親に反して 札幌の中学校進学を願い出ます。きくは母親の形見の 懐刀を売って進学資金を造り、肺病の身で送り出します。

片山と大平(仲尾純夫)は 眺めの良い山の上で 別れの儀式を執り行い 留辺蘂駅から 一人で札幌行の 汽車に乗ろうとすると、
346-1.jpg
津田先生(岩崎加根子)を始め 級友達が見送りに来てくれました。
346-2.jpg
津田先生は 大平一人だけなのを見て「お父さんは?」と尋ねると、大平は無言で 山の方を見ています。山の上で馬に乗り 遠く汽笛の音を聞いた片山は、麓の方へ馬を走らせます。

汽車が動き出すと
346-4.jpg
大平は二輌目の客車の 後部ドアの所に立って、追い駆ける級友と 別れの挨拶を交わしています。
346-6.jpg
やがて汽車は加速して、留辺蘂駅から走り去って行きます。
346-7.jpg
遠く走る汽車の姿を 見付けた片山は 線路沿いの道に出ると、大平が乗る汽車を追い駆け
346-8.jpg
馬を懸命に急かして走らせます。
346-12.jpg

そして汽車に近付くと片山は、
346-13.jpg
「大平よ~」と大声で呼びかけます。その声に気付いた大平は
346-14.jpg
窓を開けて、父親の姿を確認するや「父ちゃ~ん」と言いながら手を振ります。
346-16.jpg
片山は 激しく手綱を振りながら「おっ母の言ったことを忘れるな~」と言えば、「分かった~」と大平は応えます。
346-18.jpg

やがて 線路と並行していた 道路が離れると、片山は馬を降りて 線路に上がります。その時には 既に汽車は、原野の中を 遠ざかって行くのでした。
346-20.jpg
暫く 追い駆ける様に 線路内を走った片山は 立ち止まると レールに耳を当て、大平との別れを 悲しみながらも 区切りを付けている様に見え エンドマークとなります。





PS.
  101と番号が付いた C1形 小型蒸気機関車だけを見ると、ロケ地の新得町や新冠からは 何処の私鉄で撮影したのか 想像も付きませんでした。
  立山重工製の 産業用小型蒸機に 似た形があったことからと、101の番号からも 道東の 某炭礦鉄道が候補に挙がりました。
  そして大平が乗った 古典客車の窓下に記された 社紋からウラが取れたので、鉄道シーンのロケは 雄別炭礦尺別鉄道で行われたと思われます。

形式140 番号 101号機関車は 1942年 本江機械(後の立山重工業)製作の 40tC1形 小型蒸気機関車で、日本冶金工業大江山工場で ニッケル鉱輸送に当たっていました。
  ところが戦後 閉山となり 1948年10月に尺別へ来たそうです。C12形蒸機が3輌となった 1962年後も残りましたが、1964年8月末に 廃車となってしまいました。

  大平が札幌へ旅立つ 留辺蘂駅でのロケは、当鉄道の事務所・機関庫も在る中心駅の 新尺別で行われた模様です。
  駅名板と札幌行のサボ程度の装飾で 同級生の見送りを受けながら 新尺別を発車した列車は、終点の尺別炭礦駅方向へ向かって 進んで行ったのです。

  11番目の画像で 大平が乗る木製2軸の ハ3客車は 1894年三田製作所製で、川越鉄道開業から使われ ⇒ ⇒ 西武鉄道と社名変更がありました。その後1949年に 尺別鉄道へ譲渡されたそうです。(1922年日本車両製との資料もあります)
  明治期に製造された 2軸単車の 木造古典客車3輌と小型蒸機機関庫が組んでの ロケ用列車は、大正時代末期の 時代設定にピッタリの 映像が撮れたと思われます。

  大平が札幌へ向かった旅を 1925年の時間表から想像すると、留辺蘂 15:14 ―(14レ)― 翌朝4:28 札幌  この列車は 網走発 函館桟橋行の 直通列車で、当時は石北本線が開通していないので 中湧別・名寄・旭川経由です。尋常小学校の放課後、見送りに駆け付けたと想像する とピッタリですね。(8:58発 502レに乗り 名寄経由で、急行列車を使っても 21:14札幌着です)
  池田経由で 根室本線を使うルートもありますが、11:01に出発しても 乗り換え3回で 翌朝 6:54の到着でした。

  本作の公開前年に 専用鉄道から夢を抱いて 地方鉄道に転換した尺別鉄道ですが、その前から運行していた 旅客列車とダイヤも変わらず 全国版時刻表にも掲載されなかったので 訪れたファンの少なかった様ですね。
  乗車するには 1962年の地方鉄道転換後も 朝夕混合列車2往復のみの運行で、しかも国鉄尺別駅で 連絡運輸を行っていたのは 貨物のみであり 乗客は尺別駅から260m離れた 社尺別駅からしか 乗降出来なかったそうです。(驚きです!)
  
  その後 尺別炭礦は 1970年2月末に 閉山となりましたが、住民の引っ越しの為 4月15日迄 毎日4往復の 臨時ダイヤで運行して幕を閉じたそうです。


  参考文献 : [炭礦技術 23巻8号]  [尺別鉄道の50年 大谷晴彦著]  [鉄道ピクトリアル№173号]

  



PageTop

345.山麓

1962年 7月  東映 製作 公開  カラー作品   監督 瀬川昌治

薬品会社の営業マン 速水信吉(千葉真一)から求婚された 片桐雅子(三田佳子)は、既に嫁いでいる 三人の姉の状況から 速水を結婚相手とすべきか 悩む過程を描いた青春映画です。

序盤 母親 滝子(山田五十鈴)が望まない 三女 加奈子(岩崎加根子)が結婚した 国鉄機関士 朝山三吉(南廣)の登場場面で、先ず D51形蒸機牽引貨物列車が 複線非電化路線を走る様子が映ります。
345-2.jpg
続いて 広い操車場らしきで 単機のD511112号機(田端区)らしきが走る姿があり、
345-03.jpg
朝山が D51の乗務を終えます。
345-6.jpg
降車したところへ 交代の機関士から、「さっき奥さんから電話で 角の店にコロッケが 買って置いてある」と伝言されます。
345-9.jpg

長女 菊乃(淡島千景)は 夫 三つ峰路春(西村晃)の 不貞に耐え切れず家出し、三女 加奈子夫婦が暮らす 国鉄官舎へ身を寄せます。しかし 一週間を過ぎると 夫婦間に亀裂が生まれ始め、加奈子は「新婚旅行が一番の思い出なのが悲しい」と呟きます。
駆け落ち同然の 新婚旅行を思い出し、先ず 夜行の貨物列車が映ります。そして 有蓋緩急車らしきの車掌室で、朝山と加奈子は ストーブの前で 並んで座っています。
345-10.jpg
隣の荷物室から 車掌(潮健児)が現れ、「この駅で降りるんだろ」と促しました。
345-11.jpg
言われて気付いた二人は 慌てて降りるや 汽笛が鳴って 列車が動き出すと 車掌と朝山は握手を交わし、
345-12.jpg
「奥さん 運賃はいずれ出世払いで」と言われた加奈子は、「初めて奥さんと呼ばれて 胸が熱くなった」と回想します。
345-14.jpg

その後 三つ峰は離縁を突き付け、菊乃の嫁入り道具を 実家に返却してきました。滝子は呉服屋を呼んで、菊乃の着物を処分します。その仕打ちを見た 夫の片桐良道(笠智衆)は、趣味の盆栽を叩き割って 家出してしまいます。
101系の 黄色い山手線電車が映った後で、
345-17.jpg
若い人が妙に多い 車内セット撮影シーンが映ります。片桐は次女 操(扇千景)の嫁ぎ先で一泊して、翌朝 滝子への遺書を残し 姿を消してしまいます。

母 滝子からの電話で 遺書を発見した操は、滝子へ伝えて 更に姉妹全員に伝わります。直ぐに最寄りの 中央本線上諏訪を目指して向かい、重装備の D51110号機牽引の 旅客列車の走行シーンが映ります。
345-15.jpg

如何にもセット撮影の 一等車内では 滝子・菊乃・加奈子・雅子の四人が 向かい合わせて座っていますが、
345-18.jpg
心配そうな顔はしてても雅子を含め 誰一人喋る者はありません。
345-19.jpg
車窓を流れる八ヶ岳連峰らしき山並みの中、滝子へ宛てた遺書を朗読する片桐の声がバックに流れています。








PS.
  最初の画像は 通称 田端貨物線(常磐線貨物支線)を京成電鉄と交差する地点で、三河島から田端操車場へ向かう 当時水戸区所属の D51226号機牽引貨物列車です。
  ロケ前年 常磐線は勝田まで電化されましたが、貨物列車は未だ 蒸機が牽いていました。そして本作公開の二か月前に 田端貨物線から常磐線に合流する三河島で、死者160人の 悲しい大事故が起きた過去があります。

  駆け落ち同然の 新婚旅行に出掛けた 朝山夫妻は、知り合いの車掌が乗務する 有蓋緩急車の車掌室に 乗せてもらった様です。加奈子は鞄の中身を「ハイヒール1足と長襦袢2枚 この日の為に二晩徹夜して縫い上げた」と説明しますが、ほっこり・微笑ましい場面ですね。
ワフ21000形有蓋緩急車の車掌室を参考としたセット撮影と思われ、ダルマストーブ上のヤカンが沸いています。

  片桐が 滝子の菊乃に対する 仕打ちに怒って家出し、翌朝 操宅で遺書が発見され 皆で八ヶ岳へ追い駆けます。普通なら 10:00頃新宿発の 列車に乗るでしょうが、該当する時間帯 前後3本は 気動車急行列車ばかりです。
  明るい内に現地へ到着出来るのは 新宿7:00発 2405レ準急穂高1号ですが、甲府~松本は DF50形内燃機重連で 作中と合いません。新宿 10:30発 425レ長野行もありますが、一等車は甲府で切り離されてしまいます。

  D51110号機 牽引旅客列車の 走行シーンでは、長野工場製 集煙装置・重油併燃装置を 搭載した山線重装備で 本線規格ハエタタキが並ぶ 中央本線らしきを豪快に走る姿が映っています。

  八ヶ岳連峰へ 片桐の捜索に 滝子・菊乃は着物姿で向かい 発見の一報を聞くと、そのまま山を登ってしまうとは 凄い台本ですね。(ロケ地は不明ですが・・・)



先月急死された 千葉真一氏の追悼を兼ねて、鉄道シーンには登場しませんが 本作を取り上げました。 ご冥福をお祈り申し上げ、作中での画像を御紹介致します。
345-04.jpg

PageTop