日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

241.どっこい生きてる

1951年7月 新星映画社・前進座 製作 北星映画 配給   監督 今井正

時代は戦後復興初期。定職に就いて安定した生活を目指す 日雇い労働者 毛利修三(河原崎長十郎)の、だらしなくも前向きに苦闘する生活を描いた社会派映画です。

冒頭 早朝から日雇い労働を紹介する職安の様な所を目指す人々を映した場面で、薄暗い中 千住大橋らしきを越えて来た都電の前後に軌道敷を走る男がいます。
241-2.jpg
続いて 高架駅を出発する京成電鉄 200形らしき電車が映り、駅の出口から走り出して来る人々がいます。推測すると 千住大橋駅でしょうか、「防犯強化デー」と書かれた大きな立て看板が目立っていますね。
241-3.jpg

次に都電 3000形 3105が停止しない内から飛び降りて 駆け出す男達がいます。行先表示が北千住と読めるので、都電 21系統(千住四丁目~水天宮前)ですね。
241-4.jpg
カーブを曲がった所で停車したので、千住中組電停でしょうか 殆どの人が降りた様です。他の車が走っていないので、日光街道の路上を広がって走って行く様です。かつて千住橋戸町にあった職安を想定している模様です。

この日雇い労働の仕事もアブレる日もあって苦しいのに 借家も立ち退きを迫られ、妻 さと(河原崎しづ江)は長男 雄一(河原崎労作)長女 民代(町田よし子)を連れて東北の姉宅を頼って行くことにします。
出発の日 上野駅へ行く前に、アメ横近くの高架線沿いを歩く一家が映ります。山手線か京浜線の 63系電車が5連らしきで走行する姿が映ります。この界隈は現在と殆ど変わりない感じです。
241-6.jpg

そして一家は上野駅前へやって来て、露店の本屋で毛利は児童書を二人に買ってあげます。戦後6年目の上野駅前ではアメ車らしき乗用車が溢れて、復興期に入った様子です。
241-7.jpg
中央改札口前の明り取りのある大屋根が映り、行列に並ぶ一家の姿があります。やがて「10番線から 11:25発 各駅停車 青森行の改札を開始します」と放送があり、行列は進み始めます。

毛利は妻に金を渡そうとしますが辞退され、二人の子供を連れて改札を通ります。さとは走って12番線を目指す人々の流れの中で、後ろを振り返りながら進んで行くのでした。
241-8.jpg
毛利は三人が乗った列車を見送るべく、北方向にある両大師橋に上がります。やがて5番線らしき高架ホームを出発した蒸機牽引列車が、白い煙を吹き出しながら毛利の下を通過して行きます。去り行く妻子に向かって再起を誓っている様な表情ですね。
241-10.jpg

その後 努力しても不運や毛利のだらしなさもあって、遂には盗人の片棒まで担ぐ始末の毛利です。逃げ回った末に 簡易宿に戻ると、警官が待ち構えていました。しかし上野署へ出頭すると、妻がキセルをして捕まった故の呼び出しでした。
聞けば「姉宅も極貧状態なので、黒沢尻(現 北上)から二駅程の切符で戻って来た」そうです。余程不憫に見えたのか「本当は3倍の罰金なのだが」と言って、警察では説諭で放免してくれました。

警察を出て 鶯谷~上野らしき線炉端の高台を一家はとぼとぼと歩き、仕切り壁に座り込んで途方に暮れた顔の夫婦です。一家の背後では回送か入れ替え中なのか、小型蒸機が白煙を上げて走っています。
241-11.jpg
さとは「今夜子供たちを何処へ寝かせたらいいのか」と呟き 雨も降り出して、毛利も今後どうしたらいいのか迷っている様子です。雨の中 常磐線の 63系電車らしきが走行する姿があります。
241-12.jpg




PS.
 毛利の妻が子供たちを連れて乗ったのは 上野 11:30発 113レと思われますが、この列車が黒沢尻に到着するのが 3:26頃と 真夜中です。到着後の行動を考えたら、12:35頃到着する上野 21:30発 常磐線経由の青森行 211レが適当でしょう。
また当時の運賃では、上野~黒沢尻の 3等運賃が 560円です。行きは払えた切符も、帰りは隣の六原までの 10円切符を買うのがやっとだったのでしょう。







PageTop

235.サザエさんの青春

1957年12月 東宝 製作 公開  カラー作品   監督 青柳信雄

サザエさん(江利チエミ)とフグ田(小泉博)は婚約しますが、フグ田の一年間九州転勤により結婚延期となったので 花嫁修業を始めます。その間の数々の失敗・ドタバタを描く、シリーズ3作目のコメディ映画です。

前半 サザエさん一家がピクニックに出掛けることになりますが、父親の磯野松太郎(藤原釜足)を始め 次々と忘れ物を思い出しては取りに帰る始末です。
サザエさん・父親・母親(清川虹子)・カツオ(白田肇)・ワカメ(松島トモ子)・ノリオ君(藤木悠)の一行6人が漸く駅に到着すると
240-1.jpg
(本日スト決行中)の立て看板があり 改札口前に机が置かれて駅員らしき男が来た人に説明しています。
240-2.jpg

駅舎に掲げられている筈の駅名は、映らないように撮影されています。でも周囲の様子と看板等から、この駅は小田急電鉄 喜多見駅と思われます。
直前の商店街シーンは東宝撮影所最寄りの成城学園前駅付近と思われるのに、何故かしら駅前のシーンでは喜多見駅を使っている様です。その後 フグ田がタクシーで現れ、サザエは母親から弁当の入ったバックを渡され(6人分?)出掛けます。

中盤 花嫁修業の一つとして家計管理を担うサザエですが 保険屋の口車に乗せられてしまい、赤字となった家計の穴埋めにデパートでアルバイトすることになります。
いよいよ初出勤の日 スーツにハイヒール姿で、軽やかに歌い踊りながら喜多見駅へやって来ます。折しも小田急電鉄の茶色い4連電車が、出発して行くところです。3扉の車両ですが、形式は不明です。
240-4.jpg

サザエが駅舎直前に来た時 一瞬 駅舎上部の駅名板の一部分が映り、「ENOKI-ZAKA」と書かれた部分が見えます。作中 カツオが通っている学校が、「榎坂学園」らしいので、この地を榎坂という架空名に設定している様です。
240-6.jpg
改札口を入って 上り線ホームへ階段を上がると、小田急電鉄標準形三角屋根駅舎や下りホームへの構内踏切が映っています。この頃は未だ跨線橋がありませんし、ホームも4連用の様です。
240-7.jpg

サザエは更にホームを進むと、ベンチに置かれた帽子の上にいきなり座ってしまいます。
240-10.jpg
持ち主の男はそっと取り返そうとしますが、怪しい動きにサザエは怒り出します。
でもお尻で潰した帽子を見て、慌てて逃げるように到着した電車の前方に乗り込むサザエなのでした。
240-11.jpg
ベンチの後方に「大和学園」の看板がありますが、これは現在 駅の東に在る( 聖セシリア喜多見幼稚園 )と思われます。

続いて 72系らしき山手線内回り電車が、新橋~有楽町を走行する姿が映ります。山手線と分離運転化されて一年後の、南行 京浜東北線電車も映っています。
240-14.jpg
そしてカメラが左へ回ると、建設中の東京高速道路の高架線が晴海通りとクロスする所で止まっている部分が映っています。東京初の高速道路で、この映画公開の1年半後に開通します。
240-15.jpg
サザエは銀座三越で働く様なので、小田急電鉄で新宿へ出て 山手線か中央線+京浜東北線で有楽町まで来ていたのでしょう。



PS.
   本作からカラー作品となり、東宝としても当たり作として長いシリーズ作品に決めた様な筋立てになっています。 鉄道シーンとしては短いのですが、現在とは隔世の感がある喜多見駅周辺・ホーム等 印象深い作品です。
  喜多見の名が入った看板を映しておいて、何故 駅名を架空名にしたのか不思議ですね。また表札の父親名が磯野波平ではなく 松太郎となっていたのは、原作でもこの頃は表記が無いので 脚本家が付けたのかもしれません。
  作中で松太郎は女房を長年「おい」とか「お前」と呼んでいたので 名前を忘れてしまい、サザエから「フネ」であると教えてもらい 当人から呆れられる場面があります。原作者もここから母親の名を「フネ」としたのかも・・・

PageTop

239. 炎上

1958年8月 大映 製作 公開   監督 市川崑

吃音故か内向的な溝口吾一(市川雷蔵)は父親の遺言で京都 驟閣寺の徒弟となるが、戦後 急に寺が観光化し 尊敬していた老師の堕落を目にして人間不信から放火に至る苦悩を描いた映画です。

溝口は田山道詮老師(中村鴈治郎)にとって亡き親友の息子なので、地元中学から古谷大学へ進学させ 寺の後継者とも考えられていた。戦後 寺には 外国人をはじめ観光客が大勢詰めかけて拝観料収入が増大し、
寺は豊かになって 街で芸者連れの老師を見かける溝口でした。本来の姿を失ってゆく驟閣寺内外を憂え、勉学の意欲を失い 人間不信になってゆく溝口です。

ある日 京都市電10系統 北野線電車が
239-1.jpg
通り過ぎた後を、渡って刃物屋へ溝口が入ります。明治時代開通の京都電気鉄道以来の古典的 狭軌1形電車がポールを上げて、走り抜けて行きます。
239-2.jpg
時代離れしたこの北野線は、この3年後 1961年7月末に惜しくも廃止となりました。溝口は小刀を買った後、隣の薬屋で睡眠薬のカルモチンを購入します。
そして 学友の戸苅から三千円を借りて故郷で自殺を試みますが、至らず 挫折感を深めてゆく溝口です。

その後 戸苅に挑発されて老師に嫌がらせをしたり、有名な禅海和尚に助言を求めても答えを得られず 人間不信に陥り 遂には信愛する 驟閣寺に火を点け全焼させてしまいます。
そして裏山で燃え行く美しい驟閣寺を見ながら自殺を試みますが、またも失敗して逮捕・起訴されてしまいます。

時計が 9:25を指す中 京都駅舎へ、刑事に両脇を挟まれた溝口が入って来ました。居合わせた人々は「あれが驟閣寺を焼いた犯人や」「あの人のお母さん鉄道自殺しはったそうですな」などと言ってます。
239-3.jpg
更に時計が 10:10を指す頃に、一行は改札口を通ってホームへ出て行きます。そこへ C62形蒸機 26号機が牽引する客車列車が入線して来ました。東京へ護送するので、東京行の急行列車の様です。
239-4.jpg

次に車内シーンが映り 窓際に溝口が座り、通路側の横と前に刑事が座っています。溝口が横に座る刑事の顔を見ると、「便所か」と刑事が聞き 溝口は頷きます。
239-5.jpg
刑事と連れ立ってデッキの便所前に来ると、手錠を外してくれます。その時突然 溝口が刑事を突き飛ばし、デッキの扉を開けて 飛び降りようとします。
239-7.jpg

そうはさせじと 刑事は背後から組み付き、何とか飛び降り自殺を防ごうとします。二度三度とデッキから飛び出そうとする溝口を引き戻す刑事ですが、遂に突き飛ばされた後 飛び降り自殺されてしまいます。
239-8.jpg
刑事は呆然とした顔で、飛び降りた方を見送るだけです。
蒸機の汽笛が悲しく響く中、列車は高速で過ぎ去って行きます。
239-9.jpg
続いて 警官二人がムシロが掛けられた遺体のある現場保存をする所へ、逃避された刑事達が車で到着したところでエンドマークとなります。
239-11.jpg
背後では小型蒸機らしき、甲高い汽笛の音が聞こえています。石山付近なのでしょうか。






 PS.

原作 三島由紀夫 作「金閣寺」のモデルとなった金閣寺放火事件が起こったのが 1950年7月なので、当時を想定して製作された映画の様です。市電北野線 N電を登場させて、雰囲気を盛り上げています。
その年の暮れに東京へ護送される最後の場面では、当時走っていた 京都 10:44着の熊本発 34レ東京行の急行列車を想定している様です。

2年前に全線電化された東海道本線ですが、本編で登場した C62形蒸機が牽く列車は 姫路発 936レ京都行 普通列車と思われます。10:29到着なので、あたかも東京行の急行列車の様に見えます。
1958年4月の山陽本線 姫路電化までは、東海道本線 京都までの蒸機牽引列車が多数残っていたそうです。撮影はギリギリのタイミングで行われた様ですね。


PageTop