日本映画の鉄道シーンを語る

日本映画における鉄道が登場する場面(特に昭和20~40年代の鉄道黄金期)を作品毎に解説するブログ

230. 雪国

1965年4月 松竹 製作 公開  カラー作品   監督 大庭秀雄

東宝映画製作から8年後にリメークされた作品で、原作を時系列通りに追って描かれています。美しい雪国の姿を野沢温泉に追い求め、カラー映像で表現した逸品です。

原作は二度目に駒子の元を訪れる鉄道シーンから始まりますが、この作品では24分後からです。並ロ座席に島村(木村功)が乗る列車が
230-1.jpg
長いトンネルを抜けると、そこは晴れ渡った雪国です。
230-2.jpg
独特な形のツララ切を装着した蒸機は C56 形でしょうか。続いて初期形の D51 蒸機が牽引する列車が
230-3.jpg
白煙を引きながら雪原を走り抜けて行きます。雪山が美しい遠景は別列車です。
230-4.jpg

やがて夕刻 8620形らしき蒸機に牽かれた列車が とある駅に停車すると
230-5.jpg
東宝版と同様に葉子(加賀まりこ)が窓を開け、駅長(明石潮)に「弟を宜しくお願いします」と挨拶する場面があります。
230-6.jpg
島村は窓ガラスに写る葉子をチラチラ見ていると、列車は下車する 越後湯村駅(架空駅)に到着します。
230-8.jpg
跨線橋で駒子(岩下志麻)にバッタリ会うと、島村は「君に会いに来たんだ」などと言うのでした。

中盤 越後湯村駅舎が映って、
230-9.jpg
待合室で帰京する島村が見送る駒子と汽車を待っています。「鳥追い祭にはいらっしゃいよ」と再会を望む駒子の元に、葉子が駆け込んで来ました。
危篤の行雄が駒子を呼んでいると告げますが、駒子は行こうとしません。汽車が来ると旅館の番頭が島村の荷物を持って同行し、
230-10.jpg

230-11.jpg
半車二等に乗った島村をホームから見送るのでした。駒子は待合室で寂しく固まったままです。
230-13.jpg

帰宅した島村が新聞を広げると、「裏日本に猛吹雪・ラッセル車」の見出しがあります。続いてC12 形蒸機らしきがラッセル車を押す様子が東宝版と同様に有ります。
230-14.jpg
鳥追い祭の日 馴染客の見送りに駅へ来た駒子は、見送った後も改札口で島村が降りてくるのを待ちますが現れません。壁には(金沢方面行の方は橋を渡って下さい)と掲示されています。

その後 雪の無い時期に島村が来た折り、駒子は一緒に行雄の墓へ行こうと言います。続いて長野工場式集煙装置を付けた D51 172 蒸機を先頭に、D51 重連の列車が力強く 走り抜けて行きます。
230-15.jpg
先頭を走るD51 の機関助手になったと思われる葉子の弟 佐一郎が「姉さ~ん」と叫びながら手を振ると、線路端に走り寄った葉子が手を振り「佐一郎」と叫んで応えています。
230-17.jpg

最後 火事で大火傷を負った葉子に付き添う駒子を置いて、島村は帰京します。その折 また雪晴れの中 行きと逆方向に進む汽車が映り、
230-18.jpg
雪国に別れを告げるトンネルに入るやエンドマークとなります。
230-19.jpg










 PS.

原作に沿って描かれた東宝作品と違って、架空の越後湯村温泉を舞台に製作されています。大庭監督は戦前の雰囲気を求めて、野沢温泉でロケを行ったのでしょう。

架空の温泉地ですから戦前の時代設定に似合う蒸機牽引列車を登場させ、国鉄の協力の元 赤帯・青帯を装着した客車で行った撮影は戦前らしい良い雰囲気が出ています。

島村と駒子の再会や別れの場面で重要な舞台となる越後湯村駅は飯山線の飯山駅では?と推測します。それは2枚目の画像で、飯山線のC56 が冬季に装着していたツララ切に似ている点・野沢温泉から近い点です。
また飯山線はC56形・C12形・8620形の蒸機が走っていました。

それでは雪原を行くD51 牽引列車や佐一郎が乗務するD51 重連は?  172号機が当時 長野区所属なので、信越本線か篠ノ井線でのロケと思われます。

PageTop

229. 残雪

1968年3月 日活 製作 公開  カラー作品   監督 西河克己

雪国の山中で出会った新城高彦(舟木一夫)と今村秋子(松原智恵子)は恋に落ちるが、やがて戦争中に生き別れた兄妹であることが判明し絶望してしまう悲恋 青春映画です。

卒論を出し終わって卒業間近の建築科学生 新城は、都心の建築現場へ実習に出ています。その場面の前に山手線と横須賀線電車に挟まれて、終着東京駅へ向かう 20系ブルートレインの姿があります。
229-11.jpg
恩師 八木先生から信州 鹿島槍国際スキー場のロッジにいる神田(本郷淳)の元に、変更になった設計図を至急届けてほしいと頼まれます。続いて 大糸線の松川橋梁らしきを渡る、キハ58系4連が映ります。
229-2.jpg

そして信濃大町駅に到着した新城が、
229-3.jpg
軒から長い氷柱が垂れ下がる駅舎から出て来ました。ところが道路が雪崩で通行止めとなり、バスは運休との標示が出ています。
229-4.jpg
そこで新城は道を聞いて、歩いて鹿島槍国際ロッジを目指します。その道中の山道で背負子を担いで歩く秋子とすれ違いますが、一目惚れと共に何処かで会ったような気がするとの思いがします。

その後 新城が炭の出荷を手伝ったことから二人は恋仲となります。八木先生から急用で東京へ呼び戻されても、徹夜で仕事を片付けて秋子の元へ駆け付けます。
この時 再び雪晴れの松川橋梁らしきを渡る、キハ52形らしき気動車3連が映ります。最後部はキハユニ 26形のようです。
229-5.jpg
電化区間であるこの橋を日中にDC普通列車が通るのはロケ当時の時刻表によると、信濃大町 7:15発 123D糸魚川行が唯一です。

秋子の母 今村たみ(千石規子)は働いている鹿島槍国際ロッジの宿帳から、秋子の交際相手が実の兄らしい事を知って東京の新城家へ行くのを反対します。
それでも二人の強い説得で、東京行を許してもらいます。続いて窓側に?新城・通路側に秋子が座った車内シーンが有り、秋子は「どうしておかあさんはあんなに反対したのかしら?」と心配顔です。
229-6.jpg
二人が乗ったのは 当時唯一の新宿直通急行だった糸魚川始発の信濃大町 10:47発 1404D 急行第一白馬と思われ、終着 新宿は 16:30なので新城家に夕方着いた本編と合致します。

秋子に会った高彦の父 新城憲一郎(山形勲)は亡くなった前妻に似ているので狼狽え、更に高彦が秋子との結婚を申し出たので興信所で調べさせると出生に疑問点が出ます。
秋子の母 たみは急に引っ越しを願い、陶管工場がある暖かい漁村近くに(愛知県常滑方面か?)転居します。憲一郎は今村たみを探し出し、遂に秋子が空襲で行方不明になった新城露子であると判明するのです。






 PS.

 2枚目の画像は八木先生から今夜にでも出発して図面を至急届けてほしいとの依頼で、信濃大町へ向かう新城が乗った気動車急行を示唆しています。
ロケ当時のダイヤでは新宿 23:00発 1405M 急行穂高 信濃森上行に乗り、5:46 信濃大町で降りたと思われ 165系電車急行です。また松川橋梁は、信濃四谷(現 白馬)~信濃森上に有る橋です。

 しかし本編中 空襲で母親を亡くした時 高彦は4歳なので 1941年生まれと思われ、22歳となった本作の時代設定は 1963年となります。
そこで東京オリンピックが開催される前の時刻表で見ると、新宿 23:00発 2413D 急行第二白馬 糸魚川行に乗って信濃大町へは 5:59の到着です。キハ58系DCが使われていたので納得です。
でもこの列車は松本駅で編成の大半を切り離し、大糸線内は2両運転でした。撮影は大阪 21:25発の 9803D臨時急行くろよん号 信濃森上行を使って行われたと思われます。

 しかし5枚目の画像は徹夜で仕事を仕上げ、朝一番の 7:00新宿発の 401D 急行第一アルプスに乗って 11:50松本着・11:59発 207Mで信濃大町 12:53着と思われる行程の一コマです。
何故監督は電化区間なのにDC普通列車に拘ったのでしょうか。あるいは徹夜仕事ではなく、上野 21:25発 2601ㇾ急行北陸で 5:09糸魚川に着き 5:19発 112Dに乗り継いで 7:14に信濃大町着だったのか?

PageTop

228. 雪国

1957年4月 東宝 製作 公開   監督 豊田四郎

日本画家で東京に妻子ある島村(池部良)が越後湯沢で芸者 駒子(岸恵子)と恋仲になるも、不自由な環境の駒子と煮え切らない島村との腐れ縁を美しい雪国の自然をバックに描いた映画です。

川端康成の原作に沿って映画化されているので書き出しと同じく、冒頭 トンネルを行く列車が抜けると前方に雪景色が広がりタイトルが入ります。
228-0.jpg
上越線 清水トンネルを抜けて原作では信号所だった土樽駅へ向かいます。EF12形らしき電機が牽く列車がゆっくりと駅に到着します。電機の次位に蒸機を連結しているかの様に、暖房車が勢いよく黒煙を吹き上げています。
228-1-2.jpg
駒子の師匠の息子 行雄(中村彰)を湯沢に連れ帰る途上の葉子(八千草薫)は寒いのに窓を開けて、同駅で働く弟のことを宜しくお願いしますと タブレットキャリアを肩から下げた駅長に挨拶します。
228-2.jpg

続いて 雪降る越後湯沢駅2番ホームに、EF57 形電機が牽く下り列車が到着します。
228-3.jpg
和服の島村が凍てつくホームを改札口へ向かう後ろに、病で弱った行雄と彼に肩を貸す葉子の姿があります。
228-4.jpg
この電機のプレートは EF577 と読めるので当時長岡二区所属の SG搭載電機ですが、非搭載機の運用換えなのか次位に暖房車を連結しています。

島村は駒子と恋仲となるも、冬場に暫く滞在すると東京へ帰って行きます。中盤には駒子に思いを寄せる行雄が危篤で呼んでいると葉子が知らせに来ても、帰京する島村が乗った列車に寄り添う場面があります。
駒子が雪道を線路に近付くと、右手から三重連電機牽引の列車が来ました。
228-5.jpg
駒子は小走りで踏切へ近寄り 雪まみれになりながら、「あんたー」と叫びながら通過する客車の窓に島村の姿を捜しますが見つからない様子です。
228-6.jpg

EF13 形電機を先頭に、二台目と三台目は共に EF15 形電機の様です。暖房車を入れても9両編成の客ㇾに電機を豪華に三重連とは、回送の電機を追加したのでしょうか。
228-7.jpg
尚も「あんたー・島村さん・あんたー」と叫び、列車の最後部が通過すると駒子は踏切の線路上へ出ます。そして ままならぬ運命に対する苛立ちを雪玉に込めて、列車に向けて投げつけるのでした。

それから場面が切り替わる時に、ラッセル車キ100 が単線非電化路線を C11 形蒸機らしきに押されて除雪して行くシーンがあります。小出~大白川の只見線辺りで撮って、島村の心情をイメージして加えたのでしょうか。
228-8.jpg

毎年雪の季節になると、島村が来るのではと駅の改札口で待つ駒子がいます。ある日の晩 新潟行を改札口で待っていると雪まみれの列車が 2番線に到着します。
228-9.jpg
その時 葉子の弟 佐一郎(久保明)が後ろから走って来て、「今度 小千谷に転勤になりました」と告げるや構内踏切を渡って列車に飛び乗ります。
228-11.jpg
駒子は手を振って見送りますが、遅れて葉子が来たので止めます。
やがて動き出した列車のデッキに立つ佐一郎に、葉子は精一杯手を振って見送るのでした。
228-14.jpg
列車がいなくなっても改札口に向かう下車客はスキー客だけで、駒子は気落ちして 二人の間に冷たい空気が漂っています。





PS.
 
原作の時代設定は 1935年頃ですが、この映画も戦前の設定のようです。上越線の全線開通は 1931年9月ですが、1941年1月には土樽が信号場から駅になっています。
そして 1967年9月に新清水トンネル開通で、全線複線化が完成しました。つまりこの映画は原作のイメージ通りの様子がほぼ残る時期に、タイトルバックから全編に渡って撮影されているのが何よりです。
原作の頃なら ED16等が活躍したのでしょうが、EF12 や EF15 でも暖房車やスハ32等の旧型客車と相まって雰囲気が出ています。また越後湯沢駅の旧駅舎・構内踏切が原作の味を出していると思われます。

1935年冬のダイヤでは 上野 13:55発 新潟行に乗ると、越後湯沢に 19:15頃到着します。清水トンネルを越える列車は一日に普通9本+急行1本で、長岡行4本・新潟行6本でした。
ロケ当時は 普通9本・急行4本・準急1本ですが、現在は上越新幹線があるので定期列車は普通が5本あるだけです。現在のダイヤで近いのは、上野 14:30発高崎行で乗り継ぎ越後湯沢には 18:21頃着きます。

PageTop