日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

243.あの丘越えて

1951年11月 松竹 製作 公開   監督 瑞穂春海

母の死去により信州の お婆 山口あや(飯田蝶子)の元で育てられ13歳になった白濱萬里子(美空ひばり)が、東京の父親の元に戻されることで生じる様々なドラマを描いた映画です。

学生服の能代大助(鶴田浩二)が上高地の大正池を越えて萬里子の元を訪ねて来て、今度 萬里子の家庭教師となったので迎えに来たと告げます。お婆は泣く泣く、親元へ戻る方が幸せだと承諾するのでした。
翌日 信越本線 信濃追分駅のホームに一同が集まり、お婆と萬里子は別れを惜しんでいます。
243-1.jpg
243-2.jpg
やがてD50形蒸機に牽かれた列車が到着し
243-3.jpg
能代と萬里子は車内中央部に席を取って窓を開けます。
243-4.jpg

そして窓越しに能代が荷物を受け取り あやと萬里子が手を取り合っていると、汽笛が鳴り響き 動輪が力強く動き出します。
243-5.jpg
それでも二人は手を繋いでいて、あやは加速する列車に合わせて走り出します。
243-6.jpg
高齢のあやにしては危険な程に走り、遂には手が離れて転んでしまいます。窓越しの離別シーンがある映画は数々あれど、ここまで老婆が走ったアクションシーンに近い作品は珍しいと思われます。

次に上野駅 高架第四ホーム らしきへ列車が入線する場面の後、
243-7.jpg
到着した列車から続々と乗客が降りる最後の頃に萬里子と能代が現れました。乗って来たのは、二重屋根の普通列車用旧型二等車の様に見えます。
243-8.jpg
萬里子と能代が周囲をキョロキョロ見ていると、父 白濱研一郎(新田實)と会うことができました。このシーンで列車が到着したのは、何故か 3番線であることが分かります。
243-9.jpg

終盤 萬里子が実の孫ではないことが分かった祖父 倉橋伍平(河村黎吉)は怒り出し、それで家庭内が暗くなった責任を感じた萬里子は家出します。暗い中 上野駅北部にある両大師橋上から、夜汽車を見つめる萬里子の姿が映ります。
翌朝 萬里子が乗ったと思われる列車が、お婆のいる信州を目指して走っています。
243-10.jpg
萬里子は知りませんでしたが、実は前日 白濱家に あやの危篤を伝える電報が届いていたのです。

偶然にも萬里子はお婆の臨終に間に合い 、お別れを言うことができました。そして一人 大正池へ向かう萬里子なのでした。一方 朝まだきの信濃追分駅を降りて来た能代は、足早に萬里子の後を追います。
243-11.jpg
大好きな大正池へ入水した萬里子は能代に助けられ、元気を取り戻します。そこへ同級生母娘や両親に祖父 倉橋も笑顔で駆けつけて来てENDとなります。




 PS. 

 萬里子は浅間山が近い、北軽井沢の牧場で育った様です。最初と最後に離れた上高地の大正池でロケが行われていますが、信州という大きな括りで大目に見てください。

 萬里子が上京する場面で D50形蒸機らしきが登場しますが、発車する時の足回りはD51形蒸機らしきボックス形動輪です。当時の上田区・長野区では、客貨共D50形・D51形蒸機を使用していた様です。
 想像するに 最初 D50形蒸機牽引列車の客車中央部に乗車し、窓越しに別れを交わすシーンの撮影をします。一旦 降車し 次のD51形蒸機牽引列車で、機関車の足回りとデッキ隣の席で離別シーンのロケが行われたと思われます。
アクションシーンに近い 走るお婆を演じた飯田蝶子は、この時 54歳でした。長年老け役を演じていたので、もっと高齢かと思っていましたが意外ですね。

 当時の時刻表では 信越本線 信濃追分駅から上野行列車は、夜行1本を含んで一日7本設定されています。このうち 7:59発 322レと 9:49発 324レでロケが行われたと思われ、324レの上野着は 15:04なので後の展開に合致しています。
 そして上野駅 高架第四ホームの 7番線らしきに到着する姿を両大師橋から撮っている様です。当時は田端~田町で山手線と京浜線が線路を共用していたので、3番線ホームで長距離列車が到着するシーンのロケが行われた様です。

 お婆のいる故郷へ帰ろうとした萬里子が乗った列車は上野 23:50発の普通 米原行 611レと思われ、信濃追分駅に翌朝 5:35頃に着いて お婆の臨終に間に合ったのでした。
 また 連絡を受けて萬里子を探しに行った能代が使ったのは、翌日 上野 22:50発の普通 直江津行 327レと思われ 早朝 4:03頃の信濃追分着です。

PageTop

242.女性に関する十二章

1954年11月 東宝 製作 配給 公開   監督 市川崑

銀行員 呉小平太(小泉博)とバレリーナ 飛鳥ミナ子(津島恵子)が、お互いタイミングが合わずに結婚に至らない日々を描いたラブコメディー映画です。

日曜日に銀座の喫茶店でデートする二人ですが ミナ子が所属するバレー団員の脱退騒動の連絡が入り、ミナ子は注文したコーヒーも飲まずに飛び出して行ってしまいます。
仕方なく呉は都電の停留所で待つ間、ミナ子が忘れていった伊藤整著の(女性に関する十二章)を読んでいます。バックの高架線後方に服部時計や日劇らしき建物が見えるので、走っているのは山手線でしょうか。
242-1.jpg

故に この広い道路は晴海通りで、呉がいるのは日比谷電停です。そこへ9系統(渋谷駅前~浜町中ノ橋)の 6000形 6210が到着します。
242-3.jpg
車内から呉の同僚が子連れで降りてきました。
242-4.jpg
思わず挨拶している内に、都電は出て行ってしまいます。同僚に「乗るんじゃなかったのでは?」と聞かれますが、「いや!」と返して 一緒に映画館へ入って彼の子供に苦労するのでした。

中盤 EF57形電機らしきが牽引する列車が高速で走り抜けるシーンの後、
242-5.jpg
特ロ車内では 舞踏評論家 車田龍夫(上原謙)と呉の先輩 倉石そで(久慈あさみ)が並んで座っています。
242-6.jpg
初対面なので車田は そでのことを、色々詮索しますが的外れの連続です。しかし そでの目にゴミが入つた様子を見た車田は、洗面所でハンカチを濡らして来て そでの目に優しく当ててあげます。
242-7.jpg
この場面はセット撮影の様ですが、洗面所へ向かう車田の上方にスロ 1352らしき表示があります。スロ 13? せっかくスロ53らしき立派なセットなのに、東宝美術の忖度でしょうか。


その後ミナ子は主役としてのバレー公演日が迫り、呉も突然 妻帯してのフィリピン転勤を言われます。遂にミナ子は呉との結婚を諦め 後輩の三枝千栄里(有馬稲子)を紹介すると、あっさり双方共 結婚に同意します。
呉と千栄里の挙式当日 招待されたミナ子は、落ち着かない様子で会場へ向かいます。一方 呉も開始直前に式場を出て トイレへ行くと遅れて来たミナ子と丁度会い、お互い笑顔で手をとって屋上へ上がります。

そしてこれまでの9年間、その時々 お互いの事情で結婚に至らなかった二人のこれまでを振り返るのです。その中で大阪へ転勤となって結婚が延期となった時、東京駅で見送る場面があります。
8番線に停車している急行列車の7号車に乗る呉が、ミナ子の見送りを受けています。乗車している車両はスハフ 42 151なので、当時としては新しく 旧型客車晩年期迄 活躍した形式です。
242-8.jpg
会話の最後にはお互い心中することに同意して、二人はホテルテートの非常階段から逃げ出してしまうのでした。

PageTop

241.どっこい生きてる

1951年7月 新星映画社・前進座 製作 北星映画 配給   監督 今井正

時代は戦後復興初期。定職に就いて安定した生活を目指す 日雇い労働者 毛利修三(河原崎長十郎)の、だらしなくも前向きに苦闘する生活を描いた社会派映画です。

冒頭 早朝から日雇い労働を紹介する職安の様な所を目指す人々を映した場面で、薄暗い中 千住大橋らしきを越えて来た都電の前後に軌道敷を走る男がいます。
241-2.jpg
続いて 高架駅を出発する京成電鉄 200形らしき電車が映り、駅の出口から走り出して来る人々がいます。推測すると 千住大橋駅でしょうか、「防犯強化デー」と書かれた大きな立て看板が目立っていますね。
241-3.jpg

次に都電 3000形 3105が停止しない内から飛び降りて 駆け出す男達がいます。行先表示が北千住と読めるので、都電 21系統(千住四丁目~水天宮前)ですね。
241-4.jpg
カーブを曲がった所で停車したので、千住中組電停でしょうか 殆どの人が降りた様です。他の車が走っていないので、日光街道の路上を広がって走って行く様です。かつて千住橋戸町にあった職安を想定している模様です。

この日雇い労働の仕事もアブレる日もあって苦しいのに 借家も立ち退きを迫られ、妻 さと(河原崎しづ江)は長男 雄一(河原崎労作)長女 民代(町田よし子)を連れて東北の姉宅を頼って行くことにします。
出発の日 上野駅へ行く前に、アメ横近くの高架線沿いを歩く一家が映ります。山手線か京浜線の 63系電車が5連らしきで走行する姿が映ります。この界隈は現在と殆ど変わりない感じです。
241-6.jpg

そして一家は上野駅前へやって来て、露店の本屋で毛利は児童書を二人に買ってあげます。戦後6年目の上野駅前ではアメ車らしき乗用車が溢れて、復興期に入った様子です。
241-7.jpg
中央改札口前の明り取りのある大屋根が映り、行列に並ぶ一家の姿があります。やがて「10番線から 11:25発 各駅停車 青森行の改札を開始します」と放送があり、行列は進み始めます。

毛利は妻に金を渡そうとしますが辞退され、二人の子供を連れて改札を通ります。さとは走って12番線を目指す人々の流れの中で、後ろを振り返りながら進んで行くのでした。
241-8.jpg
毛利は三人が乗った列車を見送るべく、北方向にある両大師橋に上がります。やがて3番線らしき高架ホームを出発した蒸機牽引列車が、白い煙を吹き出しながら毛利の下を通過して行きます。去り行く妻子に向かって再起を誓っている様な表情ですね。
241-10.jpg

その後 努力しても不運や毛利のだらしなさもあって、遂には盗人の片棒まで担ぐ始末の毛利です。逃げ回った末に 簡易宿に戻ると、警官が待ち構えていました。しかし上野署へ出頭すると、妻がキセルをして捕まった故の呼び出しでした。
聞けば「姉宅も極貧状態なので、黒沢尻(現 北上)から二駅程の切符で戻って来た」そうです。余程不憫に見えたのか「本当は3倍の罰金なのだが」と言って、警察では説諭で放免してくれました。

警察を出て 鶯谷~上野らしき線炉端の高台を一家はとぼとぼと歩き、仕切り壁に座り込んで途方に暮れた顔の夫婦です。一家の背後では回送か入れ替え中なのか、小型蒸機が白煙を上げて走っています。
241-11.jpg
さとは「今夜子供たちを何処へ寝かせたらいいのか」と呟き 雨も降り出して、毛利も今後どうしたらいいのか迷っている様子です。雨の中 常磐線の 63系電車らしきが走行する姿があります。
241-12.jpg




PS.
 毛利の妻が子供たちを連れて乗ったのは 上野 11:30発 113レと思われますが、この列車が黒沢尻に到着するのが 3:26頃と 真夜中です。到着後の行動を考えたら、12:35頃到着する上野 21:30発 常磐線経由の青森行 211レが適当でしょう。
また当時の運賃では、上野~黒沢尻の 3等運賃が 560円です。行きは払えた切符も、帰りは隣の六原までの 10円切符を買うのがやっとだったのでしょう。







PageTop