fc2ブログ

日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

389.にっぽんGメン特別武装班出動

1956年7月 東映製作公開   監督小石栄一

大井町の 伊勢万酒店で発見された 一枚の偽札を発端とした、偽札製造ギャング団と 警察の攻防を描いた アクション映画です。

 タイトルバックの最後で 警視庁捜査3課が舞台なのに合わせて、桜田門の 警視庁本部庁舎前を走る 都電9系統(渋谷駅前~浜町中ノ橋)の 6000形らしき電車が映っています。
389-21.jpg

 偽千円札が発見された当日 千円札を使った8人の内 常連客7人についての 捜査過程で、笠野刑事(高木二郎)が 東武鉄道 牛田駅前の甘味屋で 一人の男についての 聞き込みをする 場面があります。
389-0-3.jpg

その後 新米刑事の園川(高倉健)が 電話番号では?と 疑問に思った紙幣番号から 井原印刷工房で 映画の撮影用に頼まれて造った 一枚と判明しますが、腕を見込まれたギャング団に 主の井原忠孝(吉川英蘭)は 誘拐されてしまいます。

それから 井原の腕で製造された偽札が 出回り始めます。ある日パン屋で 女が支払った千円札が 偽札と見破った女将(不忍郷子)が 交番に通報すると、丁度立ち寄っていた 笠野が女を尾行します。

京成電鉄本線 博物館動物園~日暮里の 国鉄線をオーバークロスする 地点を走る 200形らしき電車が映り、
389-1.jpg

389-2.jpg

車内で笠野刑事が サングラスを掛けた女を 新聞を広げながら監視しています。

389-3.jpg

389-4.jpg

続いて 堀切駅と表示された 駅から女が降りてきて、
389-5.jpg

389-6.jpg

その女を 笠野刑事は 距離を置いて 尾行します。背後の高架線を 京成電鉄 200形らしきが、発車して行きます。
389-7.jpg

しかし笠野は 阿部(小沢栄)を首領とする 偽札製造ギャング団に捕まり、冷酷な依田(伊藤久哉)を初めとする一味に 無惨にも殺害されてしまいます。

それを聞いた 元刑事の 影岡信次(波島進)は ギャング団の取引先である 宮崎(斎藤紫香)の用心棒として 組織に潜入し、笠野が尾行していた 組織の女が 津村あけみ(浦里はるみ)と 判明に至る情報を捜査本部へ送ります。

また 目撃証言から笠野は 交番からあけみを尾行して、京成関屋で 東武に乗り換え 堀切で降りたことが分かりました。

早速刑事達は 堀切駅周辺で あけみの聞き込みを 開始しますが この場面で 再び堀切駅と標示された 駅が登場し、
389-8.jpg
聞き込みに向かう刑事の 背後の高架線に 京成電鉄 100形らしきの姿があります。
389-9.jpg

そして捜査の結果 あけみがこの街の バー バッカスの女給で、影岡は バッカスの地下室が 偽札製造工場であることを 突き止めます。

阿部達が 大量製造した偽札を 宮崎が麻薬取引に 使おうとしますが 影岡が阻止し、お台場での 武装警察隊と ギャング団の 最終決戦での 解決に持ち込むのでした。






PS. 
  3枚目からの画像は 山手線 鶯谷駅~日暮里駅にある 御隠殿坂跨線橋から 京成電鉄本線 博物館動物園~日暮里の 国鉄線を オーバークロスする地点を走る 200形らしき電車を 撮影したものと思われます。

  続く車内シーンでは 半室運転台故に、右側の最前席が 展望良席なのが 分かります。また座席の 袖仕切りが 木造等、車体更新前の 様子が映っています。

7・10枚目の画像で 映っている堀切駅は、東武鉄道伊勢崎線の 堀切駅とは 明らかに違います。
  8・9枚目の画像と合わせても 高架線区間の駅であり、京成関屋駅に 堀切駅として製作した 撮影用の看板を取り付け 撮影したと思われます。
    ( 架空駅名 ではなく、何故この様な 手の込んだ事を したのでしょうか? それとも 堀切菖蒲園駅? )


  

PageTop

388.自分の穴の中で

1955年9月 日活 製作 公開   監督 内田吐夢

40代の未亡人 志賀伸子(月丘夢路)は 利己的な義理の息子・娘と三人暮らしだが、亡夫の遺産生活の為 苦労の末に 一家崩壊へと突き進む過程を 描いたホームドラマです。

学生時代 志賀家で世話になった 小松鉄太郎(宇野重吉)は 銃器会社を退職し、立川基地界隈を歩いた後 新宿のキャバレーへ向かう時 セットの電車内シーンがあります。
388-1-2.jpg

伸子は 義理の娘 志賀多美子(北原三枝)と 出入りしている医師の 伊原章之介(三國連太郎)の 結婚を望んでいますが、当人は 伊原と伸子の仲を怪しんで 乗り気になれません。

ある日 京都に残っている 志賀家の土地売却の件で 多美子が現地へ向かう時、多美子は途中から 伊原に「話があるので横浜まで送ってほしい」と電話して 品川から列車に乗り合わせます。

白いカバーが掛かった 並ロらしき車内で 二人は向かい合って座っていますが、
388-4.jpg

多美子は一向に 話をしないので 伊原は小松から聞いた 会社を辞めた話しをしました。
388-5.jpg

やがて 列車が横浜駅へ 到着しそうになったので 伊原は立ち上がって「それじゃあ」と言いながら 多美子の手を取り 別れの握手すると、多美子は 手を引き寄せて 離しませんでした。
388-6.jpg

一方小松は 四日市の海軍燃料廠跡・白浜三段壁・奈良・京都を 旅する場面に続き、EF58形電機に牽かれた 特別急行列車はと号の 走行シーンが映ります。
388-7.jpg

388-9.jpg

続いて 食堂車内へ小松が入って来て
388-10.jpg

近くの席に座り ウエイトレスに「ジュース」と注文すると、先に向かいの席に 座っていた多美子が気付いて 小松に声を掛けました。
388-12.jpg

旅先での偶然に、普段と違って小松も饒舌です。
388-13.jpg

その後 二等車席に二人が並んで座り、多美子は寝込んで 小松の肩にもたれ込んでいます。小松は膝に乗っている 多美子の手を、そっと持ち上げて お腹の上に置きました。
388-14.jpg

すると多美子は 眠りから覚めて「今何処」と小松に聞くと、「やがて大垣」と答えます。 東京へは「あと6時間程」と話すと、「長いわね~」と 気だるけな返事をする 多美子でした。
388-15.jpg

やがて 夜の有楽町駅界隈を走る はと号らしきの姿が映り、車内では 東京駅到着前から 網棚の荷物を降ろして デッキの方へ移動する 客の姿があります。
388-16.jpg

小松が「渋谷まで送りましょうか」と言うと「もう大丈夫」と多美子は断り、東京駅構内から 伊原の家に電話します が不在と聞いて落胆しています。







PS.
  車内シーンは 全てセット撮影で 2枚目からの 東海道本線車内の画像は、伊原と多美子が向かい合って座るシーンですが スクリーン・プロセスの出来が少々・・・ですね。

  特別急行列車はと号の 走行シーンは素晴らしく、先頭部分のヘッドマークも ハッキリと映っています。
  ロケ地は不明ですが 1955年夏頃の撮影だとすると 上りの米原から大垣手前は電化されていますから、残る米原~京都の未電化区間を C62形蒸機に牽かれた姿を 撮影してほしかったです。

  EF58形電機の次位は スハニ35形{半車荷物車・半車三等車}でしょうか、かなりの高速で 通り過ぎる姿に ピントを合わせ続けているのは 流石 峰カメラマンですね。

  当時の4レ 特別急行列車はと号は 大阪発12:30で、京都・米原(SL⇒EL)・名古屋・豊橋・静岡・熱海・横浜に停車して 20:30東京到着のダイヤでした。

  一等展望車・二等車5輌・食堂車・三等車4輌(ハニ1輌含む)の11輌編成と、二等車(現在のグリーン車)が 一番多いのに 乗車率82%と 盛況でした。(1955年7月上旬平均値)

  小松は 四日市から 白浜へ向かいましたが 当時の紀勢線は、紀勢東線の尾鷲 ~ 紀勢西線の 紀伊木本(現:熊野市)34.3㎞が 未開通でした。

  あえて 当時の紀伊半島を 南下する経路で 妄想すると、四日市 6:59 ―(203レ急行伊勢)― 8:02 松阪 8:23 ―(15レ)― 11:21 尾鷲 12:30 ―(国鉄バス紀南線)― 15:15 紀伊木本 16:25 ―(145レ)― 18:49 串本 19:06 ―(171レ)― 21:22 白浜口

普通の人なら四日市6:29 ―(201レ急行大和)― 9:00 天王寺 9:30 ―(106レ)― 10:41 東和歌山 10:45 ―(6レ準急熊野)― 13:02 白浜口 ですが、作中で あちこち ぶらぶら旅した 小松ですから 上記の経路かもしれませんね。


本作は 盛夏時期に 撮影されていますが この頃日活は 他社に先駆けて 撮影所に 冷房設備を導入したので、食堂車や二等車場面を始め 志賀家内で 着物姿のシーンが多い 月丘夢路は 気持ち良く 演じられた様です。


PageTop

387.心と肉体の旅

1958年1月 日活製作公開   監督舛田利雄

女優を目指して 九州から上京した 稲村直美(南田洋子)と 立花ルリ子(中原早苗)の内 落選したルリ子が 転落しながらも、友情から お互いに助け合う メロドラマ調の青春映画です。

冒頭 東京駅7番線ホームで列車を待つ 新井双葉(楠田薫)の耳に
387-1.jpg
「あさかぜ号は25分の延着です」との放送が入った時、店の客 五十嵐(二谷英明)に声を掛けられたので 軽くあしらいます。
387-2.jpg

双葉が一旦ホーム下の通路へ降りると 慌てる志賀甲太郎(葉山良二)に出くわしたので、「汽車は25分遅れよ」と声を掛けて お茶に誘います。

続いて EF58形電機に牽かれた 上り東京行8レ 特別急行あさかぜ号の 走行シーンが映り、
387-3.jpg
二等車内で 直美とルリ子が
387-5.jpg
近付く東京での コンテストへの夢を語っています。
387-4.jpg

387-6.jpg

やがて 特別急行あさかぜ号は 東京駅へ到着し、
387-8.jpg

387-9.jpg

直美とルリ子の二人は 出迎えてる筈の 志賀を捜しますが いませんでした。
387-10.jpg

直美はルリ子に 動かないで待つように伝え、ホーム下へ 志賀を捜しに行きました。すると 遅れて志賀が現れ ルリ子が直美の状況を話すと、志賀は再びホーム下へ 直美を捜しに行きました。
387-11.jpg

そして 東洋映画ニューフェイス審査会の後 ルリ子が銀座にある 双葉の店を尋ねる時、銀座四丁目交差点を行き交う 都電が映り 鳩居堂ビル屋上にある 星形のナショナル広告塔が 目立っています。
387-12.jpg

その後 直美の父 稲村雄三(深見泰三)と 母信子(新井麗子)が上京しますが、体調がすぐれず 箱根へ静養に行くことになりました。
ニューフェイスに合格したのは直美だけで 悲しむルリ子を ホテルの部屋に残して、直美は父母を見送る為 小田急電鉄新宿駅へと向かいます。

新宿駅 10番線で発車を待つ 3000形特別急行列車が映り、
387-13.jpg
竹内産業の社長である 竹内(安井昌二)が 稲村夫妻を見送っている所へ 駆け付けました。
387-14.jpg

387-15.jpg
信子は離れた席に移動すると直美に、「昨夜竹内が結婚の申し込みに来た」と話して直美を驚かせます。
387-17.jpg

その足で向かったらしく 直美と竹内が、古風な常盤橋らしき上で 話す場面があります。二人の背後に走るのは、都電17系統(池袋~数寄屋橋)でしょうか。
387-18.jpg

それから 映画界に顔が利くと言う 五十嵐に騙されたルリ子は 転落して行きますが、女癖の悪い竹内の本性を直美に伝え 被害者の島崎マミ子(南寿美子)から話を聞いた直美は 結婚話を解消します。

そして直美も 自分に気の有る志賀から身を引いて、志賀に思いを寄せるルリ子に譲ります。
更に東洋映画の正宗監督が 直美主演で映画製作を望んだので、一度は諦めた映画界に 直美は復帰するのでした。







PS.
  特別急行列車あさかぜ号は 1956年11月に、戦後初の 夜行寝台特別急行列車として(東京~博多)に登場しました。
  2年後 20系ブルートレインに 置き換えられた後の姿が有名ですが、本作では 寄せ集め旧型客車で 僅か二年間編成された姿の 走行シーンが映っています。

  4~6枚目の画像は 日活特有の 特別二等車セットで 撮影されていますが、登場から 1957年9月末まで 二等車はスロ54形が使われていたので 本物に近いと思われます。

  12枚目の画像では 当時の小田急電鉄新宿駅 10番線に停車している デハ3000形SE車が映っています。
  当時の新宿駅は 国鉄の番線から 通し番号だったので、小田急電鉄は 9~12番線・京王帝都電鉄は 13~16番線でした。

  デハ3000形は 小田急電鉄で初めて 一般車への格下げを想定しない 特急専用車で、連接台車方式を採用して 両端車16m弱・中間車12,7mの 8両編成でした。
  また 日本の鉄道車両としては初めて、ディスクブレーキや シールドビーム前照灯を使った 先進的な車両で 1957年7月から運行開始されました。

  作中でルリ子が「10時の新宿発」と言ってますが ホームの時計は 9:12頃なので、9:30発の 4009レ箱根湯本行と 思われます。終点まで運賃が 195円で、特急料金は 130円でした。

  15枚目の画像では 珍しく700角サイズの窓を 開けて話す様子が、アップで映されているので 窓の状況が よく分かります。
  当初は冷房設備が無く 1962年に設置されるまで 暑い時期は、画像の様に 窓を開けて 走行したことでしょう。 







 

PageTop